北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

演劇「鐵の人オーディション」で市民ら熱意披露【室蘭】

NIWAさん(右)の演出で演技する参加者ら

 「鉄のまち室蘭」の礎を築いた実業家、井上角五郎(1860~1938)の生涯を題材にした演劇公演(6月)の準備を進める、俳優NIWA(本名・庭山智行)さんらが15日、市民キャストのオーディションを室蘭市輪西町の市民会館で開いた。参加者が演劇出演への熱意を披露した。

 井上は広島県出身。福沢諭吉の書生となり慶応義塾で学び、後に衆院議員となった人物。道産石炭や噴火湾の砂鉄を原料にする製鉄事業に進出するなど、「室蘭製鉄業の祖」として知られる。

 室蘭VOXは室蘭出身のNIWAさんらが室蘭での演劇公演を支援する団体として2013年(平成25年)4月発足。昨年、井上にスポットを当てた公演を実施。6月の演劇「鐵の人」はその続編に位置付け「工都・室蘭」を形成した歴史群像を描く。

 地元や東京の学生や主婦、会社員ら17人がキャストに応募。この日、地元スタッフ6人を前に、参加者がワークショップ(WS)形式で台本を使った冒頭シーンなどを演じた。NIWAさんは「参加者が持ち味を発揮していた。舞台を楽しくするインスピレーションが沸いた」と話した。

 オーディションに初めて参加した藤村春加さんは「緊張しましたが楽しめました」と笑顔を見せ、室蘭BOXのWSに参加経験がある山﨑珠江さんは「ゲームもあり参加者の気持ちが一つになりました」とにこやかに語った。

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...