北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「お宝」道立時代の室蘭水族館、絵はがき見つかる【室蘭】

扇さんの父・公治さんの遺品から見つかった道立時代の室蘭水族館などの絵はがき

 「室蘭水族館の誘致に関わっていたので、所有していたのだと思います」。室蘭市白鳥台の扇正幸さん(70)は清水町の実家で、2016年(平成28年)6月に亡くなった父・公治さん(享年93年)の遺品を整理していた時に水族館の古い絵はがきを見つけた。

 旅行が好きで、妻と全国を回っていたといい、絵はがきもたくさん集めていた。「さまざまな書類や絵はがきが出てきました」。その中にあったのが、昭和30年代初期に出回っていたとみられる、道立時代の市立室蘭水族館や「室蘭の観光」「伸び行く室蘭」と題した絵はがき計24枚。全て室蘭観光協会が販売に関わっていた。

 このうち、水族館に関するはがきは8枚。公治さんは元室蘭市職員で、1950年(昭和25年)6月に道立室蘭水族館誘致の厳命を受けて、水産係長を約1年務めたという。

 水族館は53年6月に開館。62年に市に移管された。絵はがきには、当時の室蘭水族館の全景や展示されていたマダイ、ウグイなどの写真が掲載されている。

 正幸さんは同協会に連絡。同協会に絵はがきがなかったため寄贈した。ほかにも議会史や病院史、市史なども出てきたといい、これらは室蘭市民俗資料館に寄贈するという。

 同協会の石田仁専務理事は「非常に貴重な資料を頂いてありがたい。現存していないのでお宝みたいなもの。歴史を伝える役割を果たしていくと思う」と感謝した。

関連記事

名寄新聞

東京海上日動新入社員が森林研修【下川】

 東京海上日動火災保険の新入社員44人(九州・沖縄地区から女性42人、男性2人)が、森林づくりを通して人間力を高めようと、16日から20日までの5日間、町内に滞在。町有林の枝打ちやササ刈りに取り組んだ...

十勝毎日新聞

機体の要 準備万端 IST2号機 28日打ち上げ【大樹】

 インターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は19日、町浜大樹の実験場で、28日打ち上げ予定の観測ロケットMOMO2号機のエンジンと、新開発の姿勢制御装置を同時に燃焼させる実験に...

十勝毎日新聞

こいのぼり 天まで泳げ 歴舟川【大樹】

 国道236号沿いの歴舟川に20日、今年もこいのぼりがお目見えした。空に向かって極彩色がたなびき、28日に予定の民間企業によるロケット打ち上げの観覧客も出迎える。  町と町観光協会が主催し今...

十勝毎日新聞

汗ばむ陽気 帯広21度 公園水飲み場も通水【十勝】

 20日の十勝地方は高気圧の張り出しの中にあり、前日に続いての陽気に。正午までの最高気温は幕別町糠内21.2度、足寄21.1度、音更町駒場と帯広で21.0度など管内9地点で20度以上を記録した...

函館新聞

中谷製作所が新製品「よけとるくん」販売 もや解消に効果

 コンブやウニ漁などで海底を覗くために使用する「箱眼鏡」を製作する中谷製作所(函館市美原4、村川陽一代表)がこのほど、真水と海水の断層によって生じる視界不良を解消する新製品「よけとるくん」を開発...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス