北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

災害支援広がり33万円寄付【新ひだか】

【新ひだか】町サポート大使でシンガーソングライターの阿部卓馬さん(40)が7日、2月の大雪農業被害に対する災害復旧支援資金として、町に32万9632円を寄付した。寄付金はチャリティーライブなどで集めたもので、「僕の活動を通じて支援の輪が広がっていったことがうれしい。協力してくれた方々を誇りに思う」と話している。

 阿部さんはしずない農協公認ソング「太陽の瞳」などをリリースするとともに、静内東別の神垣農園で働く〝二刀流シンガーソングライター〟だ。

 大雪で神垣農園や周辺の農家でビニールハウスが倒壊する大きな被害を受けたことから、復旧支援のためのチャリティーライブを企画した。

 3月17日の新ひだか町を皮切りに、4月21日に浦河町、5月26日にえりも町でライブを行い、復興応援ソングとして新たに制作した「今日を生きる」も披露。入場料を寄付金に当てたほか、会場に募金箱を設置して来場者に協力を呼び掛けた。

 さらに、新ひだか建設協会の交流会でチャリティーミニライブや個別に募金の申し出もあったほか、町が募集していたふるさと納税での寄付を阿部さんを通じて知り、寄付をしたという本州方面のファンもいた。

 阿部さんはチャリティーライブについて「純粋に音楽を応援してくれる人も多かったが、チャリティーという形をとったことで新たに興味を持ってもらい、支援してくれる人が増えてきた」と振り返り、自ら作詞作曲した「今日をいきる」について「復興支援ソングではあるが、そうではない人も気に入ってくれて『勇気づけられる』と言っていただけた」と反響があったという。

 寄付金の贈呈式は役場静内庁舎で行われ、阿部さんから大野克之町長へ目録が手渡された。大野町長は「いろいろなところで活動していただいていてありがたい。寄付金は大事に使わせていただきます」と感謝。

大野町長(右)へ目録を手渡す阿部さん(左)

 阿部さんは募金活動に協力してもらった人に対して「新ひだか町サポート大使として感謝申し上げるとともに、今後もチャリティーを続けていきたい」と話していた。

 また、阿部さんと親交のあるえりも町庶野の漁師、東敏克さんが中心となって集め、神垣農園の神垣進さんが預かっていた6万7017円も併せて町に寄付した。

 阿部さんは24日に札幌市内で行われる新ひだか町雪害支援チャリティーイベントにも出演する。

関連記事

室蘭民報

地元食べ歩き「最高」―伊達バル街17店にぎわう【伊達】

 伊達市内の飲食店をスペインの立ち飲み居酒屋・バルのように食べ飲み歩くイベント「伊達バル街」が21日開かれ、大勢の市民が各店自慢の料理とお酒を心ゆくまで楽しんだ。  飲食店などでつくる実行委...

室蘭民報

登別カントリー倶楽部のカートにiPadナビを導入【登別】

 ゴルフリゾート施設・登別カントリー倶楽部(登別市上登別町、東勝彦支配人)は、2人乗りカート80台に、タブレット端末・ipadを導入した。ナビゲーション機能を搭載しており、コース情報やピンまで...

室蘭民報

喜ばれるコースに、室蘭GC支配人に伴さんが就任【室蘭】

 室蘭ゴルフ倶楽部(GC、崎守町)の支配人に、伴くみこさん(42)が就任する。メンバーに喜んでもらえるゴルフ場を目指しながら、室蘭の新たな観光拠点として道内外から広く利用者を集めたい考えだ。 ...

室蘭民報

絵鞆と崎守の2港に「型良し」噴火湾毛ガニ初水揚げ【室蘭】

 噴火湾海域の毛ガニかご試験操業が20日解禁となり、室蘭漁協に所属する4隻は22日朝、絵鞆と崎守の2港に初水揚げした。初日の漁獲高は前年を50キロ下回り、漁業関係者からはため息が漏れる。  ...

函館新聞

ダニ媒介脳炎の闘病語る 感染症研究者ら北斗の佐藤さん宅訪問【北斗】

 【北斗】ダニを媒介した感染症の研究者や医療、行政関係者ら約60人が16日、国内最初のロシア春夏脳炎(ダニ媒介脳炎)に発症した佐藤厚子さん(61)宅=北斗市三ツ石=を訪問し、闘病体験を聴いた...