北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

女性自衛官候補生訓練公開 4月入隊組、笑顔で25キロ踏破

北大演で25キロ行軍に挑む女性候補生たち=23日午前10時半ごろ

 陸上自衛隊の北部方面混成団(本部・東千歳、井上一団長)は23日、4月に入隊した女性自衛官候補生の教育訓練を、同混成団の後援会(入口博美会長)などに公開した。候補生140人が北海道大演習場(北大演)で、25キロ行軍を生き生きとした表情でこなし、後援会員ら12人が「頑張れ」などと激励した。

 同混成団は道内陸自の人材育成を担う北部方面隊の直轄部隊で、第1陸曹教育隊(東千歳)、第120教育大隊、第52普通科連隊、冬季戦技教育隊(以上真駒内)で編成。道内の女性候補生を一手に受け入れており、今年は4月8日に入隊し、6月下旬まで法令や服務教育、野外行動基礎、格闘、射撃などの教育訓練を受けている。

 訓練内容で男女差はないといい、この日は教育訓練のヤマ場の一つでもある25キロ行軍。重さ約20キロにもなる装備品や荷物などを身に着け、北大演を札幌側から入り、島松山の登・下山など起伏に富んだコースを、7時間ほどで踏破する内容。入口会長は梅尾要一、太田憲之両道議ら12人が恵庭市の北大演島松地区で、行軍する候補生らを激励した。

 後援会員らはコースの3分の2ほどの地点に陣取り、「新隊員、がんばれ」などと書いた横断幕を掲げ、候補生らの行軍を拍手で出迎え。栄養ドリンクを差し入れし、会員は候補生の代表と握手しながら「頑張って」などと声を掛けた。候補生らは「笑顔」と掛け声を出し、励まし合って行進。札幌出身の丹羽ひなたさん(18)は「みんなで声を掛け合って歩くので楽しい。立派な自衛官を目指します」と目を輝かせていた。

 後援会は団本部がある千歳市の有志らが2014年、隊員の士気高揚などにつなげようと設立。同混成団は11年創隊と歴史が浅いだけに、入口会長は「特に若い隊員たちの励みになるよう応援したい」と強調。候補生は全国各地出身のため、教育訓練の拠点になる東千歳で、北海道の印象などを刻み込む隊員も多く、井上団長は「地域で応援していただきありがたい」と感謝していた。

関連記事

室蘭民報

地元食べ歩き「最高」―伊達バル街17店にぎわう【伊達】

 伊達市内の飲食店をスペインの立ち飲み居酒屋・バルのように食べ飲み歩くイベント「伊達バル街」が21日開かれ、大勢の市民が各店自慢の料理とお酒を心ゆくまで楽しんだ。  飲食店などでつくる実行委...

室蘭民報

登別カントリー倶楽部のカートにiPadナビを導入【登別】

 ゴルフリゾート施設・登別カントリー倶楽部(登別市上登別町、東勝彦支配人)は、2人乗りカート80台に、タブレット端末・ipadを導入した。ナビゲーション機能を搭載しており、コース情報やピンまで...

室蘭民報

喜ばれるコースに、室蘭GC支配人に伴さんが就任【室蘭】

 室蘭ゴルフ倶楽部(GC、崎守町)の支配人に、伴くみこさん(42)が就任する。メンバーに喜んでもらえるゴルフ場を目指しながら、室蘭の新たな観光拠点として道内外から広く利用者を集めたい考えだ。 ...

室蘭民報

絵鞆と崎守の2港に「型良し」噴火湾毛ガニ初水揚げ【室蘭】

 噴火湾海域の毛ガニかご試験操業が20日解禁となり、室蘭漁協に所属する4隻は22日朝、絵鞆と崎守の2港に初水揚げした。初日の漁獲高は前年を50キロ下回り、漁業関係者からはため息が漏れる。  ...

函館新聞

ダニ媒介脳炎の闘病語る 感染症研究者ら北斗の佐藤さん宅訪問【北斗】

 【北斗】ダニを媒介した感染症の研究者や医療、行政関係者ら約60人が16日、国内最初のロシア春夏脳炎(ダニ媒介脳炎)に発症した佐藤厚子さん(61)宅=北斗市三ツ石=を訪問し、闘病体験を聴いた...