北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

桜を描く石川進造さん「一歩一歩の努力大切」ギャラリートークで語る【根室】

作品を前に行われたギャラリートークで技法や思いを語る石川さん

 根室の千島桜を描いた作品などを市民に披露した絵画展に来根していた石川進造さんによるギャラリートークが19日、展示会場の総合文化会館多目的ホールで開かれた。中学生から高校生まで9人が参加し、絵の描き方などを教わった。

 石川さんは、市教委による根室みらいのアーティスト応援事業の一環として絵画展を15日から20日まで開き、絵画50点、写真(パネル)48点を展示。さまざまな桜や海外の風景画で来場者を楽しませていた。

 ギャラリートークでは、はじめに石川さんが絵との出会いや絵を描き始めるまでの経緯について説明。「表現者とは自分の心にあるものを外に出すこと。絵を頭の中で描いていても表現者にはなれないが、外に出すことで初めて表現者になる」と話した。

 また、画家・ゴッホの生涯を紹介して「初めから上手く描くことはできないが、できることを一歩一歩やっていくことが大切」と、強調した。

 続いて、会場内に展示されている作品一つ一つの描き方や、表現の仕方などを説明。「どうしたら上手になれるのか」という生徒の質問に対し、「アニメやジブリ作品を見ても、すごい修練をしていることが分かる。勉強しながら毎日たくさん描くことが上手になるコツ」と話した。

 参加した市立光洋中学校美術部の生徒は「絵を描くときに気を付けることなど、すごく参考になった。石川先生のように桜をきれいに描けるよう頑張りたい」と、みらいのアーティストを目指して一歩前進した。

関連記事

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテ...

函館新聞

秋のバル街9月1日 過去2番目76店が参加【函館】

 函館市西部地区をスペインの立ち飲み居酒屋「バル」に見立て、はしご酒を楽しむイベント「函館西部地区バル街」(実行委主催)が9月1日、同地区で開かれる。秋のバル街としては最も早い開催で、過去2番目...

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを...

根室新聞

参院選10代投票率 過去最低に【根室】

 7月21日に投開票が行われた第25回参議院議員通常選挙の根室市内の10代(18、19歳)の投票率は2282パーセントで、18歳選挙権が導入された平成28年の第24回参院選以降の各級選挙を通じて、...

苫小牧民報

モデルの椿梨央さんサプライズで始球式 太陽杯軟式全道少年野球胆振支部予選..

 太陽グループ杯争奪第26回全道少年軟式野球選抜大会胆振支部予選大会は17日午前、苫小牧市営少年野球場で開幕した。2日間にわたって胆振地区の小学生たちが全道大会への1枠を懸けてトーナメント戦を繰...