北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

打ち上げは3日以降に ISTロケット【大樹】

記者会見する(左から)稲川社長と堀江氏

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを、28、29日に続き、30日も見送った。稲川社長と創業者で取締役の堀江貴文氏が30日午前6時、町経済センターで記者会見を開き、5月3~5日の間で打ち上げを目指すとした。機体の不具合の改修と試験を進め、5月1日ごろまでに、同期間の打ち上げの可否を判断する。状況によっては、6月以降の実施を検討する。

 1号機(昨年7月打ち上げ)の再挑戦として高度100キロの宇宙空間を目指す2号機の打ち上げは、28日は機体のチェックに時間を要し、29日は各種バルブを動かす窒素ガスの漏れが確認されて中止された。

 ISTは29日午後の記者会見でいったん、部品を交換し、30日午前5時~同8時の打ち上げを目指すと発表。ただ、変更部分を含めた全体の動作試験が残り、結局、30日も延期した。

 他にもガス漏れの原因が残されている可能性があり、試験や根本的な究明を行い、見通しが立てば、5月3~5日の間に打ち上げを試みる。

 今回確保している打ち上げ期間は5日までで、万全の状態にならなければ関係機関との協議を経た上で、夏ごろまでの延期を検討する。

 稲川社長は「設計ミスがあり、想定外の動作で見つけることが難しかった。多くの方に(観覧に)お越しいただき、本当に感謝している。打ち上げを見ていただけなかったのは申し訳なかった」と述べた。

 堀江氏は「深刻なトラブルではなく、延期は(無理せず)安全側に寄った判断。短い期間で解決でき、より打ち上げの確実性は高まる」と話した。

 5月3~5日に打ち上げる場合、有料観覧席「スカイヒルズ」(町晩成)は一般に開放しない。28、29の両日に行われた生中継を映像で観覧するパブリックビューイングも実施されないが、町は町多目的航空公園を観覧者に開放する考え。

窒素ガス漏れの不具合を検証するIST社員

関連記事

根室新聞

代替漁業のサケマス曳網船が出漁【根室】

 ロシア200カイリ内サケ・マス流し網禁止に伴う代替漁業で、曳網による試験操業を行う富山県鮭鱒漁協所属の「第68善龍丸」(乗組員17人、199トン)が26日午前、花咲港から漁場を目指して出漁し...

根室新聞

観測史上最高 猛暑日迫る34度に【根室】

 全道的に猛暑となった26日、根室でも気温が一気に30度を超えて猛暑日に迫る340度まで上がり、明治12年7月に根室で気象観測が開始されて以来、観測史上最高を更新した。この暑さで熱中症による救急搬...

根室新聞

第7回「歯舞おさかな祭り」大盛況【根室】

 地域を挙げて各種振興事業に取り組む歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)主催の第7回「歯舞おさかな祭り」が26日、同漁港中央市場内・屋根付き岸壁で開催された。天候に恵ま...

日高報知新聞

「すずらん観賞会」開幕【平取】

【平取】平取町観光協会主催の「平取町すずらん観賞会」が25日、芽生(めむ)地区のスズラン群生地で開幕した。スズランは無数の花芽を付け、日当たりの良い場所ではつぼみが大きくなり始め、会場内は甘い香...

日高報知新聞

棺掛けやタペストリーなど【浦河】

 浦河町常盤町の手作り家具とカフェの店ガーデンソングで、「アイヌの手仕事展」が開かれている。31日まで。  出品は月に2回(不定期)、堺町生活館で開かれている「ネコンネ(手仕事)教室」の深沢み...