北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

「路面電車の日」まちセンで展示 10日まで【函館】

函館市電の歴史や整備風景などを紹介している展示

 函館市地域交流まちづくりセンターで8日、「第12回路面電車まつり」が始まった。「路面電車の日」(10日)に合わせたイベントで、函館市電の歴史をパネルやビデオで振り返ることができる。10日まで。

 「函館チンチン電車を走らせよう会」発足30周年と「函館市電の熟練工の技を伝える会」発足12周年を記念し、1936(昭和11)年まで客車として親しまれ、翌年からは除雪作業車両として活躍していた「箱館ハイカラ號」復刻に向けた活動風景や運行再開の様子などを約30枚のパネルで紹介しているほか、車両の整備風景をビデオや写真で公開している。

 イラストレーター奥村茂樹さんが万年筆で描いた市電のポストカードなどが並ぶギャラリースペースもあり、奥村さんは「自然物は描かず、建物と市電だけを黒のボールペンで描いた。白と黒のコントラストは線がきれいに表現できるのでこだわっている」と紹介する。

 神奈川県小田原市から観光で来ていた矢根五三美さん(61)は「小田原市も昔は市電が走っていたけど、函館の路面電車と町並みはロマンにあふれていて気に入っている」と笑顔で展示に見入っていた。

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...