北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

大川原病院が料理研究家招き市民公開講座【室蘭】

実際にご飯を炊いて、みそ汁を作りながら日本食の大切さを伝える星澤さん

 大川原脳神経外科病院(室蘭市寿町、前田高宏院長)などを運営する医療法人社団医修会(大川原淳理事長)主催の市民公開講座が14日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれた。料理研究家の星澤幸子さんが講演し「地元のものを食べれば健康になれる」と、道産食材や日本食の大切さを説いた。

 星澤さんは、北海道は冷涼な気候により「しっかりした作物が育ちエネルギーが違う」と強調。北海道命名150年を迎え「これだけ短期間で発達した土地は珍しい。次の世代をつくる女性が食を大事にして、毎日食べることに手を抜かないこと」と呼び掛けた。

 また、日本食の一汁一菜の大切さを訴え、食の欧米化や輸入食材に警鐘を鳴らしながら「この地に生きる人、これからを生きる子孫が本当の意味で幸せになるにはどんな生活スタイル、食生活が良いかもう一度考えるべき」とし「自分が良かったなと思える人生であってほしい。自分自身で考え行動し、強い心と信念で実践してほしい」と伝えた。

 星澤さんの親しみやすい語り口は聴衆を和ませ、会場は笑いに包まれた。講演中に乾燥ごぼうやひじきを入れたご飯を炊き上げ、糸寒天や鮭節などを使い、お湯を注ぐだけのおいしいみそ汁の作り方も伝え、日ごろ実践できる食づくりを紹介した。

 講座は同病院の病院棟移転新築事業の一環で、旧病院外来棟を改修した在宅介護総合ビルディング・在宅センターことぶきの完成を記念し企画。市民ら350人が参加した。

関連記事

十勝毎日新聞

ひな鳥 いつも一緒 緑ケ丘公園にマガモ親子【帯広】

 帯広市内の緑ケ丘公園内の「十勝池」でマガモが子育てに励んでいる。6月末から人目に付く場所に姿を見せ、親鳥とひな鳥10羽の愛らしい様子が来園者を和ませている。  マガモは十勝で一年中見ること...

十勝毎日新聞

体験型アート「魔法の美術館」盛況 帯広美術館【帯広】

 道立帯広美術館で開催されている体験型の展覧会「魔法の美術館」の来場者数が伸びている。6月30日の開幕から14日までで4880人に上り、週末は1日に700~800人が訪れる盛況ぶり。デジタル技...

十勝毎日新聞

信金結婚相談所1年 会員300人突破、「寿退会」5組【帯広】

 帯広信用金庫(高橋常夫理事長)が運営する結婚相談所「おびしんキューピット」(西2南7、山崎真一所長)が、昨年6月の開設から1年が経過した。会員数は300人を突破する勢い。山崎所長は「予想より...

函館新聞

函館空港に「清正公」見参 江差・姥神祭をPR【函館】

   8月9~11日に江差町で開かれる道内最古の祭り「江差姥神大神宮渡御祭」を前に、町内を巡行する13台の山車(やま)の一つ「清正山」の人形が14日、函館空港国内線旅客ターミナルビル1階に登場した...

函館新聞

奇才ダリの世界へご案内 函館美術館で特別展開幕【函館】

 道立函館美術館の特別展「奇才・ダリ版画展 炸裂するシュルレアリスムの世界」が14日、同館で開幕した。イタリアの詩人、ダンテの叙事詩「神曲」の挿絵として描かれた100点を含む、版画215点、彫...