北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

〝みついし花だより〟共選開始

【新ひだか】三石本桐の町花卉(かき)・野菜集出荷施設で、みついし農協ブランド「みついし花だより」の共選出荷が始まった。花き農家が持ち込んだ、道内一の生産量を誇るデルフィニウムを中心に道内や関東・関西方面の市場に次々と送られている。

 みついし花だよりは、三石地区を主に静内地区や浦河町の花き農家でつくる「みついし花き振興会」(沼田英之会長、60戸)が出荷。生産の約8割を占めるデルフィニウムのほか、スターチス、カーネーションなどが共選品目になっている。

 平成29年度の販売額は前年比1億円増の約7億9千万円。今年度は8億円を目標としていたが、2月の大雪で多くの花き用ビニールハウスが倒壊する被害が発生し、現在も復旧に向けて作業が続けられている状況だ。

 今年の共選出荷は1日から始まり、現在は週3回の出荷ペース。みついし農協によると、夜間の温度が低いことから「生育は1週間から10日くらい遅れている」という。

 晴天に恵まれた15日の共選には、各農家が持ち寄った30本から50本ほど入った約600箱を出荷。濃淡さまざまな青や紫、白のデルフィニウムなどを農協職員らが数や色合い、規格などを確認した。

 この日、35箱のデルフィニウムを出荷した三石歌笛の森山博明さんは「ぐずついた天気が続いて花のつき方が遅くなっている。今日みたいに晴れてくれたら良い」と話していた。

 共選は12月上旬まで続き、6月中旬から秋口までのピーク時には週4回の出荷ペースになり、1回当たり2千~2500箱が出荷されて各市場に送られる。

出荷された花の規格や出来栄えを確認する農協職員

関連記事

日高報知新聞

追悼の献花台設置【新冠】

【新冠】けい養先の西泊津の白馬牧場で17日に心臓まひで死んだGI7勝馬のテイエムオペラオー(牡、22歳)を追悼する献花台が、同馬の馬房に設置され、関係者やファンが訪れている。同牧場によると、6月16日ま...

日高報知新聞

知事訪問し支援に感謝【新ひだか】

【新ひだか】しずない農協(西村和夫組合長)のブランドミニトマト「太陽の瞳」の本格出荷時期を迎え、西村組合長と大野克之町長、管内選出の藤沢澄雄道議は21日午後、札幌市の道庁に高橋はるみ知事を表敬訪問し...

苫小牧民報

母親たちが「バブリーダンス」 幼稚園行事で披露…評判広がり出演依頼続々

 1980年代から90年代初頭のバブル期に流行したファッションに身を包み、華やかに踊る「バブリーダンス」。苫小牧市内の30代から50代の主婦らで結成したグループが、披露するこのダンスステージが話...

苫小牧民報

公設公営、入院機能を維持 白老町立病院方針転換、町長が議会に説明、陳謝

 白老町立国保病院の改築をめぐる問題で、戸田安彦町長は22日の町議会の特別委員会で、「公設民営・無床診療所化」の方針を見直し、「公設公営・入院機能保持」への転換を正式に表明した。町は2022年度...

十勝毎日新聞

早乙女姿で丁寧に 途別小で田植え【幕別】

 途別小学校(清水弘校長、児童23人)で23日、地域の伝統を受け継ぐ田植えが行われた。全校児童がかさに絣(かすり)の着物の「早乙女姿」で豊作に願いを込めて苗を植えた。  途別地区は晩成社の依...