北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

山菜採りとバーベキュー

 浦河町で体験移住や二地域居住の滞在者を対象に7日、山菜採りとバーベキュー交流会が開かれた。  町の体験移住事業は平成17年度から始まり、ちょっと暮らし体験者は延べ600人を超えた。浦河生活が気に入り、これまで100人以上が町に完全移住している。

 町主催の交流会は、サクラが咲き春の山菜が野山に現れるこの時期に毎年実施。7日は夫婦や単身で浦河の〝ちょっと暮らし〟を楽しんでいる中高年の男女12人のほか、この2年間に東京や神奈川県から町に完全移住した町民も参加。町民ボランティアのうらかわくらし案内人や町担当者ら総勢22人が山菜採りとバーベキューで親睦を深めた。

 ハンターを含む案内人4人とともに向別の山林でタラの芽やギョウジャニンニク、ウド、コゴミなどを採取後、昼時はサクラがまだ咲いている常盤公園でバーベキュー。ジンギスカンや焼き鳥、シカ肉、野菜などを焼きながらビールで乾杯し、食事後はカラオケの2次会で盛り上がった。

常盤公園でバーベキューを楽しみ交流する参加者

 3月に65歳で定年退職し、沖縄でちょっと暮らし後、5月1日から半年間の浦河暮らしに入った神奈川県藤沢市の立石誠さんは、「近くに海と山、川があり気に入った。農園も借りたので、野菜作りや海釣り、川釣りも楽しみたい」という。

 4シーズン目となる愛知県の加藤佳子さん、熊本県から半年滞在予定の田畑光幸、順子さん夫妻は6回目となるうらかわ暮らしのベテラン。知り合いも増え「浦河はとても住みやすい」と会話も弾んでいた。

関連記事

苫小牧民報

健康経営の認定取得へ 苫小牧商工会議所

 苫小牧商工会議所(宮本知治会頭)は、従業員などの健康管理を経営目線で実践する「健康経営」に取り組む。近く事業を所管する経済産業省に申請し、正式な認定取得を目指す。手続きを支援する東京海上日動苫...

十勝毎日新聞

来年10月に運賃値上げ JR北が経営改善策【札幌】

 JR北海道の路線見直し問題について議論するJRと国、道、道市長会、道町村会、JR貨物による6者協議が20日午前、道庁で開かれた。JR北海道の島田修社長は経営改善の取り組みの一環として、来年10...

十勝毎日新聞

健やかな成長願い 七五三【十勝】

 「七五三」のシーズンを迎え、十勝管内の神社には多くの家族連れが参拝に訪れている。  「七五三詣」は、数え年で男児は3、5歳、女児は3、7歳に神社にお参りし、健やかな成長を祈る儀式。今年は20...

十勝毎日新聞

イオン帯広店リニューアル検討 青柳新社長【帯広】

 イオン北海道(本社札幌)の青柳英樹社長(57)は19日、イオン帯広店(西4南20)について「今年度は無理だが、そう遠くない時期に店舗をリニューアルをしたい」との見解を示した。また、「次の10年...

函館新聞

旧相馬家住宅 国の重文に 笹浪家米蔵・文庫蔵を追加【函館 上ノ国】

【函館、上ノ国】国の文化審議会(佐藤信会長)は19日、重要文化財(重文)として、函館市元町33の旧相馬家住宅2棟(主屋、土蔵)を新規指定、上ノ国町上ノ国の重文「旧笹浪家住宅」に付属の米蔵...