北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

和田竜二騎手が献花

【新冠】西泊津の白馬牧場に設置されているGⅠ7勝馬・テイエムオペラオー(牡22歳)を追悼する献花台に24日、現役時代の全レースで手綱を取った和田竜二騎手(40)が訪れた。

 同牧場で種牡馬としてけい養されていたオペラオーは、17日に心臓まひで死亡。浦河町の杵臼牧場の生産馬で、現役時代は平成12年に天皇賞春・秋、宝塚記念、ジャパンカップ、有馬記念と古馬(4歳以上)主要GⅠを総なめにする活躍でJRA年度代表馬、引退後には顕彰馬に選出されている。

 和田騎手は当時、オペラオーが入きゅうした岩元市三きゅう舎(栗東)に所属していたこともあり、デビューから引退レースまで26戦すべてに騎乗して14勝を挙げ、初GⅠ制覇など数々の栄冠に輝いた。昨年は96勝を挙げてJRAリーディング5位になるなど、JRAを代表する騎手の一人として活躍している。

 浦河町で軽種馬牧場を経営している宮内修さんの案内で献花台を訪れた和田騎手は、岩元きゅう舎のカラーだった黄色い花を手向け、手を合わせてオペラオーの冥福を祈った。

 和田騎手は「突然の知らせでショックだったが、静かに息を引き取ったようでよかった。引退後に会いに来たときはかまれたこともあったが、もう一度なでてあげたかった」と別れを惜しんだ。

 思い出のレースとして12年の天皇賞・春を挙げ、「完成されたサラブレッドという感じで、そう感じたのは後にも先にもあのときだけだった」と振り返り、「これからは現役のぼくらが競馬界を盛り上げていきたい」と話していた。

 献花台には、全国から続々と花やオペラオーの好物だったニンジンが寄せられており、白馬牧場入口には石碑も設置される予定。26日からは東京、中山、京都、阪神の各競馬場でも献花台が設置されるほか、同日の東京、京都のメインレースは「テイエムオペラオー追悼競走」の副題を付けて実施される。

オペラオーの献花台に手を合わせる和田騎手(左)と宮内さん(右)

関連記事

日高報知新聞

信用事業の譲渡承認【新冠】

【新冠】新冠町農協(浅川豊組合長、296組合員)の第28回通常総会が19日、レ・コード館で開かれ、貯金や貸付の信用事業の全部を、来年1月12日付で北海道信連に譲渡する特別決議を承認した。任期満了に伴う役...

日高報知新聞

今日一日、最後のお願い

 第19回統一地方選挙を締めくくる16日告示の道内14町村長選挙、68町村議会議員選挙は、いよいよ明日21日に投開票が行われる。住民に一番身近な選挙とあって日増しに関心は高まっており、今日1日、立候補者は声...

十勝毎日新聞

なつよ、十勝と共に飛べ! JAL「なつぞら」特別塗装機【東京】

 日本航空(JAL)は19日、NHK連続テレビ小説「なつぞら」をデザインした特別塗装機を公開した。広瀬すずさんが演じるヒロイン(奥原なつ)の元気あふれる笑顔に、舞台となる十勝の澄んだ青空と大地の風...

十勝毎日新聞

五月人形は小さめが人気 商戦終盤【帯広】

 5月5日の「端午の節句」に向け、帯広市内の大型店では五月人形商戦が終盤を迎えている。人気は、置く場所を選ばないコンパクト商品。市内の公共施設には大正時代の人形なども展示され、雰囲気を盛り上げてい...

十勝毎日新聞

住民団体が認知症カフェ 患者や家族交流【広尾】

 認知症の人やその家族などが語り合う「かたつむりカフェ」が18日、広尾町内の看護小規模多機能型居宅介護施設「ケアハウスグランパランHIROO」(丸山通北4)で始まった。町や施設ではなく、住民団体...