北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「責任の重さを感じる」

【新ひだか】15日投開票で行われた町長選挙の当選証書付与式が16日、役場静内庁舎で開かれ、大野克之氏(59)=無所属=に町選挙管理委員会の佐藤雅裕委員長から当選証書が手渡された。任期は23日から平成34年4月22日まで。

  ◇  ◇  ◇

 現職を破って初当選を果たした大野氏は「昨日、皆さんから祝っていただいて当選を実感し、よく眠ることができた」と安堵した様子。酒井氏に約4千票差をつけての当選については「街頭演説の話を皆さんに理解していただいたからだと思っているし、応援してもらっているという責任の重さを感じている」とし、「今まで酒井さんが住民とどういう接し方をしてきたのか、どういう町政の執行をしてきたのかを検証した上で、自分なりに足りないことを補うことが必要」と話した。

 町財政の健全化については「町財政がどういう状態なのかを町民の皆さんに簡単に丁寧に説明する必要がある。そこを理解していただけなければ町政を執行していく上で進めづらいと思う。その上で事務事業の見直しについても手をつけていきたい」と抱負。

 ふるさとに対する思いについては「いろんなところを歩いたり、見たり、いろんな方からの話を聞くにつれ、本当に大変だなと感じ、何とかしてあげたいという気持ちがすごく強くなった。自分ひとりでは何とかできる問題ではないが、ますます前向きな気持ちで取り組んでいきたい」と決意を新たにした。

 JR日高線については「住民が生活する上でどういう不便があって、それをどうやって解消していくのかが重要だと思っている。それは各町によって温度差があると思うが、集約してまとめる責任は7町長にある」と今後も管内各町長と協議しながら進めていく考えを示した。

 酒井芳秀町長と職務の引き継ぎを行い、初登庁は23日を予定している。

佐藤委員長から当選証書を受け取る大野氏

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...