北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

菅野氏の志受け継ぐ 没後100年で慰霊式【新得】

菅野氏の冥福を祈った出席者。前列中央右が浜田町長、同左は林会長・主筆

 大正時代に北海道開発に力を尽くした元道議会議員の菅野光民氏(享年41)が新得町内でクマに襲われ非業の死を遂げてから、9日で100年。これに先立ち、8日午前9時から、町内の殉難之碑(トムラウシニペソツ)前で慰霊式が営まれた。町や町議会、十勝毎日新聞社の関係者、地域住民らが黙とうし、冥福を祈った。

 菅野氏は岡山県出身。小樽新聞帯広支局長から1913年に道議会議員初当選。15年には十勝日日新聞社を創設した。18年、北海道の開発上不可欠な事業として、十勝川上流未開発地域の資源探査のために訪れたトムラウシ山中で、手負いのクマに襲われ亡くなった。同社理事で友人でもあった林豊洲氏は、菅野氏の遺志を継ぎ、翌年に十勝毎日新聞を創刊した。

 慰霊式には浜田正利町長と菊地康雄町議会議長、豊洲氏の孫で十勝毎日新聞社の林光繁会長・主筆ら30人が出席。浜田町長は式辞で「菅野氏の志を受け継ぎながら、故郷新得が今まで以上に住みやすくなるよう情熱を結集する」と述べた。

 林会長・主筆は、十勝毎日新聞社も来年9月27日に100年を迎えることに触れ、「菅野氏が作った新聞社が礎になっている」と改めて強調。「十勝を開発する困難さや、住民の豊かさのために勇気を持って挑戦していく姿が、この日にあったことを心に刻む。私たち十勝の住民、そして十勝毎日新聞社は、地域の発展と住民の豊かさ追求のために、全力を尽くしていくことを誓う」とあいさつした。出席者は、道道忠別清水線沿いに立つ殉難之碑に献花した。

関連記事

根室新聞

エビかご漁 湾中地区も初出荷【根室】

 根室沿岸での「ホッカイエビかご漁」(シマエビ)で湾中地区での操業が20日に解禁となり、22日に根室市場に約18トンの煮エビが初出荷された。セリではLサイズの高値がキロ当たり5,238円と前年を128パーセ...

根室新聞

7月12日 今年も緑町中央通りで盆踊り大会【根室】

 根室盆踊り大会の日程が、7月19日に決まった。今年も緑町中央通り1、2丁目を会場に子供仮装や大人素踊りを展開し、子供参加者へのお菓子配布や恒例の大抽選会で夏の夜を盛り上げる。子供仮装への申し込みは7月1...

根室新聞

市議会 定例月議会が終了 水道料金値上げ可決【根室】

 6月定例月市議会は22日、本会議を開き、議案10件を可決、意見書案12件を可決採択した。平均148パーセント、38年ぶりの水道料金値上げとなる市水道事業給水条例の一部改正案は、低所得者対策の付帯決議を付けて...

苫小牧民報

卵、乳製品使わない体に優しいケーキ考案 アレルギー持つ人注目-千歳の洋菓..

 千歳市長都駅前4に卵や乳製品を使わない洋菓子店がある。名前は「Porin(ポリン)」。お豆のモンブランや豆腐のチョコレートムースなど、体に優しい創作ケーキなどが並ぶ。アレルギーを持つ人などの間...

日高報知新聞

林業やイチゴハウスで【浦河】

 浦河高校(吉瀬献策校長、生徒389人)の2年生130人のインターンシップ(職業体験学習)が20~22の3日間、浦河、様似、新ひだか3町の56事業所で行われた。  働くことの意義、社会人として必要なマ...