北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ラワンブキでお茶 「雨やどり」28日登場【足寄】

発売されるラワンブキ茶の「雨やどり」

 足寄町特産ラワンブキを使ったブランド茶「雨やどり」が28日に登場する。さっぱりとした味わいと新緑の香り、ハーブティーの位置づけで商品化された。足寄の道の駅関連施設のチャレンジショップ「ふきのしたのキッチン」で取り扱う。

 考案したのは同ショップの堀江誠代表。「足寄の新たな土産品とフキの活用」を視点に据えた。原料となるフキの葉は、町内の主婦や酪農女性でつくる農畜産物加工開発研究会から仕入れ、2日間ほど室内乾燥させてミキサーにかけ、焙煎(ばいせん)する。

 1袋3グラムのティーバッグで500ミリリットルのお茶が味わえ、煮出し時間によって濃淡や香りの違いが出る。冷やしても、はちみつを加えてハーブティーとしても楽しめるのが特徴だ。土をイメージしたブラウン地のパッケージにもこだわった。商品名は「フキの下でお茶を飲んで休んでほしい」と「雨やどり」に。

 10袋入り800円。堀江さんは「チャレンジショップへの出店など町の支援に感謝し、その意味でもこのお茶が足寄のPRになれば」と話す。6月末には町の協力を得て、札幌のイベントにフキ茶の出品を予定している。同ショップ(電話0156・25・5292)の営業は午前10時半から午後4時まで。

関連記事

十勝毎日新聞

枝豆大福にプレミア版 地元産にこだわり【中札内】

 道の駅なかさつないのカントリーショップ「てんとうむし」(村大通南7、小林利光代表)に新商品が登場した。「プレミア枝豆大福」と「ハスカップ入り豚丼のたれ」で、どちらも地元産にこだわった商品だ。 ...

十勝毎日新聞

鹿カツバーガーおいしいね 町民試食【陸別】

 陸別町給食センター主催の町民試食会が9日、町タウンホールで開かれた。ジビエ料理の全国コンテストで最高賞を受賞した同センターの「鹿カツドッグ」が「鹿カツバーガー」にアレンジされ、町民約120人...

十勝毎日新聞

甘みほのか「あずきサイダー」新発売 JA十勝清水町【清水】

 JA十勝清水町(串田雅樹組合長)は、独自の野菜ブランド「とれたんと」の小豆を使った「北海道十勝あずきサイダー」を開発した。今月から管内で販売している。  「とれたんと」は有機肥料「しみず有機...

十勝毎日新聞

豚丼スティックで参戦 ご当地!絶品うまいもん甲子園【帯広】

 帯広南商業高校クッキング部の部員3人が、「第7回ご当地!絶品うまいもん甲子園」(農林水産省、全国食の甲子園協会主催)の北海道・東北エリア選抜大会(10日・仙台市)に出場する。考案したメニュー...

室蘭民報

ビーフインパクト室蘭店が開店し長蛇の列【登別】

 人気ステーキチェーン「炭焼ステーキBEEF IMPACT室蘭店」が8日、登別市鷲別町6の国道36号沿いにオープンした。「厚切りステーキを気取らずリーズナブルにガッツリ」をコンセプトにした業態...