北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

千歳市人口9万7000人達成 次の目標10万人へ弾み

記念セレモニーでくす玉を割った山口市長(右)と古川議長=19日午前10時30分ごろ、千歳市役所

 千歳市の住民基本台帳に基づく人口が18日の集計で過去最多の9万7012人となり、計画よりも2年早く目標の9万7000人を達成した。全国的な人口減少が進む中で、市勢は順調に拡大している。19日午前、市役所1階の市民課窓口前で記念セレモニーを行って節目を祝い、山口幸太郎市長が今年1月に表明した次の人口目標10万人へ向けて弾みをつけた。

 自治体の活力の源となる人口。市は2011年度に策定した第6期総合計画(6総計、11~20年度)で20年度の目標を9万5000人に定めていたが、13年度に早くも到達。15年3月、6総計の中間見直しの中で目標を9万7000人に上方修正した。同時に個別計画として「千歳市移住・定住促進プロジェクト」(15~20年度)を策定し、婚姻や出生率、転入の増加などを目指し、出産や子育て支援、企業誘致などの施策を矢継ぎ早に展開してきた。

 さらに16年3月には国の「地方創生」の取り組みと連動し、同プロジェクトを発展させた「千歳市人口ビジョン・総合戦略~みんなで9万7000人プロジェクト~」(15~20年度)を策定。各種施策の推進を図った。

 実際、市の人口は新千歳空港の活況や立地企業の増勢が追い風となり右肩上がり。転入が転出を上回る社会増が顕著で推計以上に伸びた。市が当該年度の人口実績値として用いる10月1日の人口は、15年度9万5765人。16年度9万6301人に続き、17年度は計画値を291人上回る9万6711人だった。

 年間の推移を見ると、転出者増を受けて4月に大きく減少し、転入者増により5月に盛り返した後、増減を繰り返す傾向がある。今年4月1日現在の人口は前月比607人減の9万6119人。しかし18日までに893人の増加が見られたことで、これまで過去最多だった9万6858人(昨年11月17日)を更新して、9万7000人の目標に達した。

 市によると6総計初年度の5月の人口は9万3991人。後の7年間で約3000人増えたことになる。

 記念セレモニーには、特別職、部長職をはじめとする市職員ら約100人が臨んだ。山口市長と古川昌俊市議会議長がくす玉を割った。山口市長はあいさつで「市民の皆さまと念願していた9万7000人は、毎日の元気な市民生活のおかげで達成できた。この勢いを皆さんと一緒に持続させて10万人を目指したい」と語った。

 ◇市の住民基本台帳に基づく10月1日付人口の推移 2011年 9万4250人   12年 9万4831人   13年 9万5387人   14年 9万5426人   15年 9万5765人   16年 9万6301人   17年 9万6711人

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...