北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

大川原病院が料理研究家招き市民公開講座【室蘭】

実際にご飯を炊いて、みそ汁を作りながら日本食の大切さを伝える星澤さん

 大川原脳神経外科病院(室蘭市寿町、前田高宏院長)などを運営する医療法人社団医修会(大川原淳理事長)主催の市民公開講座が14日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれた。料理研究家の星澤幸子さんが講演し「地元のものを食べれば健康になれる」と、道産食材や日本食の大切さを説いた。

 星澤さんは、北海道は冷涼な気候により「しっかりした作物が育ちエネルギーが違う」と強調。北海道命名150年を迎え「これだけ短期間で発達した土地は珍しい。次の世代をつくる女性が食を大事にして、毎日食べることに手を抜かないこと」と呼び掛けた。

 また、日本食の一汁一菜の大切さを訴え、食の欧米化や輸入食材に警鐘を鳴らしながら「この地に生きる人、これからを生きる子孫が本当の意味で幸せになるにはどんな生活スタイル、食生活が良いかもう一度考えるべき」とし「自分が良かったなと思える人生であってほしい。自分自身で考え行動し、強い心と信念で実践してほしい」と伝えた。

 星澤さんの親しみやすい語り口は聴衆を和ませ、会場は笑いに包まれた。講演中に乾燥ごぼうやひじきを入れたご飯を炊き上げ、糸寒天や鮭節などを使い、お湯を注ぐだけのおいしいみそ汁の作り方も伝え、日ごろ実践できる食づくりを紹介した。

 講座は同病院の病院棟移転新築事業の一環で、旧病院外来棟を改修した在宅介護総合ビルディング・在宅センターことぶきの完成を記念し企画。市民ら350人が参加した。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...