北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

災害支援広がり33万円寄付【新ひだか】

【新ひだか】町サポート大使でシンガーソングライターの阿部卓馬さん(40)が7日、2月の大雪農業被害に対する災害復旧支援資金として、町に32万9632円を寄付した。寄付金はチャリティーライブなどで集めたもので、「僕の活動を通じて支援の輪が広がっていったことがうれしい。協力してくれた方々を誇りに思う」と話している。

 阿部さんはしずない農協公認ソング「太陽の瞳」などをリリースするとともに、静内東別の神垣農園で働く〝二刀流シンガーソングライター〟だ。

 大雪で神垣農園や周辺の農家でビニールハウスが倒壊する大きな被害を受けたことから、復旧支援のためのチャリティーライブを企画した。

 3月17日の新ひだか町を皮切りに、4月21日に浦河町、5月26日にえりも町でライブを行い、復興応援ソングとして新たに制作した「今日を生きる」も披露。入場料を寄付金に当てたほか、会場に募金箱を設置して来場者に協力を呼び掛けた。

 さらに、新ひだか建設協会の交流会でチャリティーミニライブや個別に募金の申し出もあったほか、町が募集していたふるさと納税での寄付を阿部さんを通じて知り、寄付をしたという本州方面のファンもいた。

 阿部さんはチャリティーライブについて「純粋に音楽を応援してくれる人も多かったが、チャリティーという形をとったことで新たに興味を持ってもらい、支援してくれる人が増えてきた」と振り返り、自ら作詞作曲した「今日をいきる」について「復興支援ソングではあるが、そうではない人も気に入ってくれて『勇気づけられる』と言っていただけた」と反響があったという。

 寄付金の贈呈式は役場静内庁舎で行われ、阿部さんから大野克之町長へ目録が手渡された。大野町長は「いろいろなところで活動していただいていてありがたい。寄付金は大事に使わせていただきます」と感謝。

大野町長(右)へ目録を手渡す阿部さん(左)

 阿部さんは募金活動に協力してもらった人に対して「新ひだか町サポート大使として感謝申し上げるとともに、今後もチャリティーを続けていきたい」と話していた。

 また、阿部さんと親交のあるえりも町庶野の漁師、東敏克さんが中心となって集め、神垣農園の神垣進さんが預かっていた6万7017円も併せて町に寄付した。

 阿部さんは24日に札幌市内で行われる新ひだか町雪害支援チャリティーイベントにも出演する。

関連記事

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...

室蘭民報

ジャパネットの初クルーズで3200人が寄港【室蘭】

 イタリア船社が運航する大型客船MSCスプレンディダ(13万7936トン)が23日、室蘭港に寄港し、午後5時に出港した。テレビショッピングのジャパネットホールディングス初のチャータークルーズで...

室蘭民報

特定空き家の解体開始、市が管理人制度で初【室蘭】

 室蘭市は23日、屋根が劣化した危険な状態で放置されている「特定空き家」1棟の解体作業を始めた。民法に規定されている「不在者財産管理人制度」による対応。空き家対策で同制度に基づく解体は市内で初...