北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

乙部の水と大麦使ったビール提供 湯川に6月、カフェ開店【函館】

エンデバーに併設された醸造所を紹介する竹田醸造長

 健康食品製造販売のアドバンス(長野県佐久市)は6月1日、乙部町の水や大麦を使用した自家醸造クラフトビールを提供するカフェ「Endeavor(エンデバー)函館店」(原みづほ店長)を函館市湯川町1にオープンする。同社は「乙部をはじめとする道南地域の魅力を発信できる店を目指したい」としている。

 同社は2015年、乙部町内に姫川水系の井戸水を使ったミネラルウオーターを製造する子会社「命水乙部ボトラーズ」を設立。今回、乙部の良質な水をさらに活用しようと、観光客が多く宿泊する湯の川地区でのカフェ開設に踏み切った。

 店内に地ビール醸造所「函館湯川ブリュワリー」(竹田開醸造長)を備えており、週に150リットル程度を生産する。オープン直後はそれぞれ味わいの違う3種類を用意し、今後は客の要望などを踏まえてラインアップを増やしていく。

 また、同社は乙部町館浦地区にも醸造所「乙部追分ブリューイング」の建設を進めており、6月中の稼働開始を予定。年内にも町内の飲食店などで取り扱い、将来的に全国販売を目指す。

 竹田醸造長は「プレオープンに来ていただいた方々からの評判は非常に良い。今後はさらに地元産の原料などにこだわり、ビールが苦手という人でもおいしく飲んでもらえるような商品を作っていきたい」と話している。

 営業時間は午前9時~午後9時(ビールの提供は正午前後からを予定)、水曜は仕込みのため定休。

関連記事

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳...

根室新聞

サンマ棒受け網漁 20トン未満船が初水揚げ【根室】

 農林水産大臣許可の第一陣として10日に花咲港など道東各港から出漁した10トン以上20トン未満の小型サンマ棒受け網漁船が14日、花咲港にサンマを初水揚げした。午前7時から行われたセリでは、高値がキロ当た...

根室新聞

先人の功績知って―和田屯田記念館 16日まで開放

 道指定有形文化財の和田屯田兵村の被服庫を活用して、屯田兵の歴史を保存している「和田屯田記念館」=西和田568=の一般開放が13日から始まった。今年は状態が悪くなったため新しく印刷した歴代村長の写真...

日高報知新聞

四国の大洲市を支援

【えりも】町は、7月の西日本豪雨による河川氾濫や崖崩れなどで死亡・行方不明30人などの甚大な被害を受けた四国・愛媛県大洲市への義援金を募集している。  町と大洲市とは、平成5年にえりも凧の会(坂田...

日高報知新聞

盛況の浦河港まつり

 浦河町の「第56回浦河港まつり」(実行委主催)が11、12の両日、浦河町築地2の役場裏特設会場で行われた。町内外から2日間で2万人が来場し、夏のイベントを楽しんだ。  11日は曇り空で午前11時の出店ま...