北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

交流の拡大や物流強化など目指す 苫小牧市と八戸市、都市間連携で合意

懇談を終え、握手を交わす八戸市の小林市長(右)と岩倉市長

 苫小牧市の岩倉博文市長と青森県八戸市の小林眞市長が27日、苫小牧市役所で懇談し、両市のフェリー航路のつながりを生かした都市間連携で基本合意した。両市は今後、交流人口の拡大や物流強化などを視野に具体的な取り組みについて協議していく。

 都市間連携は八戸市側からの提案。小林市長ら一行は、苫小牧―八戸間で25日に就航したばかりの新造船フェリーを利用して来苫した。

 懇談で岩倉、小林両市長は、共に港を抱える工業都市であり、アイスホッケーが人気という共通点の多さを踏まえ、スポーツや観光、物流面で連携していくことで合意した。

 懇談後、岩倉市長は長く続いている両市の良好な関係に触れた上で「苫小牧、八戸の繁栄のため、改めて連携することで基本的に合意させてもらった」と説明。小林市長も「連携について岩倉市長から快い回答を頂けた。観光面での交流も考えられるが、内容は今後調整したい」と意欲を見せた。

 また、八戸市は国際航路開設を目指す中で苫小牧港との連携も重要視しており、「(物流面でも)苫小牧市の支援をお願いし、理解を頂いた」と述べた。

 両市は協定の締結も見据えて事務レベル協議を重ね、具体的な連携内容を詰めていく。

関連記事

十勝毎日新聞

冬遊び 親子歓声 エコパで冬まつり【音更】

 道立十勝エコロジーパーク(町十勝川温泉南18)で20日、「エコパ冬まつり」(ウインターフェスinエコパ実行委員会主催)が開かれた。町内外から大勢の家族連れらが訪れ、冬ならではのアトラクション...

十勝毎日新聞

モール温泉号 利用3倍 地震の影響ばん回【音更】

 音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が運行する無料送迎バス「モール温泉号」の今年度の利用者総数が、昨年度実績(340人、683泊)の3倍以上となる1030人、2055泊に上った。町と同協会が実...

十勝毎日新聞

沖縄から「春の便り」 空港に「琉球寒緋桜」【帯広】

 とかち帯広空港に一足早い春が訪れた-。日本航空(JAL)1階チェックインカウンター前に、日本で最も開花が早い沖縄県本部町(もとぶちょう)の桜の花が飾られ、利用客の目を引いている。  JAL...

函館新聞

函館空港に沖縄からのサクラがお目見え 2、3日中が見頃【函館】

 沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」が、今年も函館空港内の日本航空(JAL)搭乗手続きカウンターにお目見えした。雪に染まる函館に春を匂わせる便りが...

函館新聞

オスカ商会の梶原弘美さん ギフトラッピング講師の資格取得【函館】

 ギフト専門店「オスカ商会」(函館市万代町)の専務取締役、梶原弘美さん(47)が、全日本ギフト用品協会(本部・東京)が認定する「ギフト・ラッピング認定講師」の資格を取得した。ギフト・ラッピ...