北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ニシンのぼり空泳ぐ、江差で初掲揚【江差】

港で揚がった長さ25メートルのニシンのぼり

 【江差】町が制作した長さ25メートルの「ニシンのぼり」が13日、江差港南埠頭で初めて揚がった。時折、雨が強くなるなどあいにくの天候だったが、南からの風を受け、曇り空の中を元気よく泳いだ。

 地元小学生のアイデアをきっかけに、江戸時代にニシン漁で栄えた歴史や文化財などが道内初の日本遺産として、昨年認定されたのを記念して製作された。

 ニシンのぼりは、重さ約70キロ。濃い青色や銀色の魚体は背びれや尾ひれも付けて、本物のニシンに似せた。小中学生ら町民が手形とメッセージを添えている。

 ニシン漁の最盛期で、「江差の五月は江戸にもない」と言われた5月に揚げようと、大型連休中の3~5日に遊泳する予定だったが、悪天候で延期。13日も雨や風が強まる恐れがあったが、午前11時半すぎにクレーン車で高さ約30メートルまで持ち上げられ、約2時間掲げられた。

 町は掲揚をホームページで告知。空に舞うニシンのぼりを見た町民や観光客が写真に収めた。照井誉之介町長は「町民が江差の町を誇りに感じるきっかけになれば」と話していた。

 ニシンのぼりは20日、27日のいずれも午前11時半から揚げる予定。荒天の場合は中止する。

関連記事

函館新聞

晩夏彩る湯の川温泉花火大会【函館】

 函館の晩夏を彩る「第53回湯の川温泉花火大会」(実行委主催)が18日に行われた。松倉川下流から1時間にわたって約3000発の花火が打ち上がり、訪れた5万1000人(主催者発表)を魅了した。 ...

函館新聞

はこだて国際科学祭、10回目の開幕【函館】

 「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催、函館新聞社など後援)が18日、五稜郭タワーをメイン会場に開幕した。10回目の節目となる今回は「『環境』から函館のしあわせを考える。」が...

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(...

日高報知新聞

華やかな義経行列など【平取】

【平取】平安時代の武将「源義経」をまつる町内本町の義経神社(楡田美浩宮司)の例大祭に合わせ14~15の両日、本町地区で「義経ふるさと祭」が開かれた。義経神社祭典実行委員会と義経ふるさと祭実行委員会の主...

日高報知新聞

40年ぶりに会場灯台点灯【えりも】

【えりも】えりもの夏を彩る「第45回えりもの灯台まつり」(実行委主催)が14~16日、本町の灯台公園とえりも港を会場に開かれ、あいにくの雨天模様にかわらず町民やお盆で帰省中の家族連れなど2万1000人が...