北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

アイヌ文化拠点施設ウレシパチセ、門出祝う【白糠町】

 アイヌ文化拠点施設「ウレシパチセ」(白糠町東3北1)の落成式・祝賀会が15日、同チセで行われた。棚野孝夫町長、富田忠行町議会議長、天内重樹白糠アイヌ協会長ら地元関係者と、来賓合わせて約120人が来場。厳粛な儀式とにぎやかな祝宴を開いて、新たな門出を祝った。

 ウレシパチセは、アイヌ伝統文化の体験教室の開講をはじめ、文化・国際交流、情報発信の役割を担う複合施設。木造平屋建て約389平方㍍の内部には、伝承儀式を執り行う伝承室のほか、文様刺しゅうやムックリ演奏などを学べる研修室、衣装や祭事の道具などを展示するコーナーも設置している。旧施設は1992年、和天別に構えたが、老朽化を受けて、アイヌ弔魂碑のある東山公園の麓の旧老人福祉センター跡地に移転新築した。事業費は約1億8294万円。

 この日は、春の雪に見舞われたが、棚野町長は式辞で、白い世界を吉兆と捉えて歓迎し「まちの礎は先住者であるアイヌの方々によって築かれた。今一度、再認識し、町民と共に、さらなる発展に努めていく」と述べた。来賓で出席した伊東良孝、鈴木貴子両衆院議員、小松茂道議、北海道アイヌ協会の加藤忠理事長はそれぞれ、新施設が地域に根差し、世界とのつながりを持ち続け、アイヌ文化を広げていくことを期待した。

 式典では、施工業者への感謝状の贈呈、白糠アイヌ文化保存会が古式舞踊を奉納するなどした。参加者らは、代々受け継がれてきたアイヌ民族の文化に親しんだ。

関連記事

十勝毎日新聞

ひな鳥 いつも一緒 緑ケ丘公園にマガモ親子【帯広】

 帯広市内の緑ケ丘公園内の「十勝池」でマガモが子育てに励んでいる。6月末から人目に付く場所に姿を見せ、親鳥とひな鳥10羽の愛らしい様子が来園者を和ませている。  マガモは十勝で一年中見ること...

十勝毎日新聞

体験型アート「魔法の美術館」盛況 帯広美術館【帯広】

 道立帯広美術館で開催されている体験型の展覧会「魔法の美術館」の来場者数が伸びている。6月30日の開幕から14日までで4880人に上り、週末は1日に700~800人が訪れる盛況ぶり。デジタル技...

十勝毎日新聞

信金結婚相談所1年 会員300人突破、「寿退会」5組【帯広】

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)が運営する結婚相談所「おびしんキューピット」(西2南7、山崎真一所長)が、昨年6月の開設から1年が経過した。会員数は300人を突破する勢い。山崎所長は「予想より...

函館新聞

函館空港に「清正公」見参 江差・姥神祭をPR【函館】

   8月9~11日に江差町で開かれる道内最古の祭り「江差姥神大神宮渡御祭」を前に、町内を巡行する13台の山車(やま)の一つ「清正山」の人形が14日、函館空港国内線旅客ターミナルビル1階に登場した...

函館新聞

奇才ダリの世界へご案内 函館美術館で特別展開幕【函館】

 道立函館美術館の特別展「奇才・ダリ版画展 炸裂するシュルレアリスムの世界」が14日、同館で開幕した。イタリアの詩人、ダンテの叙事詩「神曲」の挿絵として描かれた100点を含む、版画215点、彫...