北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「お宝」道立時代の室蘭水族館、絵はがき見つかる【室蘭】

扇さんの父・公治さんの遺品から見つかった道立時代の室蘭水族館などの絵はがき

 「室蘭水族館の誘致に関わっていたので、所有していたのだと思います」。室蘭市白鳥台の扇正幸さん(70)は清水町の実家で、2016年(平成28年)6月に亡くなった父・公治さん(享年93年)の遺品を整理していた時に水族館の古い絵はがきを見つけた。

 旅行が好きで、妻と全国を回っていたといい、絵はがきもたくさん集めていた。「さまざまな書類や絵はがきが出てきました」。その中にあったのが、昭和30年代初期に出回っていたとみられる、道立時代の市立室蘭水族館や「室蘭の観光」「伸び行く室蘭」と題した絵はがき計24枚。全て室蘭観光協会が販売に関わっていた。

 このうち、水族館に関するはがきは8枚。公治さんは元室蘭市職員で、1950年(昭和25年)6月に道立室蘭水族館誘致の厳命を受けて、水産係長を約1年務めたという。

 水族館は53年6月に開館。62年に市に移管された。絵はがきには、当時の室蘭水族館の全景や展示されていたマダイ、ウグイなどの写真が掲載されている。

 正幸さんは同協会に連絡。同協会に絵はがきがなかったため寄贈した。ほかにも議会史や病院史、市史なども出てきたといい、これらは室蘭市民俗資料館に寄贈するという。

 同協会の石田仁専務理事は「非常に貴重な資料を頂いてありがたい。現存していないのでお宝みたいなもの。歴史を伝える役割を果たしていくと思う」と感謝した。

関連記事

日高報知新聞

林家とんでん平と茶摘家ちゃっきり【新ひだか】

【新ひだか】落語家の林家とんでん平さん(札幌在住)や茶摘家ちゃっきりさん(静内木場町・植村雪枝さん)らによる「平成最後の落語会」が21日、町公民館で開かれ、来場者は生の落語やとんでん平さんの歌謡ショ...

日高報知新聞

最多当選は荻野さん12回

 第19回統一地方選後半は市町村長選、市区町村議選が21日に投開票され、日高管内も4町の町議選で計49人が当選し、5人が落選した。新人は4町で9人が立候補し、全員が当選。浦河町(定数16)は新人の2人が3...

苫小牧民報

全国最年少知事が誕生 鈴木氏、道庁へ初登庁

 7日投開票された道知事選で初当選した前夕張市長の鈴木直道氏(38)は23日午前、道庁へ初登庁した。現役では全国最年少知事に就任した鈴木氏は、職員を前に「前例にとらわれず、絶えず広い視野を持ち、...

苫小牧民報

初の週末、1万5000人 安平・道の駅が家族連れで盛況

 安平町の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が開業後初めての週末を迎えた20、21の両日、晴天に恵まれて大勢の家族連れらでにぎわった。運営するあびら観光協会によると2日間で町内外から...

室蘭民報

春の憲法の集い、前川元文科事務次官が講演【室蘭】

 憲法を守る室蘭地域ネット(増岡敏三代表)の「春の憲法の集い」が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。元文部科学事務次官の前川喜平氏が日本国憲法について講演。第13条などを解説し、個人の権利...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス