北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

議長・福嶋氏、副議長・川端氏

【新ひだか】町長、町議会議員選挙後、初の町議会臨時会が10日に開かれ、正副議長選挙で新しい議長に福嶋尚人氏(66)、副議長に川端克美氏(65)を選出。大野克之町長が就任宣誓を行い、本庄康浩副町長を再任して同日閉会した。

 議長選は福嶋氏が14票、渡辺保夫、池田一也両氏が各1票、副議長選では川端氏が14票、畑端憲行、池田両氏が各1票の結果だった。

 議員定数が20人から16人に削減されたことから、常任委員会をこれまでの3つから2つとする議会案が施行(昨年12月定例会で可決)され、総務文教(総務、企画、行財政、税務、財産、契約、教育と文化に関する事項並びに他の常務委員会に属さない事項)は、川端、渡辺、下川孝志、本間一徳、畑端、建部和代、木内達夫の各氏(福嶋氏は議長のため辞任)が委員で、木内氏が委員長、畑端氏を副委員長に選出。厚生経済(住民生活、保健、環境、福祉、農林、水産、商工、観光、建設、土木、上水道と下水道に関する事項)は、志田力、北道健一、細川勝弥、阿部公一、谷園子、田畑隆章、池田、城地民義の各氏で、城地氏が委員長、北道氏が副委員長に選出された。

 大野町長は就任宣誓で、「先人が築き上げたこの町の歴史や伝統、文化、産業などを継承し、さらに輝きのあるふるさと新ひだかを次の世代へ引き継いでいくため、新ひだか町まちづくり自治基本条例を念頭に置き、自治の主役である町民、議会、行政がそれぞれの責任と役割のもと、互いを尊重し、ともに力を合わせ、町民誰もが心豊かに暮らすことのできる町の創造に向け、公正かつ誠実に職務を遂行することを誓う」と述べた。

 副町長に再任された本庄氏は2期目で、町では町長交代後の再任は異例。本庄氏は再任に当たって「引き続き、副町長の職務を続けることに複雑な思いもあるが、大野町政を支えていくため、職員と一丸となって誠心誠意尽くしていきたい」とあいさつした。任期は5月13日から平成34年5月12日まで。

 30年度一般会計補正予算は、3月9日の低気圧による大雨の災害復旧費として6560万円を追加し、総額を141億6428万6千円とした。

 このほか、任期満了に伴う教育委員会委員に平野井裕氏(54)=静内御幸町1=を再任(2期目、任期・5月13日~34年5月12日)、公平委員会委員に高橋勝則氏(72)=静内神森=を再任(7期目、5月16日~34年5月15日)、監査委員に山岸文秋氏(72)=静内御園=を再任(3期目、5月16日~34年5月15日)、議員選出で志田力氏(65)=三石旭町=を新任(5月16日~34年4月22日)、固定資産評価審査委員会委員に田嶋英夫氏(70)=三石歌笛=(6期目)、山口俊秀氏(63)=静内青柳町4=(6期目)を再任し、冬沢実和氏(52)=静内清水丘=を新任(3氏とも5月16日~33年5月15日)することにそれぞれ同意した。

 議会運営委員会などの議員構成は次の通り。◎は委員長、○は副委員長。

 ▽議会運営委員会 ◎池田一也、○阿部公一、志田力、畑端憲行、木内達夫

 ▽日高中部広域連合議会議員 志田力、渡辺保夫、本間一徳、谷園子、池田一也、木内達夫

 ▽日高中部消防組合議会議員 北道健一、下川孝志、阿部公一、畑端憲行

 ▽日高中部衛生施設組合議会議員 細川勝弥、田畑隆章、建部和代、城地民義

 ▽日高地区交通災害共済組合議会議員 阿部公一

 ▽議会広報特別委員会 ◎畑端憲行、○建部和代、川端克美、北道健一、本間一徳、阿部公一、谷園子、城地民義

関連記事

日高報知新聞

企業版納税第1号【様似】

【様似】本年度から企業版ふるさと納税(地方創生応援税制)を導入した町へ、東邦オリビン工業(本社・東京、横見実社長)から20万円の寄付があり、22日、坂下町長から役場を訪問した横見社長に感謝状が贈られた...

日高報知新聞

装備品展示や指紋採取【浦河】

 浦河警察署(岡崎健一署長)で23日夕方、署長室の開放や機動隊の高性能救助車展示、指紋の採取体験など警察の活動について紹介するショートタイムフェスタを駐車場と庁舎内で開き、子どもから高齢者まで約30...

苫小牧民報

樽前荘廃止の動きに心配の声 愛好者ら行方注視

 苫小牧市が、支笏湖畔のモラップ=千歳市=で運営する休憩・宿泊施設「モーラップ樽前荘」の廃止に向けた検討に入ったことで、施設を愛する全国のファンに心配の声が広がっている。今年で66年の歴史を重ね...

苫小牧民報

舞鶴遊水地にヨシ植栽 タンチョウ営巣へ整備-長沼町

 札幌開発建設部千歳川河川事務所=千歳市住吉=は24日、タンチョウの営巣環境整備を進める空知管内長沼町の舞鶴遊水地で巣の材料となるヨシの植栽作業を実施した。専門家によると早ければ来春にも巣作りが...

十勝毎日新聞

ロケット不具合対策完了 IST【大樹】

 ロケット開発ベンチャーのインターステラテクノロジズ(大樹、IST、稲川貴大社長)は24日、町浜大樹の実験場で、観測ロケットMOMO2号機の打ち上げリハーサルを成功させ、前回延期の原因となった不...