北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

菅野氏の志受け継ぐ 没後100年で慰霊式【新得】

菅野氏の冥福を祈った出席者。前列中央右が浜田町長、同左は林会長・主筆

 大正時代に北海道開発に力を尽くした元道議会議員の菅野光民氏(享年41)が新得町内でクマに襲われ非業の死を遂げてから、9日で100年。これに先立ち、8日午前9時から、町内の殉難之碑(トムラウシニペソツ)前で慰霊式が営まれた。町や町議会、十勝毎日新聞社の関係者、地域住民らが黙とうし、冥福を祈った。

 菅野氏は岡山県出身。小樽新聞帯広支局長から1913年に道議会議員初当選。15年には十勝日日新聞社を創設した。18年、北海道の開発上不可欠な事業として、十勝川上流未開発地域の資源探査のために訪れたトムラウシ山中で、手負いのクマに襲われ亡くなった。同社理事で友人でもあった林豊洲氏は、菅野氏の遺志を継ぎ、翌年に十勝毎日新聞を創刊した。

 慰霊式には浜田正利町長と菊地康雄町議会議長、豊洲氏の孫で十勝毎日新聞社の林光繁会長・主筆ら30人が出席。浜田町長は式辞で「菅野氏の志を受け継ぎながら、故郷新得が今まで以上に住みやすくなるよう情熱を結集する」と述べた。

 林会長・主筆は、十勝毎日新聞社も来年9月27日に100年を迎えることに触れ、「菅野氏が作った新聞社が礎になっている」と改めて強調。「十勝を開発する困難さや、住民の豊かさのために勇気を持って挑戦していく姿が、この日にあったことを心に刻む。私たち十勝の住民、そして十勝毎日新聞社は、地域の発展と住民の豊かさ追求のために、全力を尽くしていくことを誓う」とあいさつした。出席者は、道道忠別清水線沿いに立つ殉難之碑に献花した。

関連記事

日高報知新聞

定数を2人オーバーか【えりも】

【えりも】町選挙管理委員会(山中智彰委員長)は20日、町役場で4月16日告示、同21日投開票の町議会議員選挙立候補予定者説明会を開き、現職本人と後援会関係者、新人立候補予定者など21人が出席した。  ...

日高報知新聞

新たに3事業所8商品【新ひだか】

【新ひだか】町内で生産される優れた産品を推奨品として認証する「新ひだか推奨品認証制度」の認証書交付式が19日、JR静内駅併設の町観光情報センターで開かれ、3事業所8商品を新たに認証したほか、平成28年...

十勝毎日新聞

感謝の思い胸に 小学校卒業式【帯広】

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

十勝毎日新聞

イチロー引退 ねぎらう声 用具で縁、交流も【十勝】

 21日に現役引退を表明した米大リーグ・マリナーズのイチロー選手は、キャンプ地での交流やバット用の木材提供などを通じて十勝とも縁があった。数々の記録を打ち立てた偉大な選手の引退に、管内の関係者はね...

十勝毎日新聞

タイムカプセル 15年後に開封へ 西上音更小閉校【士幌】

 JA士幌町西上事業所集落センターで19日、西上音更小学校(川上裕明校長、児童11人)閉校事業実行委による「タイムカプセル保管式」が行われ、児童や地域住民らが参加した。  実行委事業部長の曽...