北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

拳銃世界一含め陸自11普連勢大活躍 豪州・国際射撃競技会

左から拳銃射撃で世界一の角谷、杉山、渡邉、清水各3曹

 オーストラリアで4、5両月に行われた国際射撃競技会で、陸上自衛隊第7師団指揮下の第11普通科連隊(東千歳駐屯地、以下11連)の隊員が日本代表として活躍した。中でも角谷俊3等陸曹(27)は、国際マッチ部門拳銃各個射撃応用で1位、同応用射撃で2位に輝き、7師団で過去最高の成績。8日に出迎え行事が開かれ、角谷3曹は「(連隊内で)射撃技術を普及したい」と意欲を見せた。

 競技会はオーストラリア軍が主催する、拳銃や小銃、機関銃の射撃競技会「AASAM」。今年で30回目を迎える歴史ある大会で、各国の友好関係構築や射撃能力の向上などにつなげており、陸自も2012年から参加している。今年は4月26日から5月10日まで、陸自や豪州をはじめ、アメリカ、韓国、イギリスなど18カ国が参加した。

 競技は、小銃・機関銃・拳銃の射撃などを総合得点で競う国際マッチ部門が各国10人ずつ、16科目に及ぶ狙撃銃部門が各国2人ずつ、それぞれ参加して行った。個人で点数や順位を決めた上、その結果が団体成績に反映されるもので、陸自の「日本代表」は国際マッチ部門が3位、狙撃銃部門が1位だった。

 このうち11連からは、国際マッチ部門に角谷3曹、杉山和樹3曹(25)が参加した。角谷3曹は5~25メートル先の的を拳銃で打つ各個射撃応用で、360点満点中358点をたたき出して世界一に輝き、拳銃の応用射撃でも2位と活躍。杉山3曹も拳銃応用射撃で14位と上位に入った。

 「日本代表」は陸自全体の中でメンバーが選抜される狭き門。昨年9月に7師団内で代表を選んだ上、同10月に北部方面隊が「北海道代表」の11人を選考。さらに昨年12月から今年4月にわたり、富士学校(静岡県)で12人の日本代表を絞った上、約1カ月の「合宿」を組んで競技会に挑んだ。7師団から日本代表を出すのは3回目で、世界一は初めての快挙だ。

 角谷3曹は「まさか1位とは思わなかったのでうれしかった」と率直に喜ぶ。競技会前は毎日射撃漬けで「自主トレもした」と振り返り、競技会当日の様子を「結果よりも射撃を楽しんでやった」と話す。陸自は技術の普及などを目的に、同競技会は1人1回までの参加としているため、来年度は指導者として携わる予定だ。

 11連からはこの他、前年度の同競技会で機関銃射撃4位だった清水優作3曹(24)が指導者の立場で携わった。渡邉光博3曹(30)も最終選考まで残り、代表入りこそならなかったが、予備隊員としてバックアップ。隊員4人が日本代表の中で大きな役割を担った。

 8日に4人が東千歳駐屯地に帰還し、11連が出迎え行事を開いた。隊員約350人が盛大に出迎え、宮内雅也連隊長が「引き続き活躍を期待する」と激励。4人はそれぞれスピーチし、杉山3曹が「世界で11連の強さを見せつけた」と堂々と語り、連隊は歓喜に包まれた。

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...