北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

菅野氏の志受け継ぐ 没後100年で慰霊式【新得】

菅野氏の冥福を祈った出席者。前列中央右が浜田町長、同左は林会長・主筆

 大正時代に北海道開発に力を尽くした元道議会議員の菅野光民氏(享年41)が新得町内でクマに襲われ非業の死を遂げてから、9日で100年。これに先立ち、8日午前9時から、町内の殉難之碑(トムラウシニペソツ)前で慰霊式が営まれた。町や町議会、十勝毎日新聞社の関係者、地域住民らが黙とうし、冥福を祈った。

 菅野氏は岡山県出身。小樽新聞帯広支局長から1913年に道議会議員初当選。15年には十勝日日新聞社を創設した。18年、北海道の開発上不可欠な事業として、十勝川上流未開発地域の資源探査のために訪れたトムラウシ山中で、手負いのクマに襲われ亡くなった。同社理事で友人でもあった林豊洲氏は、菅野氏の遺志を継ぎ、翌年に十勝毎日新聞を創刊した。

 慰霊式には浜田正利町長と菊地康雄町議会議長、豊洲氏の孫で十勝毎日新聞社の林光繁会長・主筆ら30人が出席。浜田町長は式辞で「菅野氏の志を受け継ぎながら、故郷新得が今まで以上に住みやすくなるよう情熱を結集する」と述べた。

 林会長・主筆は、十勝毎日新聞社も来年9月27日に100年を迎えることに触れ、「菅野氏が作った新聞社が礎になっている」と改めて強調。「十勝を開発する困難さや、住民の豊かさのために勇気を持って挑戦していく姿が、この日にあったことを心に刻む。私たち十勝の住民、そして十勝毎日新聞社は、地域の発展と住民の豊かさ追求のために、全力を尽くしていくことを誓う」とあいさつした。出席者は、道道忠別清水線沿いに立つ殉難之碑に献花した。

関連記事

苫小牧民報

北電苫東厚真4号機、月内に再稼働へ 道内の安定電力供給にめど

 北海道電力は24日、胆振東部地震の影響で停止していた苫東厚真火力発電所(厚真町)の4号機(出力70万キロワット)について、月内に再稼働できる見通しになったと発表した。点検の結果、タービンの損傷...

十勝毎日新聞

華やかに練り歩き 帯廣神社秋季例大祭【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭は24日に本祭を迎えた。氏子ら約70人がみこし1基、山車4台と帯広市内を練り歩く渡御を、沿道の市民が見守った。  本祭は午前8時半から御社殿で始まり、約4...

十勝毎日新聞

交通事故根絶へ 願い込めたヒマワリ満開【新得】

 交通事故根絶の願いが込められたヒマワリが、新得小学校、新得幼稚園、新得保育所の花壇で花を咲かせている。ヒマワリを事故防止のシンボルにする「ひまわりの絆プロジェクト」に賛同し、春から大切に育てた...

十勝毎日新聞

鳥のアクセサリー 田中さん作品展示【帯広】

 帯広市の田中輝顕さん(77)の作品展「ラブバードテルアキ展」が、市内の北海道ホテル(西7南19)で開かれている。11月25日まで。  田中さんは半世紀以上にわたり、野鳥の木製アクセサリー制作...

函館新聞

Dプリンセスの「函館愛」 復興応援の横断幕を市に寄贈へ

 19日に函館港に入港したプリンセス・クルーズ社(米)の豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5906トン)で、船体に「北海道の復興を応援しています We are with you、Hokk...