北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

山菜採りとバーベキュー

 浦河町で体験移住や二地域居住の滞在者を対象に7日、山菜採りとバーベキュー交流会が開かれた。  町の体験移住事業は平成17年度から始まり、ちょっと暮らし体験者は延べ600人を超えた。浦河生活が気に入り、これまで100人以上が町に完全移住している。

 町主催の交流会は、サクラが咲き春の山菜が野山に現れるこの時期に毎年実施。7日は夫婦や単身で浦河の〝ちょっと暮らし〟を楽しんでいる中高年の男女12人のほか、この2年間に東京や神奈川県から町に完全移住した町民も参加。町民ボランティアのうらかわくらし案内人や町担当者ら総勢22人が山菜採りとバーベキューで親睦を深めた。

 ハンターを含む案内人4人とともに向別の山林でタラの芽やギョウジャニンニク、ウド、コゴミなどを採取後、昼時はサクラがまだ咲いている常盤公園でバーベキュー。ジンギスカンや焼き鳥、シカ肉、野菜などを焼きながらビールで乾杯し、食事後はカラオケの2次会で盛り上がった。

常盤公園でバーベキューを楽しみ交流する参加者

 3月に65歳で定年退職し、沖縄でちょっと暮らし後、5月1日から半年間の浦河暮らしに入った神奈川県藤沢市の立石誠さんは、「近くに海と山、川があり気に入った。農園も借りたので、野菜作りや海釣り、川釣りも楽しみたい」という。

 4シーズン目となる愛知県の加藤佳子さん、熊本県から半年滞在予定の田畑光幸、順子さん夫妻は6回目となるうらかわ暮らしのベテラン。知り合いも増え「浦河はとても住みやすい」と会話も弾んでいた。

関連記事

日高報知新聞

企業版納税第1号【様似】

【様似】本年度から企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を導入した町へ、東邦オリビン工業(本社・東京、横見実社長)から20万円の寄付があり、22日、坂下町長から役場を訪問した横見社長に感謝状が贈られた...

日高報知新聞

装備品展示や指紋採取【浦河】

 浦河警察署(岡崎健一署長)で23日夕方、署長室の開放や機動隊の高性能救助車展示、指紋の採取体験など警察の活動について紹介するショートタイムフェスタを駐車場と庁舎内で開き、子どもから高齢者まで約30...

苫小牧民報

樽前荘廃止の動きに心配の声 愛好者ら行方注視

 苫小牧市が、支笏湖畔のモラップ=千歳市=で運営する休憩・宿泊施設「モーラップ樽前荘」の廃止に向けた検討に入ったことで、施設を愛する全国のファンに心配の声が広がっている。今年で66年の歴史を重ね...

苫小牧民報

舞鶴遊水地にヨシ植栽 タンチョウ営巣へ整備-長沼町

 札幌開発建設部千歳川河川事務所=千歳市住吉=は24日、タンチョウの営巣環境整備を進める空知管内長沼町の舞鶴遊水地で巣の材料となるヨシの植栽作業を実施した。専門家によると早ければ来春にも巣作りが...

十勝毎日新聞

ロケット不具合対策完了 IST【大樹】

 ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は24日、町浜大樹の実験場で、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げリハーサルを成功させ、前回延期の原因となった不...