北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

扇さんが道立水族館時代の絵はがき寄贈へ【室蘭】

当時の本館正面と観覧室の内部

 室蘭市白鳥台の扇正幸さん(70)の実家(室蘭市清水町)から、道立時代の市立室蘭水族館や、室蘭の観光地などを描いた絵はがき24枚が見つかった。父・公治さん(享年93歳)の遺品を整理していたところ、書類などとともに出てきた。指定管理者の室蘭観光協会は「所有していない貴重な資料だ」と喜んでいる。

 元室蘭市の職員だった公治さん。70歳を過ぎて、頭の体操の一環として退職までの半生をまとめていたという。遺品となった書類には「1950年(昭和25年)6月に道立の水族館を誘致」という厳命を受け、水産係長を約1年間務めていたことが記載されていた。

 「観光が好きで妻とともに全国を回っていた。絵はがきもたくさんあった。水族館の誘致に関わっていたので、保管していたのではないか」と正幸さんは推測する。

 絵はがきは昭和30年代のものとみられ、水族館の全景や展示していたマダイ、ニシン、ホッケ、メバルなどが描いてある。観覧室内部は現在とあまり変わっていないことが分かる。

 ほかの絵はがきを見ると、周囲には住宅が少なく、緑地が多かった絵鞆半島や地球岬、大町商店会などが取り上げられている。

 絵の制作は全て同協会が関わっていた。正幸さんはすぐに電話を入れると「所有していない」という同協会の返答だっため寄贈を決めた。

 絵はがきを見た現在の市立室蘭水族館スタッフは驚いた様子。東忠明館長は「この水族館は絶対なくしてはいけない。歴史の重みを感じます」とじっと絵はがきを見ていた。

昭和30年代の水族館の全望

関連記事

十勝毎日新聞

あふれる菜の花 黒田農場【音更】

 菜の花畑が満開となった音更町の黒田農場(下士幌48、黒田浩光さん経営)で18、19日、観賞イベントが開かれ、来場者はトレーラーの観覧車から、黄色いじゅうたんを敷き詰めたような景観を楽しんだ。 ...

十勝毎日新聞

「J」へ開幕戦勝利 スカイアース【幕別】

 社会人サッカーの第42回道リーグ(北海道サッカー協会など主催)が19日、幕別運動公園陸上競技場などで開幕した。Jリーグ参入を目指す北海道十勝スカイアース(高勝竜監督)が日本製鉄室蘭に1-0で...

十勝毎日新聞

ブラジルのダンスに笑顔 幼児、異文化触れる【帯広】

 外国の文化に触れる未就学児向けイベント「キッズ・プレイグラウンド」が18日、帯広市内の森の交流館・十勝で開かれた。親子ら約20人が参加し、ブラジルのダンスなどを楽しんだ。  帯広畜産大学の...

函館新聞

土方熱演、迫真の殺陣 箱館五稜郭祭開幕【函館】

 戊辰戦争終結150周年・第50回記念箱館五稜郭祭が18日、開幕した。五稜郭タワーアトリウムでは、初日のメインイベント「第32回土方歳三コンテスト全国大会」が開かれ、ゲスト審査員として俳優...

函館新聞

交流拠点と船お披露目 「岩部クルーズ」6月から運航【福島】

 【福島】岩部地区交流センター(岩部65)のオープンセレモニーが18日、同所で開かれ、鳴海清春町長や来賓ら34人が6月から始まる「岩部クルーズ」の交流拠点の機能を持つ同センターのオープンを...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス