北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ビザなし第1陣到着 青少年ら広島で平和学習へ【根室】

根室港に到着した訪問団一行

 今年度ビザなし交流で四島側からの受け入れ第1陣となる青少年訪問団が24日朝、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で根室港に到着した。10代の生徒らを主体にした一行は、四島側から子どもたちに平和学習をさせたいとの要望から、今回初めて広島県を訪問。平和記念資料館の視察、被爆体験伝承講話のほか、歴史学習として宮島・厳島神社を訪れる。

 一行は、国後島古釜布の学校長、タチヤーナ・パブリュケヴィチさん(49)を団長とする団員63人。引率同行者らを除き、54人が12歳から17歳の子どもたち。青少年の内訳は国後島が30人、択捉島が11人、色丹島が13人で、独立行政法人北方領土問題対策協会が実施主体となって受け入れた。

 訪問団は同日、中標津空港から羽田空港を経由して広島県に向かった。25日は広島平和記念資料館の視察、広島国際会議場で被爆体験伝承講話、広島平和記念公園を見学後、広島大学附属中学校で中学生との交流・平和に関する学習を行い、広島市中工場で最新のごみ処理技術を学ぶ。

 また、26日には大学生との交流、27日には男子生徒は広島都市学園大学でバスケットボール交流、女子生徒はビーズ作り体験を行い、広島の歴史学習として、宮島・厳島神社を訪問する。28日には根室に戻り、29日に北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」でまとめの研修会を行う。夕方には「えとぴりか」で各島へ戻る予定となっている。

 24日朝、根室港に到着したタチヤーナ・パブリュケヴィチ団長は取材に応じ、平和学習で広島を訪問することについて「小学校1年生の時から平和とはどういうものか子どもたちに聞かせており、広島を見て戦争は何をもたらすかを勉強して、どうやって平和を守っていくかを学んでほしい」とし、26日に予定されている日ロ首脳会談について「友好関係がこれからも広がることを期待したい」と述べた。

 このほか、外務省の北方四島住民に対する人道的見地からの医療支援で、患者4人と付き添い2人の合わせて4人も根室港に着いた。

関連記事

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...

室蘭民報

ジャパネットの初クルーズで3200人が寄港【室蘭】

 イタリア船社が運航する大型客船MSCスプレンディダ(13万7936トン)が23日、室蘭港に寄港し、午後5時に出港した。テレビショッピングのジャパネットホールディングス初のチャータークルーズで...

室蘭民報

特定空き家の解体開始、市が管理人制度で初【室蘭】

 室蘭市は23日、屋根が劣化した危険な状態で放置されている「特定空き家」1棟の解体作業を始めた。民法に規定されている「不在者財産管理人制度」による対応。空き家対策で同制度に基づく解体は市内で初...

室蘭民報

ひまわりクラブのメンバーが好成績【室蘭、登別】

 第24回北海道障害者フライングディスク大会(北海道障害者フライングディスク連盟主催)で、室蘭、登別、伊達の障害者と保護者でつくる「心身障害児(者)と共に歩む会ひまわりクラブ」(前崎知子代表)...