北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

3―5月 4年連続で「暖かい春」【根室】

4年連続「暖かい春」で、千島桜も平年より早く開花し、夜桜のライトアップを楽しむ観光客(5月15日、根室公園)

 元気象庁職員で市民ボランティアとして季節観測を行っている船山岩雄さん(72)が「平成30年春の気候」をまとめた。船山さんによると、根室の春(3月―5月)の気候は「高温・並雨(少雪)・多照」で、特に3月の平均気温が0.7度で、平年より2.0度高く、歴代2位の高温となったことから「4年連続で暖かい春となった」としている。

 船山さんによると、春期間の平均気温は4.5度で、平年より1.4度高く、平成28年の4.7度に次ぐ歴代第3位(第1位は27年の5.3度)で、4年連続の「暖かい春」となった。平均気温4度以上は、統計開始以来9回目で、そのうち平成に入ってからは6回と多く、高い第1位から第6位までを占めている。

 各月とも平年を上回ったが、特に3月は平年を2.0度上回る0.7度で、歴代2位の高温となったほか、4月中旬は低気圧の通過で雪が降り、一時的に積雪を観測。5月上旬はオホーツク海高気圧の影響で旬平均気温が5.2度と平年より1.1度低く4月並の気温となり、チシマザクラの開花遅れの懸念があったが、11、12日と平年を5度も上回る6月上旬並みの暖かさに戻り、平年より5日早く、13日に七年連続となる日本一遅い開花宣言が出された。

 降水量は169.5ミリメートルで、平年より51.6ミリ少なく、28年から3年連続で「少雨」となった。低気圧や気圧の谷の影響で日降水量1ミリ以上の雨の降る日は27日で、平年より4日、昨年より9日多かったが、日降水量10ミリ以上の日は5日と少なく、そのうち20ミリ以上の大雨の日は2日と少なかった。なお、降雪量も平年より26センチ少ない38センチで、28年から4年連続で平年を下回っている。

 日照時間は573.1時間で、昨年よりも約56時間少なかったが、それでも平年より約29時間多く「多照」となった。3月上旬と5月上旬は低気圧や気圧の谷の影響で「寡照」となったが、道内の気象官署22カ所(元を含む)の中で、帯広の618.8時間に次いで2番目に多かった。

関連記事

根室新聞

飲むのが楽しみ 北の勝「搾りたて」発売【根室】

 管内唯一の地酒「北の勝」の醸造元・碓氷勝三郎商店(碓氷ミナ子店主)は23日、「北の勝 搾りたて」を発売した。市内酒店やスーパーなどでは、人気の限定酒を手に入れようと長蛇の列ができた。このうち市...

根室新聞

日ロ首脳、交渉さらに前進で一致 元島民は「具体的成果を」【根室】

 安倍晋三首相は22日、モスクワでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行った。平和条約交渉締結に向け、2月の開催が予定されているミュンヘン安保会議の際に外相間で次回交渉を行うとともに、首脳特別代表間...

日高報知新聞

地酒の名称「海桜丸」に【新ひだか】

【新ひだか】新ひだか町地酒づくり協議会(会長・佐藤雅裕新ひだか観光協会長)は、7日まで募集していた静内産酒米を使った地酒の名称が「海桜丸」に決まったと発表した。  静内産米は、農産物の地産池消の...

日高報知新聞

全線復旧変えていない【浦河】

 浦河町議会は22日、町議会臨時会後に全員協議会を開き、丸4年以上運休が続くJR日高線問題について協議し、町長や各議員が意見を述べた。  12月25日の町長会議で、浦河町の池田拓町長以外の管内6町が、...

苫小牧民報

仮設店舗、被災3町で着工 計10店が入居予定、3月オープンへ

 厚真、安平、むかわ3町で、胆振東部地震で被災した小売店や飲食店などの仮設店舗の建設が始まった。3町で計10店が入居する予定で、2月末に完成、3月にオープンする。店が壊れて休業などを余儀なくされ...