北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

打ち上げは3日以降に ISTロケット【大樹】

記者会見する(左から)稲川社長と堀江氏

 インターステラテクノロジズ(IST、大樹、稲川貴大社長)は、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げを、28、29日に続き、30日も見送った。稲川社長と創業者で取締役の堀江貴文氏が30日午前6時、町経済センターで記者会見を開き、5月3~5日の間で打ち上げを目指すとした。機体の不具合の改修と試験を進め、5月1日ごろまでに、同期間の打ち上げの可否を判断する。状況によっては、6月以降の実施を検討する。

 1号機(昨年7月打ち上げ)の再挑戦として高度100キロの宇宙空間を目指す2号機の打ち上げは、28日は機体のチェックに時間を要し、29日は各種バルブを動かす窒素ガスの漏れが確認されて中止された。

 ISTは29日午後の記者会見でいったん、部品を交換し、30日午前5時~同8時の打ち上げを目指すと発表。ただ、変更部分を含めた全体の動作試験が残り、結局、30日も延期した。

 他にもガス漏れの原因が残されている可能性があり、試験や根本的な究明を行い、見通しが立てば、5月3~5日の間に打ち上げを試みる。

 今回確保している打ち上げ期間は5日までで、万全の状態にならなければ関係機関との協議を経た上で、夏ごろまでの延期を検討する。

 稲川社長は「設計ミスがあり、想定外の動作で見つけることが難しかった。多くの方に(観覧に)お越しいただき、本当に感謝している。打ち上げを見ていただけなかったのは申し訳なかった」と述べた。

 堀江氏は「深刻なトラブルではなく、延期は(無理せず)安全側に寄った判断。短い期間で解決でき、より打ち上げの確実性は高まる」と話した。

 5月3~5日に打ち上げる場合、有料観覧席「スカイヒルズ」(町晩成)は一般に開放しない。28、29の両日に行われた生中継を映像で観覧するパブリックビューイングも実施されないが、町は町多目的航空公園を観覧者に開放する考え。

窒素ガス漏れの不具合を検証するIST社員

関連記事

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...

日高報知新聞

日高線協議進展なし

【新ひだか】運休が続くJR日高線について協議する日高管内の臨時町長会議が21日、公民館で開かれた。JR北海道の綿貫泰之常務が出席し、今後のあり方を話し合ったが、前回臨時会議から大きな進展はなかった。...

十勝毎日新聞

新小麦の恵み パン掲げ乾杯 ヌーヴォまつり【帯広】

 今年収穫した新小麦で作ったパンを味わう「とかち小麦ヌーヴォー2018解禁まつり」が22日、帯広市内のとかちむら(帯広競馬場内)で開かれた。新麦パンを掲げて“乾杯”する恒例の場面では、雨にもかか...