北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

菅野氏の志受け継ぐ 没後100年で慰霊式【新得】

菅野氏の冥福を祈った出席者。前列中央右が浜田町長、同左は林会長・主筆

 大正時代に北海道開発に力を尽くした元道議会議員の菅野光民氏(享年41)が新得町内でクマに襲われ非業の死を遂げてから、9日で100年。これに先立ち、8日午前9時から、町内の殉難之碑(トムラウシニペソツ)前で慰霊式が営まれた。町や町議会、十勝毎日新聞社の関係者、地域住民らが黙とうし、冥福を祈った。

 菅野氏は岡山県出身。小樽新聞帯広支局長から1913年に道議会議員初当選。15年には十勝日日新聞社を創設した。18年、北海道の開発上不可欠な事業として、十勝川上流未開発地域の資源探査のために訪れたトムラウシ山中で、手負いのクマに襲われ亡くなった。同社理事で友人でもあった林豊洲氏は、菅野氏の遺志を継ぎ、翌年に十勝毎日新聞を創刊した。

 慰霊式には浜田正利町長と菊地康雄町議会議長、豊洲氏の孫で十勝毎日新聞社の林光繁会長・主筆ら30人が出席。浜田町長は式辞で「菅野氏の志を受け継ぎながら、故郷新得が今まで以上に住みやすくなるよう情熱を結集する」と述べた。

 林会長・主筆は、十勝毎日新聞社も来年9月27日に100年を迎えることに触れ、「菅野氏が作った新聞社が礎になっている」と改めて強調。「十勝を開発する困難さや、住民の豊かさのために勇気を持って挑戦していく姿が、この日にあったことを心に刻む。私たち十勝の住民、そして十勝毎日新聞社は、地域の発展と住民の豊かさ追求のために、全力を尽くしていくことを誓う」とあいさつした。出席者は、道道忠別清水線沿いに立つ殉難之碑に献花した。

関連記事

日高報知新聞

中学校の学習へ関心【新冠】

【新冠】中学校教員が小学校で授業を行う「乗り入れ授業」がこのほど、新冠小で初めて行われ、6年生50人が中学校における学習への興味・関心を高めた。  乗り入れ授業は、小中連携強化・一貫教育をはじめ、...

日高報知新聞

イナキビをブランド化へ【新ひだか】

【新ひだか】青年農業者による「日高管内農業研究大会」が10日、町公民館で開かれ、プロジェクト部門で発表を行い、平取町4Hクラブ会員でトマト・水稲農家の笹山啓太さん(25)=平取町荷菜=に優秀賞が贈られ...

名寄新聞

冬季ジャンプ国内開幕【名寄】

 全日本スキー連盟A級公認の第49回名寄ピヤシリジャンプ大会が15日、第34回吉田杯ジャンプ大会が16日に名寄ピヤシリシャンツェノーマルヒル(HS100メートル、K点90メートル)で開かれた。ピヤシリ大会で...

苫小牧民報

王子、全日本アイスホッケーで優勝 日光下し2年ぶり37回目

 国内最高峰のタイトルを懸けた第86回全日本アイスホッケー選手権大会の最終日は16日、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで決勝を行った。苫小牧の王子イーグルスが4―2で栃木日光アイスバックス...

苫小牧民報

歳末に大浴場大掃除 登別の第一滝本館

 今年創業160周年を迎えた、登別温泉の老舗第一滝本館=登別市登別温泉町=で17日、歳末恒例の大浴場大掃除が行われた。社員約20人がデッキブラシで浴室の床を丹念に磨き上げた。  1年間使用した...