北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ビザなし第1陣到着 青少年ら広島で平和学習へ【根室】

根室港に到着した訪問団一行

 今年度ビザなし交流で四島側からの受け入れ第1陣となる青少年訪問団が24日朝、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で根室港に到着した。10代の生徒らを主体にした一行は、四島側から子どもたちに平和学習をさせたいとの要望から、今回初めて広島県を訪問。平和記念資料館の視察、被爆体験伝承講話のほか、歴史学習として宮島・厳島神社を訪れる。

 一行は、国後島古釜布の学校長、タチヤーナ・パブリュケヴィチさん(49)を団長とする団員63人。引率同行者らを除き、54人が12歳から17歳の子どもたち。青少年の内訳は国後島が30人、択捉島が11人、色丹島が13人で、独立行政法人北方領土問題対策協会が実施主体となって受け入れた。

 訪問団は同日、中標津空港から羽田空港を経由して広島県に向かった。25日は広島平和記念資料館の視察、広島国際会議場で被爆体験伝承講話、広島平和記念公園を見学後、広島大学附属中学校で中学生との交流・平和に関する学習を行い、広島市中工場で最新のごみ処理技術を学ぶ。

 また、26日には大学生との交流、27日には男子生徒は広島都市学園大学でバスケットボール交流、女子生徒はビーズ作り体験を行い、広島の歴史学習として、宮島・厳島神社を訪問する。28日には根室に戻り、29日に北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」でまとめの研修会を行う。夕方には「えとぴりか」で各島へ戻る予定となっている。

 24日朝、根室港に到着したタチヤーナ・パブリュケヴィチ団長は取材に応じ、平和学習で広島を訪問することについて「小学校1年生の時から平和とはどういうものか子どもたちに聞かせており、広島を見て戦争は何をもたらすかを勉強して、どうやって平和を守っていくかを学んでほしい」とし、26日に予定されている日ロ首脳会談について「友好関係がこれからも広がることを期待したい」と述べた。

 このほか、外務省の北方四島住民に対する人道的見地からの医療支援で、患者4人と付き添い2人の合わせて4人も根室港に着いた。

関連記事

日高報知新聞

静内農高 最優秀賞など上位に【新ひだか】

【新ひだか】日本学校農業クラブ北海道連盟など主催の「全道技術競技大会」が7、8の両日、帯広農業高と道立総合研究機構畜産試験場=十勝管内新得町=で開かれ、静内農業高(大関俊郎校長)から最優秀賞を含む...

日高報知新聞

野球日本代表監督 稲葉さんも指導【新ひだか】

【新ひだか】プロ野球の北海道日本ハムファイターズ主催の「キッズサマーキャンプ」が17~19の3日間、三石緑ヶ丘公園球場で行われている。管内外から31人の小学6年生が参加し、稲葉篤紀スポーツ・コミュニティ...

名寄新聞

自転車でゆかりの地巡る・「松浦武四郎RIDE」【名寄】

 なよろ観光まちづくり協会(吉田肇会長)主催の初の自転車イベント「松浦武四郎RIDE」が19日に駅前交流プラザ「よろーな」を発着地点に開かれた。参加者は、北海道命名者の武四郎に縁のある地域を自転...

名寄新聞

道内外から高校生185人参加・市立大オープンキャンパス【名寄】

 名寄市立大学(佐古和廣学長)の「オープンキャンパス2018」が18日に同学で行われた。参加した高校生たちは、ガイダンスや模擬授業、現役学生との交流を通して、同学へ親しみを深めた。  オープン...

名寄新聞

白樺樹液ビールお披露目・クラフトビアフェス盛況【美深】

 「美深クラフトビアフェス2018」が18日に大通北4赤れんが倉庫で開かれ、来場者がジャズの生演奏を聴きながらクラフトビールや豊富なフードメニューを味わう至福のひとときを満喫。さらに、美深産白樺...