北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

和田竜二騎手が献花

【新冠】西泊津の白馬牧場に設置されているGⅠ7勝馬・テイエムオペラオー(牡22歳)を追悼する献花台に24日、現役時代の全レースで手綱を取った和田竜二騎手(40)が訪れた。

 同牧場で種牡馬としてけい養されていたオペラオーは、17日に心臓まひで死亡。浦河町の杵臼牧場の生産馬で、現役時代は平成12年に天皇賞春・秋、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念と古馬(4歳以上)主要GⅠを総なめにする活躍でJRA年度代表馬、引退後には顕彰馬に選出されている。

 和田騎手は当時、オペラオーが入きゅうした岩元市三きゅう舎(栗東)に所属していたこともあり、デビューから引退レースまで26戦すべてに騎乗して14勝を挙げ、初GⅠ制覇など数々の栄冠に輝いた。昨年は96勝を挙げてJRAリーディング5位になるなど、JRAを代表する騎手の一人として活躍している。

 浦河町で軽種馬牧場を経営している宮内修さんの案内で献花台を訪れた和田騎手は、岩元きゅう舎のカラーだった黄色い花を手向け、手を合わせてオペラオーの冥福を祈った。

 和田騎手は「突然の知らせでショックだったが、静かに息を引き取ったようでよかった。引退後に会いに来たときはかまれたこともあったが、もう一度なでてあげたかった」と別れを惜しんだ。

 思い出のレースとして12年の天皇賞・春を挙げ、「完成されたサラブレッドという感じで、そう感じたのは後にも先にもあのときだけだった」と振り返り、「これからは現役のぼくらが競馬界を盛り上げていきたい」と話していた。

 献花台には、全国から続々と花やオペラオーの好物だったニンジンが寄せられており、白馬牧場入口には石碑も設置される予定。26日からは東京、中山、京都、阪神の各競馬場でも献花台が設置されるほか、同日の東京、京都のメインレースは「テイエムオペラオー追悼競走」の副題を付けて実施される。

オペラオーの献花台に手を合わせる和田騎手(左)と宮内さん(右)

関連記事

十勝毎日新聞

MOMO4号機 緊急停止 打ち上げ27日以降【大樹】

 大樹町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は20日午後、浜大樹の実験場で宇宙観測ロケット「MOMO(モモ)」4号機の打ち上げを試みたが、機体に不具合が生じて直...

十勝毎日新聞

輝く花火 「列車」運行も【陸別】

 「第11回ふるさと銀河線りくべつ鉄道まつり」の花火大会(陸別町観光協会、十勝毎日新聞社主催)が20日午後8時から陸別町の緑町サッカー場で開かれ、1500発の大輪が夜空を彩った。  鉄道まつ...

十勝毎日新聞

ミニSL運行人気 「庭園鉄道」オープン【新得】

 狩勝高原園地の「庭園鉄道」が15日にオープンし、鉄道模型とミニチュアガーデンが来園者を楽しませている。  町観光協会や町などが取り組む同園地魅力発信事業の一環。延長100メートルのGゲージ...

函館新聞

湯の川で「夏詣」 にぎやかに厳かに【函館】

 函館湯の川温泉地区の夜を盛り上げる「夏詣NIGHT」(実行委主催)が20日、湯倉神社(湯川町2)と湯川寺(湯川町3)で開かれ、大勢の市民や観光客が地元の食やワークショップを楽しんだ。21日も午...

函館新聞

泳いで夏の笑顔 七重浜海水浴場海開き【北斗】

 【北斗】七重浜海水浴場(北斗市七重浜1)が20日、道南のトップを切って海開きした。開場に合わせて安全祈願祭を行い、管理運営に当たるさざなみ会の役員や市、警察、海上保安部の関係者ら約40人が開設...