北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦河港に寄港決まる【浦河】

 国内の大型客船「ぱしふぃっく びいなす」(総トン数2万6594㌧、乗客定員620人)が、来年5月に春の日本一周クルーズで浦河港に寄港することになった。大型クルーズ船の浦河寄港は平成16、17年の「飛鳥」以来14年ぶりで、地元歓迎の催しやオプションツアーで浦河や日高をアピールする予定だ。

 町は浦河港の利活用のため、本年度から新たに「クルーズ客船誘致調査事業」の取り組みを開始。様似、えりも、十勝管内広尾町と構成する四町広域宣伝協議会などとの連携で、ここ数年は関係者に広尾町の十勝港や浦河港への大型客船の誘致陳情を行ってきた。

 春の日本一周クルーズは、来年5月7日から9泊10日(神戸、横浜乗船の2コース)の日程。神戸港を出港し、横浜経由で10日朝に浦河港に寄港。反時計回りに山形県酒田、新潟県佐渡島、長崎県佐世保、大分県別府に寄り、瀬戸内海を通り神戸、横浜までぐるり1周する。

 12階建ての「ぱしふぃっく びいなす」(全長183・4㍍、乗組員220人)は、平成10年に就航。クルーズ料金が比較的手ごろに設定され、家族での参加が多いのが特徴。春の日本一周クルーズは17日から募集を始めており、料金は1人37万7千円~162万円(ベッドルーム、リビング約65平方㍍)

 浦河寄港時はちょうどサクラの花が満開になる季節。町商工観光課では「クルーズの詳しい内容をまだ聞いていないので、これから観光協会など関係者と連携して歓迎のイベントなどについて協議していく」という。

来年5月催行の春の日本一周の案内チラシ

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...