北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

レールの上をガタンゴトン・トロッコ王国開国【美深】

笑顔でトロッコの旅に出発する仁宇布小中学校の児童生徒ら

 トロッコに揺られながら白樺林など木々のトンネルを駆け抜ける観光名所「トロッコ王国美深」が、28日に開国。多くの観光客らが、本物のレールの上を「ガタン、ゴトン」と走る爽快なトロッコの旅を楽しんだ。

 NPO法人トロッコ王国美深(橋本秀昭理事長)が運営するレジャー・アクティビティースポット。1985年に廃線となった旧国鉄美幸線(美深~仁宇布間21・2キロ)の線路の一部を活用し、98年7月からエンジン付きトロッコの運行(往復10キロ)をスタートさせた。

 2018年度も開国初日に、仁宇布小中学校の児童生徒を招待。出発案内板前での開国セレモニーで、橋本理事長が「あしたからもお父さんお母さんなど、いろいろな方とトロッコに乗ってほしい。スタッフの言うことをよく聞き、けがのないよう安全運転に努めてほしい」と挨拶。

 安全運転走行のレクチャーを受けた観光客たちは、歓声を上げながら出発。この時期は、新緑の樹木と真っ白な残雪の中を走行できる貴重な期間であり、豊かな自然を観賞するとともに、線路を走る振動と風を感じる爽快感に笑顔を見せていた。

 なお、トロッコ王国は、10月21日まで毎日運行。入国受け受けは、午前8時半から午後4時までだが、夏期(7月7日~8月25日)は、午後5時まで延長する。入国料金は、大人が2人以上の場合1人1500円、1人の場合1800円。中高生1200円、小学生700円、幼児無料となっている。

関連記事

名寄新聞

岐阜県御嵩町の中高生が森林教育体験【下川】

 国から低炭素社会を目指す「環境モデル都市」の岐阜県御嵩町の中学2年生6人、高校2年生3人、町職員・教職員・ボランティアが、16日から5日間、同じモデル都市の下川町を訪れ、間伐した木で炭を作るな...

十勝毎日新聞

室工大と共同研究 大樹のIST【札幌】

 大樹町のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は21日午前、札幌市内で記者会見し、室蘭工業大学(空閑良壽=くが・よしかず=学長)と共同研究を開始したと発表した。4月に...

十勝毎日新聞

工事現場に「事務職」 村上土建が新設【音更】

 村上土建開発工業(音更町、村上誠社長)は今年春から、工事現場の事務所で書類作成業務を担う「現場事務職」を新設した。人手不足の中、普通高校からも人材を受け入れやすくなるほか、働く選択肢を増やすこと...

十勝毎日新聞

9月生まれおいで 3000円分のチケット贈呈【鹿追】

 鹿追町観光協会(坂本昌彦会長)は、9月生まれの町外在住者に、町内観光施設などで使える3000円分のチケットを贈呈する「ハッピーバースデーキャンペーン」を実施する。  町内への誘客を目的に20...

室蘭民報

室蘭市と宮古市が災害時相互支援で協定、フェリー活用【室蘭】

 昨年就航した定期フェリーで結ばれた室蘭市と岩手県宮古市が20日、災害時の相互応援や協力に関する協定を結んだ。海上インフラを最大限生かし、災害発生時に速やかに人や物資の応援を要請・派遣するほか、...