北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

6年かけ「十勝パン」 地場小麦100%の新商品【十勝】

「食べる会」のサポーターとともに、完成した「十勝パン」をアピールする中島会長(左から2人目)と杉山雅則満寿屋商店社長(同3人目)

 十勝のパン職人らで構成する「十勝パンを創る会」(中島将好会長、8店)が6年がかりで開発してきた、十勝産小麦100%使用のオリジナル品「十勝パン」が完成した。イタリアの長時間発酵パン「チャバタ」がベースで、小麦「キタノカオリ」を使い水分量を通常より増やし、小麦独特のうま味とみずみずしさが特徴という。まずは会員4店で今月下旬から順次販売を開始する。

 完成した十勝パンは、6年前の第1弾で完成させた「チャバタ」の改良版。キタノカオリに対し水115%と、水分量を高めた。同会の天方慎治事務局長は「水量は食パンで60~70%、チャバタでも100%。通常より生地がかなり緩く、成形が難しいため、製法にもポイントがある。全国でもほとんど作られていない商品」と話す。

 16日に市内のホテルヌプカで完成会見を開き、中島会長(旭屋商店、芽室)は「試行錯誤して行き着いた自信作。食事パンとしてさまざまなアレンジも可能。他地域では食べられない、十勝を代表するパンに育てたい」と抱負を語った。

 商品名は近く決定する。4店は旭屋商店(芽室)、満寿屋商店(帯広)、林製パン(同)、ちいさな街のパンやさん(浦幌)で、価格は各店で設定。今後も販売店舗を増やし、普及を進める考え。

 同会は、十勝産小麦や農産物の価値を高めるため、その特性を生かした商品開発をしようと2012年に設立。東京のパン職人志賀勝栄氏の指導を受け、統一基準を設けた「十勝パン」作りを進めており、長イモやホエーを使った試作品を出してきた。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス