北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

白鳥大橋建設の記録克明に、故月岡さんの写真展【室蘭】

月岡さんが定点で見続けた白鳥大橋建設の記録の数々が並ぶ写真展

 白鳥大橋の建設過程を撮り続けた元全日本写真連盟北海道本部委員長の故月岡正明さんの写真展が13日、室蘭市祝津町の道の駅みたら室蘭で始まった。同橋の開通20周年を記念し、月岡さんが生前残した貴重な写真156点を展示。技術の粋を集めた当時の建設の記録を今に伝えている。来月13日まで。

 月岡さんは室蘭市出身で同連盟室蘭支部設立メンバー。1977年(昭和52年)の有珠山噴火では、直後から写真家の故掛川源一郎さんと噴火の撮影を続けたことで知られ、2014年(平成26年)に他界した。

 月岡さんは同橋を1990年1月から撮影。主塔着工から開通に至るまで約8年間、モノクロームの写真で記録した。大橋の建設現場に足しげく通い、祝津町の港側に突き出たシュクトツ山から作業を定点でとらえ建設風景を撮り続けた。

 写真展は室蘭市民美術館をささえる会が主催。同連盟室蘭支部会員らも協力し実現した。会場には、後に主塔が建設される場所に架けられた連絡桟橋と人工島、巨大なアンカレイジのコンクリート打ち込み作業、96年のキャットウオークの取り外しなど、一大プロジェクトの進ちょくを階調あふれる丁寧なプリントで克明に伝えている。

 無機質な鉄骨や巨大なコンクリートの造形だけでなく、吹雪の中、資材を溶接する作業員の姿や、96年7月に同山で撮影中に出合ったキタキツネの写真とその様子を書き留めたメモも飾られ、温かい人柄もしのばれる。

 北海道写真協会室蘭支部の支部長を務める同会の佐々木曻副会長は「何度も山に登り撮影し、フィルムを現像、自らプリントしパネル張りで仕上げている。独特のモノクロで表現し、整理して作品を記録として残されたことは尊敬に値する」とし「開通20周年にふさわしい展示になった」と来場を呼び掛けている。展示は午前9時半~午後6時。

関連記事

室蘭民報

即売や体験…16日に「のぼりべつ技能祭」

 第9回のぼりべつ技能祭(登別技能協会、登別職業訓練協会主催、室蘭民報社中部支社など後援)が16日、登別市青葉町の登別地方高等職業訓練校で行われる。訓練生らが手掛けた作品を販売するほか、餅まき...

室蘭民報

伊達信金のキッズ探検隊で1億円の重さ体験

 伊達信用金庫(舘崎雄二理事長)は12日、梅本町の本店で「2018だてしんキッズ探検隊」を開いた。市内の京王幼稚園、虹の橋保育園、つつじ保育所の園児ら約120人が参加し、お金の重さ体験では、1...

室蘭民報

「じゃり道工房」で優しさあふれる染め絵並ぶ【洞爺湖町】

 石川県在住の加賀友禅作家、志田弘子さんと家族による「じゃり道工房」の作品展が8日、洞爺湖町洞爺町の洞爺湖芸術館で始まった。志田さんの母親としての愛情や、命の大切さなどへの強い思いを込めた染め...

十勝毎日新聞

特製草履で挑め「世界一」 23日「ナウマン卓球」【幕別】

 「第4回全世界ナウマンぞうり卓球大会in忠類」が23日、十勝ナウマン温泉ホテルアルコ(町忠類白銀町384)で開かれる。町忠類で発掘されたナウマンゾウの化石にちなみ、特製の草履ラケットを使用。“海外...

室蘭民報

海の幸を満喫して、8、9日に漁港まつり【登別】

 第41回登別漁港まつり(同実行委員会主催)が8、9日の2日間、登別市登別港町の登別漁港で開かれる。朝揚げ鮭(さけ)の抽選即売会、新鮮な海の幸などが当たる景品引換券付きの豊漁まき(餅まき)など...