北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

拳玉で遊ぼう、クラブ立ち上げ 「人々つなぐ交流の場へ」-厚真

「拳玉を楽しみましょう」と話す斉藤さん(左)と森田さん

 厚真町職員の斉藤烈さん(30)と森田崇公さん(26)の2人が、拳玉クラブを立ち上げた。活動の拠点は厚真町青少年センターの2階ホールで、毎週火曜日に開く。初回は15日。2人は「拳玉を通じて、人と人をつなぐ交流の場にしていきたい」と意気込んでいる。

 斉藤さんは町教育委員会の放課後児童クラブコーディネーター、森田さんはこども園つみきの保育士として働く。クラブは「厚真けん玉クラブ」(あつけん)と名付けた。

 斉藤さんが拳玉をやり始めたのは、道南にある青少年施設職員だった時だ。「何か面白いことをしよう」と首に拳玉をぶら下げていたら子供たちが興味津々で駆け寄ってきた。遊んでみせると笑顔が広がった。年齢なんて関係ない。「どこでも誰でも遊べる拳玉は、コミュニケーションにもつながる」。

 森田さんは昨年、厚真町職員に転職した斉藤さんと知り合って、拳玉に魅了された。「練習をして園で子供たちに披露すると喜んでくれた」と、その場にいる全員と一緒に楽しめる拳玉の魅力にはまった。

 年齢や人にある壁をすべて取っ払ってくれる拳玉。森田さんは「拳玉を通じて、交流の場をつくりたい。拳玉の楽しさを伝えたいと2人で話していた」と言う。

 あつけんは、みんなで集まってひたすら拳玉をやっていく。拳玉をやりたい人、うまくなりたい人、興味がある人など、誰でも参加ができる。活動時間は午後6時から午後7時まで。年会費は500円。拳玉を持っていない人には貸し出す。

 2人は「初めは自分たち2人だけかもしれないが、徐々に参加者が増えてくれればうれしい。厚真町外の人も来てくれれば」と話している。

 問い合わせは、厚真けん玉クラブ。メールアドレスatsuma.kendama@gmail.com

関連記事

根室新聞

花咲線の利用促進に向け 行動計画策定へ【根室】

 JR花咲線の沿線自治体で構成する根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)の会合が15日、根室市総合文化会館で開かれた。会議は非公開で行われ、JR花咲線の利用促進に向けたア...

根室新聞

中標津空港 乗降客数2年連続の20万人ならず【根室】

 根室管内の空の玄関口、根室中標津空港は、昨年一年間の乗降客数が、前年より22パーセント減って19万7,000人台にとどまり、2年連続の20万人には届かなかった。千歳便はほぼ前年並みの11万人台に乗ったが、...

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】自家製の漬物の味を競う「第55回つけものコンクール」が14日、町福祉センターで開かれ、町内女性が出品した漬物で自慢の味を競いあった。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)が主催し、町教委が後援...

日高報知新聞

20歳の節目に決意新た【浦河】

 14日は「成人の日」。これを前にした13日、日高管内7町で成人式が開かれた。会場では真新しいスーツや羽織・袴、華やかな振り袖姿に着飾った若者たちが、旧友との再会を喜び合うとともに20歳の門出に決意を...

苫小牧民報

肝炎ウイルス、ぜひ検査を 苫小牧出身・SHOKICHIさんが道知事を表敬..

 EXILEのメンバーで、苫小牧出身のSHOKICHIさん(33)が15日、道庁の高橋はるみ知事を表敬訪問し、厚生労働省の肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」をアピールした。 ...