北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭西中が宮古へ修学旅行「津波の怖さ学びたい」【室蘭】

きょう14日から修学旅行で宮古市を訪れる室蘭西中の3年生

 室蘭市室蘭西中学校(高見恭介校長)の3年生98人がきょう14日、市内のトップを切って修学旅行に出発する。2日目の15日には、6月にフェリーでつながる岩手県宮古市を訪れる。宮古市を訪れるのは市内で同校だけ。

 宮古市田老地区で防潮堤を見学し、震災遺構の 「たろう観光ホテル」、崎山貝塚縄文の森ミュージアムを訪れる。「たろう観光ホテル」は2011年(平成23年)3月の東日本大震災で6階のうち4階まで浸水し、1、2階は骨組みだけが残る。防災意識を高めるための「学ぶ防災ガイド」の説明を受け、津波が襲来する様子を同ホテル6階から撮影した映像の上映などが行われる。崎山貝塚縄文の森ミュージアムで縄文時代に関する学習をする。

 同校の3年生は1年生のころから防災や震災について学んでいる。4月27日には、市の学芸員・松田宏介さんによる縄文出前講座が行われ「宮古とのつながりと縄文遺跡」をテーマに南部陣屋を含めた宮古と室蘭の古くからの縁について学んだ。

 喜尾歩夢さんは「震災が起きたのは小学1年の時でした。実際に被災した宮古市へ足を運んで津波の恐ろしさを実感し、防災の大切さを学びたい。フェリーでつながる前にどんなまちなのか見てきたいです」と話していた。

関連記事

根室新聞

花咲線の利用促進に向け 行動計画策定へ【根室】

 JR花咲線の沿線自治体で構成する根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)の会合が15日、根室市総合文化会館で開かれた。会議は非公開で行われ、JR花咲線の利用促進に向けたア...

根室新聞

中標津空港 乗降客数2年連続の20万人ならず【根室】

 根室管内の空の玄関口、根室中標津空港は、昨年一年間の乗降客数が、前年より22パーセント減って19万7,000人台にとどまり、2年連続の20万人には届かなかった。千歳便はほぼ前年並みの11万人台に乗ったが、...

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】自家製の漬物の味を競う「第55回つけものコンクール」が14日、町福祉センターで開かれ、町内女性が出品した漬物で自慢の味を競いあった。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)が主催し、町教委が後援...

日高報知新聞

20歳の節目に決意新た【浦河】

 14日は「成人の日」。これを前にした13日、日高管内7町で成人式が開かれた。会場では真新しいスーツや羽織・袴、華やかな振り袖姿に着飾った若者たちが、旧友との再会を喜び合うとともに20歳の門出に決意を...

苫小牧民報

肝炎ウイルス、ぜひ検査を 苫小牧出身・SHOKICHIさんが道知事を表敬..

 EXILEのメンバーで、苫小牧出身のSHOKICHIさん(33)が15日、道庁の高橋はるみ知事を表敬訪問し、厚生労働省の肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」をアピールした。 ...