北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

レールの上をガタンゴトン・トロッコ王国開国【美深】

笑顔でトロッコの旅に出発する仁宇布小中学校の児童生徒ら

 トロッコに揺られながら白樺林など木々のトンネルを駆け抜ける観光名所「トロッコ王国美深」が、28日に開国。多くの観光客らが、本物のレールの上を「ガタン、ゴトン」と走る爽快なトロッコの旅を楽しんだ。

 NPO法人トロッコ王国美深(橋本秀昭理事長)が運営するレジャー・アクティビティースポット。1985年に廃線となった旧国鉄美幸線(美深~仁宇布間21・2キロ)の線路の一部を活用し、98年7月からエンジン付きトロッコの運行(往復10キロ)をスタートさせた。

 2018年度も開国初日に、仁宇布小中学校の児童生徒を招待。出発案内板前での開国セレモニーで、橋本理事長が「あしたからもお父さんお母さんなど、いろいろな方とトロッコに乗ってほしい。スタッフの言うことをよく聞き、けがのないよう安全運転に努めてほしい」と挨拶。

 安全運転走行のレクチャーを受けた観光客たちは、歓声を上げながら出発。この時期は、新緑の樹木と真っ白な残雪の中を走行できる貴重な期間であり、豊かな自然を観賞するとともに、線路を走る振動と風を感じる爽快感に笑顔を見せていた。

 なお、トロッコ王国は、10月21日まで毎日運行。入国受け受けは、午前8時半から午後4時までだが、夏期(7月7日~8月25日)は、午後5時まで延長する。入国料金は、大人が2人以上の場合1人1500円、1人の場合1800円。中高生1200円、小学生700円、幼児無料となっている。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...