北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

拳玉で遊ぼう、クラブ立ち上げ 「人々つなぐ交流の場へ」-厚真

「拳玉を楽しみましょう」と話す斉藤さん(左)と森田さん

 厚真町職員の斉藤烈さん(30)と森田崇公さん(26)の2人が、拳玉クラブを立ち上げた。活動の拠点は厚真町青少年センターの2階ホールで、毎週火曜日に開く。初回は15日。2人は「拳玉を通じて、人と人をつなぐ交流の場にしていきたい」と意気込んでいる。

 斉藤さんは町教育委員会の放課後児童クラブコーディネーター、森田さんはこども園つみきの保育士として働く。クラブは「厚真けん玉クラブ」(あつけん)と名付けた。

 斉藤さんが拳玉をやり始めたのは、道南にある青少年施設職員だった時だ。「何か面白いことをしよう」と首に拳玉をぶら下げていたら子供たちが興味津々で駆け寄ってきた。遊んでみせると笑顔が広がった。年齢なんて関係ない。「どこでも誰でも遊べる拳玉は、コミュニケーションにもつながる」。

 森田さんは昨年、厚真町職員に転職した斉藤さんと知り合って、拳玉に魅了された。「練習をして園で子供たちに披露すると喜んでくれた」と、その場にいる全員と一緒に楽しめる拳玉の魅力にはまった。

 年齢や人にある壁をすべて取っ払ってくれる拳玉。森田さんは「拳玉を通じて、交流の場をつくりたい。拳玉の楽しさを伝えたいと2人で話していた」と言う。

 あつけんは、みんなで集まってひたすら拳玉をやっていく。拳玉をやりたい人、うまくなりたい人、興味がある人など、誰でも参加ができる。活動時間は午後6時から午後7時まで。年会費は500円。拳玉を持っていない人には貸し出す。

 2人は「初めは自分たち2人だけかもしれないが、徐々に参加者が増えてくれればうれしい。厚真町外の人も来てくれれば」と話している。

 問い合わせは、厚真けん玉クラブ。メールアドレスatsuma.kendama@gmail.com

関連記事

函館新聞

福島・岩部海岸クルーズが高評価 町民向けモニター乗船好調【福島】

 【福島】福島町まちづくり工房(代表理事・高木寿副町長)が町民対象に実施している「岩部海岸クルーズ」のモニター乗船が好評だ。利用者アンケートもほとんどが「非常に満足した」というもので、同法人は来...

函館新聞

蔦屋書店でGLAYの衣装展示 5年前の野外ライブで着用【函館】

 25、26日に緑の島(函館市大町)で開催される函館出身のロックバンド「GLAY」の野外ライブを記念し、函館蔦屋書店(石川町)は20日から、同店2階の大型モニター前にメンバー4人の衣装を展示して...

室蘭民報

野球教室でシャークスナインが小学生に技術指導【室蘭】

 小学生を対象にした室蘭シャークスの野球教室が19日、室蘭市の新日鉄住金球場で行われ、子どもたちが基礎技術を学び、シャークスナインと交流した。  教室には少年団8チームから100人が参加。シ...

室蘭民報

「宮古市民号」の第1陣が到着、夜景や観光満喫【室蘭】

 宮蘭フェリー就航を記念した岩手県宮古市の本年度事業「宮古市民号」の第1陣が20日夜、室蘭港に到着した。同市の委託事業で旅行会社3社が10月末までに各1回、冠の付いたツアーを計画している。下船...

室蘭民報

太陽を囲む虹のリング…「日暈」を観測【室蘭地方】

 20日午後1時ごろ、太陽を虹の輪が囲む「日暈(ひがさ)」と呼ばれる現象が室蘭地方で見られた。  室蘭地方気象台によると、太陽の光が空気中の氷の粒によって屈折し輝いて見える現象。この日の室蘭...