北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

不法投棄やめて、室蘭市などが多発地帯を重点的に巡回【室蘭】

不法投棄物にステッカーを貼る室蘭市職員

 室蘭市など西いぶり定住自立圏構成6市町は26日、構成市町一斉の不法投棄未然防止パトロールを実施した。室蘭市内では不法投棄多発地帯を重点的に巡回。3カ所でテレビや冷蔵庫などを発見した。投棄者の特定とともに、未然防止の啓発を強化する方針だ。

 白鳥台の公営住宅が立ち並ぶ住宅地。雑草の茂みから白い冷凍庫が顔を出していた。「ただいま、調査中」の赤いステッカーを貼る市環境課の職員が「新しいのを譲り受け、古い冷蔵庫の処分に困ったのでは。相談してくれれば処分方法を案内するんですが」。

 別の場所では、電子レンジとブラウン管テレビ、掃除機を発見。市が市内に回収ボックスを設置し、無料で引き取っている使用済み小型家電の対象品目もあった。

 市は、同自立圏形成協議会事業に基づき、不法投棄の拡大や未然防止を目的に、6月の環境月間に合わせて毎年取り組む。ことしも道南公益清掃事業協同組合との合同で、市内10地区を巡回。白鳥台など3カ所でテレビやストーブなど7点を確認した。

 市などは違法な投棄物にステッカーを張り、投棄者特定の調査を進める。また投棄多発地域にのぼりを設置するなど、不法投棄の防止啓発に力を入れる。同課は「ごみは決められたルールに従うよう、監視とともに正しい処分法の啓発に努めていく」と話している。

関連記事

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...

室蘭民報

扇子に広がる個性豊か…墨蘭会が水墨画展【室蘭】

 室蘭市の水墨画同好会、墨蘭会(柴口みちる会長)の「第42回水墨画展」が23日、幸町の室蘭市民美術館で始まった。会員らが制作した個性豊かな40点が展示され、来場者を楽しませている。  同会は月...

十勝毎日新聞

「ハピまん」2万個販売 チーズ伸びて大ヒット【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4月から販売している、チーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の売れ行きが好調だ。これまでに2万個を...