北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「お宝」道立時代の室蘭水族館、絵はがき見つかる【室蘭】

扇さんの父・公治さんの遺品から見つかった道立時代の室蘭水族館などの絵はがき

 「室蘭水族館の誘致に関わっていたので、所有していたのだと思います」。室蘭市白鳥台の扇正幸さん(70)は清水町の実家で、2016年(平成28年)6月に亡くなった父・公治さん(享年93年)の遺品を整理していた時に水族館の古い絵はがきを見つけた。

 旅行が好きで、妻と全国を回っていたといい、絵はがきもたくさん集めていた。「さまざまな書類や絵はがきが出てきました」。その中にあったのが、昭和30年代初期に出回っていたとみられる、道立時代の市立室蘭水族館や「室蘭の観光」「伸び行く室蘭」と題した絵はがき計24枚。全て室蘭観光協会が販売に関わっていた。

 このうち、水族館に関するはがきは8枚。公治さんは元室蘭市職員で、1950年(昭和25年)6月に道立室蘭水族館誘致の厳命を受けて、水産係長を約1年務めたという。

 水族館は53年6月に開館。62年に市に移管された。絵はがきには、当時の室蘭水族館の全景や展示されていたマダイ、ウグイなどの写真が掲載されている。

 正幸さんは同協会に連絡。同協会に絵はがきがなかったため寄贈した。ほかにも議会史や病院史、市史なども出てきたといい、これらは室蘭市民俗資料館に寄贈するという。

 同協会の石田仁専務理事は「非常に貴重な資料を頂いてありがたい。現存していないのでお宝みたいなもの。歴史を伝える役割を果たしていくと思う」と感謝した。

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...