北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ラワンブキでお茶 「雨やどり」28日登場【足寄】

発売されるラワンブキ茶の「雨やどり」

 足寄町特産ラワンブキを使ったブランド茶「雨やどり」が28日に登場する。さっぱりとした味わいと新緑の香り、ハーブティーの位置づけで商品化された。足寄の道の駅関連施設のチャレンジショップ「ふきのしたのキッチン」で取り扱う。

 考案したのは同ショップの堀江誠代表。「足寄の新たな土産品とフキの活用」を視点に据えた。原料となるフキの葉は、町内の主婦や酪農女性でつくる農畜産物加工開発研究会から仕入れ、2日間ほど室内乾燥させてミキサーにかけ、焙煎(ばいせん)する。

 1袋3グラムのティーバッグで500ミリリットルのお茶が味わえ、煮出し時間によって濃淡や香りの違いが出る。冷やしても、はちみつを加えてハーブティーとしても楽しめるのが特徴だ。土をイメージしたブラウン地のパッケージにもこだわった。商品名は「フキの下でお茶を飲んで休んでほしい」と「雨やどり」に。

 10袋入り800円。堀江さんは「チャレンジショップへの出店など町の支援に感謝し、その意味でもこのお茶が足寄のPRになれば」と話す。6月末には町の協力を得て、札幌のイベントにフキ茶の出品を予定している。同ショップ(電話0156・25・5292)の営業は午前10時半から午後4時まで。

関連記事

十勝毎日新聞

おあずけプリンに新味 コーヒーとほうじ茶【陸別】

 陸別町振興公社(陸別町大通、道の駅内)は20日、陸別ブランドとして定着している冷凍プリン「りくべつミルクのおあずけプリン」の新味として、コーヒーとほうじ茶の2種類を発売する。  コーヒー味は...

室蘭民報

壮瞥のリンゴを使用したワイン来年2月販売へ【壮瞥】

 壮瞥町内の農商工業者、観光関係者らでつくる「そうべつシードル造り実行委」(川南和彦委員長)は、町内産のリンゴを使ったワインを来年2月に販売する。シードル(リンゴ酒)に続く企画で特産のリンゴの...

室蘭民報

カネサン佐藤水産でイクラ醤油漬けの製造本格化【室蘭】

 水産加工のカネサン佐藤水産(室蘭市東町、佐藤有一代表取締役)は、旬の道産イクラを使った醤油(しょうゆ)漬け「いくら醤油味 有機」の製造を本格化させている。宝石のように輝くイクラが鮮やか。 ...

十勝毎日新聞

帯南商メニュー4席 高校生グルメコン【音更】

 高校生が地元食材などでオリジナルレシピの開発を競う「第6回高校生チャレンジグルメコンテスト」が7日、町内のふれあい交流館で開かれ、十勝勢で唯一出場した帯広南商業高クッキング部の「秋のコロチャパ...

室蘭民報

母恋めし本舗の道産蜂蜜ブルーベリーが人気【室蘭】

 室蘭市絵鞆町の母恋めし本舗(関根勝治代表)が、ブルーベリーの蜂蜜漬け「ブルーベリー畑のハニーちゃん」を発売した。壮瞥や稀府など胆振産のブルーベリーを道産蜂蜜に漬けたもので、ヨーグルトやソーダ...