北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

5年ぶり観光PR動画制作 小型無人機で雄大自然空撮-千歳市

千歳の魅力を満載した「観光PR動画」

 千歳市は「観光PR動画」を5年ぶりに制作した。支笏湖や各観光スポットをタイトルの「圧倒的美景集」から「ヨリミチトセ」までの全4編合わせ約12分間(DVD4枚、各約3分間)の映像。今回は初めて小型無人飛行機のドローンによる空撮と地図のイラスト描写などを大幅に取り入れ、美しく、ダイナミックで叙情豊かな動画集に仕上げた。市内のホテルや観光施設、国内外の旅行代理店に無料で配布する。現在、道の駅サーモンパーク千歳で放映中のほか、千歳市の観光ホームページでも配信している。

 2018年度の観光PR事業として制作した。事業費は293万7600円。初版として100枚制作した。

 第1編「圧倒的美景集―LAND SCAPE」は、ドローンで空撮した青い湖水の「支笏湖ブルー」や樽前山噴火口、オコタンペ湖など同湖周辺の大自然をアピール。第2編「チトセ水物語―MADE IN CHITOSE」は、水質日本一を誇る支笏湖やナイベツ川を抱える”水のまち千歳”を主題化。第3編「アウトドア千歳―LAKESIDE CAMP」では、道内有数のアウトドアの聖地・支笏湖。新千歳空港から大自然や温泉が楽しめる代表的なコースを紹介。

 「寄り道」「ちとせ」を掛けたタイトルの第4編「ヨリミチトセ」では、新千歳空港から1時間以内で訪ねることができ、子供から大人までが楽しめる観光スポットなどを、寄り道できる場所をアニメーションも加えて取り上げた。

 収納するDVDケースの表紙は、「パレットの丘」「支笏湖氷濤まつり」に加え「サケのふるさと千歳水族館」「新千歳空港」「紅葉の支笏湖」などの写真で飾った。

 17年6月に制作が始まり今年3月に完成した。市観光スポーツ部は各観光施設での放映やプロモーション活動での使用を想定し「市内の企業や施設の協力で完成した。ドローンの空撮映像が捉えた千歳の魅力を大勢の方に見ていただきたい」としている。

 ホームページ「ちとせの観光」にも映像をアップした。問い合わせは、市観光スポーツ部観光企画課 電話0123(24)0377。

関連記事

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...

室蘭民報

ジャパネットの初クルーズで3200人が寄港【室蘭】

 イタリア船社が運航する大型客船MSCスプレンディダ(13万7936トン)が23日、室蘭港に寄港し、午後5時に出港した。テレビショッピングのジャパネットホールディングス初のチャータークルーズで...

室蘭民報

特定空き家の解体開始、市が管理人制度で初【室蘭】

 室蘭市は23日、屋根が劣化した危険な状態で放置されている「特定空き家」1棟の解体作業を始めた。民法に規定されている「不在者財産管理人制度」による対応。空き家対策で同制度に基づく解体は市内で初...

室蘭民報

ひまわりクラブのメンバーが好成績【室蘭、登別】

 第24回北海道障害者フライングディスク大会(北海道障害者フライングディスク連盟主催)で、室蘭、登別、伊達の障害者と保護者でつくる「心身障害児(者)と共に歩む会ひまわりクラブ」(前崎知子代表)...