北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

独自製法で強いモチモチ感・杵つき餅入りどら焼き発売【名寄】

モチモチ感が強く、おいしさが際立つ「餅屋本気の逸品!杵つき餅どら焼き」

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)は、本格的なきねつき餅が入った特製どら焼きを発売。モチモチ感が強く、あんと皮とともに、おいしさを際立たせている。

 同社では、地元産もち米を生かした商品を多数販売。市民をはじめ観光客などから大いに好評を得ている。今回発売した「餅屋本気の逸品!杵つき餅どら焼き」は、風連産「はくちょうもち」を使用。同社でついた餅が中に入っており、人気商品の「ソフト大福」などのあんを取引している株式会社まるぶん(札幌市東区)で製造。和菓子職人が手焼きで仕上げている。

 餅入りのどら焼きは数多く出回っているが、同社では歯応えを出すため、餅粉を砂糖や水飴で練り上げた求肥(ぎゅうひ)ではなく、本格的なきねつき餅を使用している。独自の製法で餅のこしが強く、柔らかさを長持ちさせるとともに、きめの細かい皮と粒あんの絶妙なバランスで、おいしさを際立たせている。1個248円(税込み)で、道の駅「もち米の里☆なよろ」と同社名寄店(イオン名寄ショッピングセンター内)で販売している。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス