北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

打ち上げは3日以降に ISTロケット【大樹】

記者会見する(左から)稲川社長と堀江氏

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを、28、29日に続き、30日も見送った。稲川社長と創業者で取締役の堀江貴文氏が30日午前6時、町経済センターで記者会見を開き、5月3~5日の間で打ち上げを目指すとした。機体の不具合の改修と試験を進め、5月1日ごろまでに、同期間の打ち上げの可否を判断する。状況によっては、6月以降の実施を検討する。

 1号機(昨年7月打ち上げ)の再挑戦として高度100キロの宇宙空間を目指す2号機の打ち上げは、28日は機体のチェックに時間を要し、29日は各種バルブを動かす窒素ガスの漏れが確認されて中止された。

 ISTは29日午後の記者会見でいったん、部品を交換し、30日午前5時~同8時の打ち上げを目指すと発表。ただ、変更部分を含めた全体の動作試験が残り、結局、30日も延期した。

 他にもガス漏れの原因が残されている可能性があり、試験や根本的な究明を行い、見通しが立てば、5月3~5日の間に打ち上げを試みる。

 今回確保している打ち上げ期間は5日までで、万全の状態にならなければ関係機関との協議を経た上で、夏ごろまでの延期を検討する。

 稲川社長は「設計ミスがあり、想定外の動作で見つけることが難しかった。多くの方に(観覧に)お越しいただき、本当に感謝している。打ち上げを見ていただけなかったのは申し訳なかった」と述べた。

 堀江氏は「深刻なトラブルではなく、延期は(無理せず)安全側に寄った判断。短い期間で解決でき、より打ち上げの確実性は高まる」と話した。

 5月3~5日に打ち上げる場合、有料観覧席「スカイヒルズ」(町晩成)は一般に開放しない。28、29の両日に行われた生中継を映像で観覧するパブリックビューイングも実施されないが、町は町多目的航空公園を観覧者に開放する考え。

窒素ガス漏れの不具合を検証するIST社員

関連記事

室蘭民報

「紋鼈寺」で隣接の会館焼く、けが人なし【伊達】

 13日午後1時ごろ、伊達市末永町の紋鼈寺(奥田正教住職)に隣接する鉄骨造り2階建て、延べ約960平方メートルの同寺会館2階から出火した。火は1時間45分ほどで鎮火した。けが人や延焼はなかった...

室蘭民報

空手・修武會の4人が全道で大活躍【室蘭】

 室蘭空手道連盟・修武會(樋口昭仁代表)の4 選手が、北海道空手道選手権大会極カップ第20回記念大会で上位入賞した。  初出場の石川天晟(室蘭工業大建築社会基盤系学科1年)は一般初・中級でい...

室蘭民報

楽天社員がネットショップで成功する戦略紹介【室蘭】

 日本政策金融公庫創立10周年記念セミナーwith室蘭商工会議所「ネットショップを成功に導く3つのポイント」が13日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で開かれ、楽天(東京)の奥村宏也ヴァイスマネージャ...

室蘭民報

緑丘高1年生が会社経営の卒業生らに取材【伊達】

 伊達緑丘高校(桑井美彦校長)の1年生約140人が、インタビューの手法を用いて、まちの価値や魅力を形作っている人々の存在に迫るワークショップに臨んだ。社会の第一線で活躍する卒業生らに取材し、印...

室蘭民報

幌別川にハクチョウ飛来、水面をすいすい【登別】

 登別・胆振幌別川に今年も越冬でシベリアからハクチョウが飛来している。例年と同じ10月下旬から訪れており、市民らに本格的な冬の訪れを告げている。同河川では、オオハクチョウとコハクチョウが十数羽...