北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

第2回シーサイドマラソン ネット申し込み早くも100人超【根室】

変更されたコースを表紙に図示した「参加の手引き」

 8月19日に開かれる根室市「スポーツ・健康都市」宣言30周年記念「第2回最東端ねむろシーサイドマラソン~北方領土を望む~」の参加者募集が始まり、先行して受け付けを開始したインターネットによる申し込みは18日現在で120人となった。大会事務局では「参加の手引き」を第1回の参加者へ郵送したほか、市内5カ所の公共施設に配置した。

 シーサイドマラソンは、市民の健康の保持・増進や体力の向上、心身の健全な発達を推進するとともに、全国から訪れるマラソン愛好者と交流し、根室の魅力を発信、北方領土返還への世論喚起を醸成するなど交流人口の増大と市中経済の活性化に寄与することを目的に開催し、今年で2年目となった。

 コースは昨年と異なり、ランナーや応援者らからの意見を取り入れ、ハーフ(21.0975キロメートル)と10キロメートルコースは市街地の一部を通るコースに変更。1、3、5キロメートルは市街地のみを通るコースとなっており、合計5種目で行われ、完走者には花咲カニ1杯をプレゼントする。

 参加費はハーフ、10キロ、5キロが大人4,000円、高校生・中学生1,000円。3、1キロが1人1,000円。「参加の手引き」の配置場所は、市青少年センター、市温水プール、市総合文化会館、市図書館、市役所1階ロビーの5カ所となっている。

 最東端ねむろシーサイドマラソン実行委員会では「数多くの声援を送ることができるコースとなっているので、ぜひ参加してほしい」と、呼び掛けている。  申し込み方法は次のとおり。

【振込用紙による申し込み】(7月10日まで)▽参加の手引きに付いている申込書(払込取扱票)を郵便局、または市青少年センター内の市教育委員会社会体育課に参加料とともに提出。

【インターネットによる申し込み】(7月20日まで)▽大会公式ホームページ「第2回最東端ねむろシーサイドマラソン」( http://www.nemuroseaside-marathon.jp/ )、「ランネット」( http://runnet.jp )から。

【郵送による申し込み】(7月10日までの消印有効)▽〒087-0002 北海道根室市牧の内146番地16根室市青少年センター内「最東端ねむろシーサイドマラソン実行委員会」事務局(℡0153-23-5982、FAX0153-24-7212)まで。

関連記事

日高報知新聞

様似での約束で共演実現【新ひだか】

【新ひだか】ピアニストの川口信子さんと、浦河町在住のジャズベーシストの立花泰彦さんによるコンサートが11日夜、三石蓬栄の蓬莱音楽館で開かれ、約30人の観客がプロの演奏に酔いしれた。  川口さんは...

日高報知新聞

海自支援艦「すおう」寄港【浦河】

 12日に浦河港に寄港した海自の多用途支援艦「すおう」(艦長・矢﨑政和3等海佐、乗員45人)の一般公開が13日にあり、大勢の住民が艦内を見学した。 青森県の大湊地方隊大湊警備隊所属の同艦(全長65...

苫小牧民報

苫小牧、白老上空に竜巻の卵 気象台が注意情報発表

 苫小牧市樽前と白老町社台の境界付近で15日午前7時40分すぎ、竜巻になる前段の漏斗(ろうと)雲が発生した。北海道付近は大気の不安定な状況にあり、室蘭地方気象台は目撃情報を受けて同日午前8時20...

苫小牧民報

ブランド立ち上げ。第1弾はシイタケマリネ 白老の地域おこし協力隊の林夫妻

 地域おこし協力隊として今年6月に白老町に移住してきた林啓介さん、林オルガさん夫妻が白老の魅力を発信するブランド「GREEN OWL」を立ち上げ、第1弾として、白老のシイタケを使った「シイタケマ...

苫小牧民報

ちょっと動いた 陸自の偵察警戒車と綱引き-千歳JCふるさとまつり

 千歳青年会議所(渡部順大理事長、千歳JC)は13日、真々地の私有地で「千歳ふるさとまつり2018」を開いた。大勢の親子連れが集合。歌や踊りのステージをはじめ、子供たちと陸上自衛隊の偵察警戒車と...