北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

3―5月 4年連続で「暖かい春」【根室】

4年連続「暖かい春」で、千島桜も平年より早く開花し、夜桜のライトアップを楽しむ観光客(5月15日、根室公園)

 元気象庁職員で市民ボランティアとして季節観測を行っている船山岩雄さん(72)が「平成30年春の気候」をまとめた。船山さんによると、根室の春(3月―5月)の気候は「高温・並雨(少雪)・多照」で、特に3月の平均気温が0.7度で、平年より2.0度高く、歴代2位の高温となったことから「4年連続で暖かい春となった」としている。

 船山さんによると、春期間の平均気温は4.5度で、平年より1.4度高く、平成28年の4.7度に次ぐ歴代第3位(第1位は27年の5.3度)で、4年連続の「暖かい春」となった。平均気温4度以上は、統計開始以来9回目で、そのうち平成に入ってからは6回と多く、高い第1位から第6位までを占めている。

 各月とも平年を上回ったが、特に3月は平年を2.0度上回る0.7度で、歴代2位の高温となったほか、4月中旬は低気圧の通過で雪が降り、一時的に積雪を観測。5月上旬はオホーツク海高気圧の影響で旬平均気温が5.2度と平年より1.1度低く4月並の気温となり、チシマザクラの開花遅れの懸念があったが、11、12日と平年を5度も上回る6月上旬並みの暖かさに戻り、平年より5日早く、13日に七年連続となる日本一遅い開花宣言が出された。

 降水量は169.5ミリメートルで、平年より51.6ミリ少なく、28年から3年連続で「少雨」となった。低気圧や気圧の谷の影響で日降水量1ミリ以上の雨の降る日は27日で、平年より4日、昨年より9日多かったが、日降水量10ミリ以上の日は5日と少なく、そのうち20ミリ以上の大雨の日は2日と少なかった。なお、降雪量も平年より26センチ少ない38センチで、28年から4年連続で平年を下回っている。

 日照時間は573.1時間で、昨年よりも約56時間少なかったが、それでも平年より約29時間多く「多照」となった。3月上旬と5月上旬は低気圧や気圧の谷の影響で「寡照」となったが、道内の気象官署22カ所(元を含む)の中で、帯広の618.8時間に次いで2番目に多かった。

関連記事

日高報知新聞

静内農高 最優秀賞など上位に【新ひだか】

【新ひだか】日本学校農業クラブ北海道連盟など主催の「全道技術競技大会」が7、8の両日、帯広農業高と道立総合研究機構畜産試験場=十勝管内新得町=で開かれ、静内農業高(大関俊郎校長)から最優秀賞を含む...

日高報知新聞

野球日本代表監督 稲葉さんも指導【新ひだか】

【新ひだか】プロ野球の北海道日本ハムファイターズ主催の「キッズサマーキャンプ」が17~19の3日間、三石緑ヶ丘公園球場で行われている。管内外から31人の小学6年生が参加し、稲葉篤紀スポーツ・コミュニティ...

名寄新聞

自転車でゆかりの地巡る・「松浦武四郎RIDE」【名寄】

 なよろ観光まちづくり協会(吉田肇会長)主催の初の自転車イベント「松浦武四郎RIDE」が19日に駅前交流プラザ「よろーな」を発着地点に開かれた。参加者は、北海道命名者の武四郎に縁のある地域を自転...

名寄新聞

道内外から高校生185人参加・市立大オープンキャンパス【名寄】

 名寄市立大学(佐古和廣学長)の「オープンキャンパス2018」が18日に同学で行われた。参加した高校生たちは、ガイダンスや模擬授業、現役学生との交流を通して、同学へ親しみを深めた。  オープン...

名寄新聞

白樺樹液ビールお披露目・クラフトビアフェス盛況【美深】

 「美深クラフトビアフェス2018」が18日に大通北4赤れんが倉庫で開かれ、来場者がジャズの生演奏を聴きながらクラフトビールや豊富なフードメニューを味わう至福のひとときを満喫。さらに、美深産白樺...