北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

3―5月 4年連続で「暖かい春」【根室】

4年連続「暖かい春」で、千島桜も平年より早く開花し、夜桜のライトアップを楽しむ観光客(5月15日、根室公園)

 元気象庁職員で市民ボランティアとして季節観測を行っている船山岩雄さん(72)が「平成30年春の気候」をまとめた。船山さんによると、根室の春(3月―5月)の気候は「高温・並雨(少雪)・多照」で、特に3月の平均気温が0.7度で、平年より2.0度高く、歴代2位の高温となったことから「4年連続で暖かい春となった」としている。

 船山さんによると、春期間の平均気温は4.5度で、平年より1.4度高く、平成28年の4.7度に次ぐ歴代第3位(第1位は27年の5.3度)で、4年連続の「暖かい春」となった。平均気温4度以上は、統計開始以来9回目で、そのうち平成に入ってからは6回と多く、高い第1位から第6位までを占めている。

 各月とも平年を上回ったが、特に3月は平年を2.0度上回る0.7度で、歴代2位の高温となったほか、4月中旬は低気圧の通過で雪が降り、一時的に積雪を観測。5月上旬はオホーツク海高気圧の影響で旬平均気温が5.2度と平年より1.1度低く4月並の気温となり、チシマザクラの開花遅れの懸念があったが、11、12日と平年を5度も上回る6月上旬並みの暖かさに戻り、平年より5日早く、13日に七年連続となる日本一遅い開花宣言が出された。

 降水量は169.5ミリメートルで、平年より51.6ミリ少なく、28年から3年連続で「少雨」となった。低気圧や気圧の谷の影響で日降水量1ミリ以上の雨の降る日は27日で、平年より4日、昨年より9日多かったが、日降水量10ミリ以上の日は5日と少なく、そのうち20ミリ以上の大雨の日は2日と少なかった。なお、降雪量も平年より26センチ少ない38センチで、28年から4年連続で平年を下回っている。

 日照時間は573.1時間で、昨年よりも約56時間少なかったが、それでも平年より約29時間多く「多照」となった。3月上旬と5月上旬は低気圧や気圧の谷の影響で「寡照」となったが、道内の気象官署22カ所(元を含む)の中で、帯広の618.8時間に次いで2番目に多かった。

関連記事

日高報知新聞

日高の馬の歴史・文化学ぶ【浦河】

 日高振興局主催の「馬文化出前教室」が18日、浦河町荻伏小(金澤覚校長、児童65人)で開かれ、4年生8人が日高の馬の歴史や産業について学んだ。  馬文化出前教室は、馬産地・日高の未来を担う管内の...

日高報知新聞

えりも中1年が植樹体験【えりも】

【えりも】えりも中(玉手広昭校長)の1年生46人が17日、えりも高(佐藤健校長)との連携型中高一貫の環境教育「百人浜に学ぶ」フィールド学習で、えりも岬百人浜の国有林に6種類の落葉広葉樹の苗木100...

苫小牧民報

ガイラルディア6連覇、悲願の日本一へ弾み 女子軟式野球・春季全道大会

 女子軟式野球チームの苫小牧ガイラルディアがこのほど、札幌市で開催された太陽グループ旗争奪第21回春季北海道女子軟式野球大会で優勝し、全道大会6連覇の偉業を達成した。8月の全国大会へ向け、大きな...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

室蘭民報

岩手で制作された般若面が白老で発見、登別で展示中【登別】

 のぼりべつ文化交流館カント・レラ(登別市登別温泉町)で23日まで行われている造形のつどい展に、一風変わった作品が並んでいる。金剛力士像をほうふつさせるような、勇猛さがひしひしと伝わる木彫りの面...