北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

縄文遺跡群もっと知って 金森赤レンガ倉庫30周年記念イベント【函館】

世界各地の観光地や絶景を写真で楽しめる世界遺産旅する写真展

 金森赤レンガ倉庫(函館市末広町)が現在の複合総合施設に生まれ変わり今年で30年になるのを記念し、金森洋物館などで「北海道・北東北の縄文遺跡群」を紹介する展示会や、世界遺産登録された観光名所や絶景を撮影した写真展が開かれている。5月6日まで。

 30周年を記念し、20日から開かれる世界遺産チャリティーアートエキシビジョン「レゴブロックで作った世界遺産展パート3」に先立って開催した。

 金森洋物館で開催中の北海道・北東北の縄文遺跡群を紹介するブースでは、南茅部地域の著保内野(ちょぼないの)遺跡から出土した国宝・中空土偶のレプリカが登場。また、垣ノ島遺跡から出土したものを中心とした土器5点、石器40点、土偶5点などが展示されている。

 会場ではこのほか、三内丸山遺跡(青森県)といった東北にある遺跡群などもパネルで紹介され、訪れた人が出土品や様式の違いなどを見比べて楽しんでいた。展示に携わる函館市教委生涯学習部文化財課の福田裕二学芸員は「函館市民のみならず、国内や海外からの観光客にも、『北海道・北東北の縄文遺跡群』を知ってもらえる良い機会。世界遺産登録を目指し、機運を高めていきたい」と話している。

 同館とBAYはこだてで開催中の「世界遺産旅する写真展」では、金閣寺や厳島神社など国内を代表する観光地のほか、サグラダファミリア(スペイン)やアンコールワット(カンボジア)、パルテノン神殿(ギリシャ)など、世界の観光地や絶景を収めた写真約50点が展示されている。足を止め写真に見入る観光客の姿が見られ、世界旅行に行ったような気分を味わっていた。

 各会場とも時間は午前9時半から午後7時まで。入場無料。

関連記事

苫小牧民報

「民族の歴史伝えたい」 舞台「アイヌ旺征露」英公演

 仙台市を拠点に、英劇作家のシェークスピア作品を東北弁で上演する劇団「シェイクスピア・カンパニー」が8月、ロンドンの老舗舞台、タラ劇場で「アイヌ旺征露(オセロ)」を上演する。この公演でただ一人、...

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...