北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

〝みついし花だより〟共選開始

【新ひだか】三石本桐の町花卉(かき)・野菜集出荷施設で、みついし農協ブランド「みついし花だより」の共選出荷が始まった。花き農家が持ち込んだ、道内一の生産量を誇るデルフィニウムを中心に道内や関東・関西方面の市場に次々と送られている。

 みついし花だよりは、三石地区を主に静内地区や浦河町の花き農家でつくる「みついし花き振興会」(沼田英之会長、60戸)が出荷。生産の約8割を占めるデルフィニウムのほか、スターチス、カーネーションなどが共選品目になっている。

 平成29年度の販売額は前年比1億円増の約7億9千万円。今年度は8億円を目標としていたが、2月の大雪で多くの花き用ビニールハウスが倒壊する被害が発生し、現在も復旧に向けて作業が続けられている状況だ。

 今年の共選出荷は1日から始まり、現在は週3回の出荷ペース。みついし農協によると、夜間の温度が低いことから「生育は1週間から10日くらい遅れている」という。

 晴天に恵まれた15日の共選には、各農家が持ち寄った30本から50本ほど入った約600箱を出荷。濃淡さまざまな青や紫、白のデルフィニウムなどを農協職員らが数や色合い、規格などを確認した。

 この日、35箱のデルフィニウムを出荷した三石歌笛の森山博明さんは「ぐずついた天気が続いて花のつき方が遅くなっている。今日みたいに晴れてくれたら良い」と話していた。

 共選は12月上旬まで続き、6月中旬から秋口までのピーク時には週4回の出荷ペースになり、1回当たり2千~2500箱が出荷されて各市場に送られる。

出荷された花の規格や出来栄えを確認する農協職員

関連記事

根室新聞

最後の西高祭「この思い出忘れない!」【根室】

 根室西高等学校(鈴木強児校長)は21日、第49回西高祭を開いた。多くの市民が来場し、展示物や模擬店、クラス発表などを楽しんだほか、後夜祭では生徒らがバーベキューや花火で思い出を心に刻んだ。  ...

根室新聞

観光音声ガイドサービス 3言語で提供開始【根室】

 市観光協会(小林茂会長)は、日本語、英語、中国語の3言語に対応した観光音声ガイドサービスの提供を開始した。手持ちのスマートフォンやタブレット端末で利用できるもので、近日中に端末を持たないで根室...

苫小牧民報

政府専用機2機、最後の共演 ブルーインパルス華麗に飛行-千歳基地航空祭

 航空自衛隊千歳基地は22日、千歳の空を彩る一大イベント「航空祭」を開いた。今年度で退役する現在の政府専用機、B747―400型機を初めて2機並べ、来場者から大人気。ブルーインパルスも2年ぶりに、...

日高報知新聞

新冠牧場職員ら寄付【新冠】

【新ひだか】静内御園の独立行政法人家畜改良センター新冠牧場(仲西孝敏場長)は19日、NPO法人新ひだかアイヌ協会(大川勝会長)に、静内真歌公園に建立する新しいシャクシャイン像の建設費用として職員有志...

日高報知新聞

地元食材のふるさと給食【新冠】

【新冠】新冠小(坂本直司校長、児童243人)で19日、給食費が無償化されてから初めて新冠産の食材や加工品を使った「ふるさと給食」が提供された。  町内の3小中学校は自校式給食。地元の食材による給食...