北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

浦河港に寄港決まる【浦河】

 国内の大型客船「ぱしふぃっく びいなす」(総トン数2万6594㌧、乗客定員620人)が、来年5月に春の日本一周クルーズで浦河港に寄港することになった。大型クルーズ船の浦河寄港は平成16、17年の「飛鳥」以来14年ぶりで、地元歓迎の催しやオプションツアーで浦河や日高をアピールする予定だ。

 町は浦河港の利活用のため、本年度から新たに「クルーズ客船誘致調査事業」の取り組みを開始。様似、えりも、十勝管内広尾町と構成する四町広域宣伝協議会などとの連携で、ここ数年は関係者に広尾町の十勝港や浦河港への大型客船の誘致陳情を行ってきた。

 春の日本一周クルーズは、来年5月7日から9泊10日(神戸、横浜乗船の2コース)の日程。神戸港を出港し、横浜経由で10日朝に浦河港に寄港。反時計回りに山形県酒田、新潟県佐渡島、長崎県佐世保、大分県別府に寄り、瀬戸内海を通り神戸、横浜までぐるり1周する。

 12階建ての「ぱしふぃっく びいなす」(全長183・4㍍、乗組員220人)は、平成10年に就航。クルーズ料金が比較的手ごろに設定され、家族での参加が多いのが特徴。春の日本一周クルーズは17日から募集を始めており、料金は1人37万7千円~162万円(ベッドルーム、リビング約65平方㍍)

 浦河寄港時はちょうどサクラの花が満開になる季節。町商工観光課では「クルーズの詳しい内容をまだ聞いていないので、これから観光協会など関係者と連携して歓迎のイベントなどについて協議していく」という。

来年5月催行の春の日本一周の案内チラシ

関連記事

根室新聞

北方領土の語り部育成 後継者が元島民の体験語る【根室】

 千島歯舞諸島居住者連盟根室支部(宮谷内亮一支部長)は15日、千島会館で後継者語り部育成事業を開催し、歯舞群島・勇留島2世の米屋聡さん(59)と国後島2世の野潟龍彦さん(67)が、元島民から聞いた島で...

根室新聞

室根より「おいしいこんぶ ありがとうございました」【根室】

 逆さ地名が縁で岩手県一関市室根町と交流する「根室・室根交流の会」(志和秀春会長)のもとへ、室根の保育施設から「昆布の絵手紙」が届いた。特産品交流で送っていた昆布のお礼ということで、ちぎり絵で...

根室新聞

「初年度に手応え」カキ養殖へ試験継続【根室】

 歯舞漁協の23部会でつくる歯舞水産物ブランド化推進協議会(小杉和美会長)は、トーサムポロ沼でカキ養殖に取り組んでいる。1年目の昨年は歯舞こんぶ祭りなどイベントで販売を行っており、今後も養殖試験を...

根室新聞

商店街に歓声響く「下町スライダー」大盛況【根室】

 雪で作った全長50メートルの巨大滑り台が17日、緑町商店街を歩行者天国にして設置され、迫力満点の“冬の遊び”に歓声を上げる約1,000人の親子連れでにぎわった。イベントは根室商工会議所青年部創陽クラブ(...

日高報知新聞

管内で新たに4人を認定【浦河】

 道が認定する木育を普及させる専門家「木育マイスター」の平成30年度認定証交付式が14日、浦河町常盤町の日高振興局森林室で行われ、新たに4人が認定証の交付を受けた。  木育マイスターは、森や木工...