北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ニシンのぼり空泳ぐ、江差で初掲揚【江差】

港で揚がった長さ25メートルのニシンのぼり

 【江差】町が制作した長さ25メートルの「ニシンのぼり」が13日、江差港南埠頭で初めて揚がった。時折、雨が強くなるなどあいにくの天候だったが、南からの風を受け、曇り空の中を元気よく泳いだ。

 地元小学生のアイデアをきっかけに、江戸時代にニシン漁で栄えた歴史や文化財などが道内初の日本遺産として、昨年認定されたのを記念して製作された。

 ニシンのぼりは、重さ約70キロ。濃い青色や銀色の魚体は背びれや尾ひれも付けて、本物のニシンに似せた。小中学生ら町民が手形とメッセージを添えている。

 ニシン漁の最盛期で、「江差の五月は江戸にもない」と言われた5月に揚げようと、大型連休中の3~5日に遊泳する予定だったが、悪天候で延期。13日も雨や風が強まる恐れがあったが、午前11時半すぎにクレーン車で高さ約30メートルまで持ち上げられ、約2時間掲げられた。

 町は掲揚をホームページで告知。空に舞うニシンのぼりを見た町民や観光客が写真に収めた。照井誉之介町長は「町民が江差の町を誇りに感じるきっかけになれば」と話していた。

 ニシンのぼりは20日、27日のいずれも午前11時半から揚げる予定。荒天の場合は中止する。

関連記事

室蘭民報

徘徊の夫捜索にご近所さんの温かさに感謝【室蘭】

 「主人が助かったのは、周りの方のおかげ。本当にありがたいです」。室蘭市港北町に住む佐藤友子さん(68)は感謝する。友子さんのご主人、薫さん(81)が徘徊(はいかい)してまち中で動けなくなった...

室蘭民報

国体IH道代表に新日鉄住金から2人【室蘭】

 第74回国体冬季大会のアイスホッケー競技(30日から釧路市)の北海道代表に、新日鉄住金室蘭アイスホッケー部の村上亮(27)=日鉄住金テックスエンジ(左)、横山恭也(24)=幌清=が選ばれた。...

室蘭民報

マリンパークでオオアナコンダ脱皮殻のお守りで合格祈願【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町、須川英治支配人)は、知恵の象徴とされる動物のヘビにかけて、飼育するオオアナコンダの脱皮殻で作った合格祈願のお守りを販売している。種類はカードサイズラミ...

室蘭民報

道南バスが4月に市内西部中心に39便減便方針【苫小牧】

 苫小牧市公共交通協議会(会長・下多村光弘苫小牧高専教授)が22日、市役所で開かれ、市内で路線バスを運行する道南バスは4月1日のダイヤ改正で西部地域を中心とした12路線、39便を減便する方針を...

室蘭民報

登別・青葉小児童がタラコのパック詰め体験【白老】

 登別市青葉小学校(工藤信司校長)の4年生49人が22日、白老町虎杖浜の竹丸渋谷水産(渋谷敏幸代表取締役)を訪れ、タラコのパック詰めを体験した。  総合学習「もっと知りたい北海道」の一環。子...