北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

港の文学館が「30歳」、足跡振り返り節目祝う【室蘭】

文学・文化の拠点として一層の発展を願った室蘭市港の文学館の開館30周年記念祝賀会

 室蘭市海岸町の港の文学館(横田挺一館長)の開館30周年記念祝賀会が9日夜、中央町の室蘭プリンスホテルで開かれた。出席した関係者84人は節目を祝い、文学・文化の拠点として一層の発展を願っていた。

 同館を運営する市民ボランティア団体・室蘭文学館の会(横田挺一会長)の会員や文芸団体代表者、行政関係者、室蘭出身の芥川賞作家・三浦清宏氏らが出席。

 初めに青山剛市長、金浜元一市議会議長、滝口信喜道議が祝辞を述べ、「市民ボランティアでつくり上げた30年ですね」と長い道のりや苦労をねぎらった。

 青山市長から感謝状を手渡された横田会長は謝辞を述べ、「今後も全国に発信する室蘭の文学館の会による、来館者のための港の文学館づくりに励みます」とさらなる意欲を述べた。

 千葉英也道議の乾杯のあいさつで祝宴に入った。文学館の歩みを振り返るスライド上映や歌とピアノのミニライブコンサートが繰り広げられた。三浦氏もスピーチを行い、会場は和やかな雰囲気に包まれていた。

室蘭出身・芥川賞作家の三浦清宏氏が講演

「室蘭への遺言」と題して講演する室蘭出身の芥川賞作家・三浦氏と聴講するファンら

「室蘭への遺言」と題して講演する室蘭出身の芥川賞作家・三浦氏と聴講するファンら 室蘭出身の芥川賞作家、三浦清宏氏(87)=静岡県熱海市在住=の講演会「室蘭への遺言」が9日、室蘭市海岸町の港の文学館(横田挺一館長)で開かれた。「長い間生きてきた中での自分の考えを伝えたい」とし、時間と心の関係性など、精神世界について語った。

 同館の創立30周年記念企画展「三浦清宏『海洞』の世界展」に合わせ招かれた。来蘭は昨年6月以来。

 三浦氏は「時間の持つ力」として「例えば愛する人を失って悲観に暮れるとき、心の立ち直りには時間が必要。苦しみはだんだん和らぎ、前に踏み出そうという勇気が出てくる」と述べ、自身の健康づくりに取り入れている呼吸法や瞑想(めいそう)について語り「自分と向き合い、見直す機会になる。忘れていた大切なことを思い出す」と持論を展開した。

 訪れた三浦文学ファンら70人は熱心に聴講し「時間を上手に使って、有意義に過ごしたい」などと感想を述べていた。終了後は持参した三浦氏の著書にサインをもらうなどしていた。

関連記事

根室新聞

「日本一遅く咲く桜並木」歯舞でチシマザクラ見頃【根室】

 歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)の「日本一遅く咲く桜並木の整備」事業で、同組合の背後地に植樹したチシマザクラが開花した。  チシマザクラの植樹は、地区のマリンビ...

根室新聞

ヒグマ目撃多発「山菜採りなど十分注意を」【根室】

 4月以降、ヒグマの目撃情報が相次いでいる。30年度は過去10年で最多の44件の目撃情報が寄せられたが、今年は25日までに11件と、すでに昨年同期を4件上回っている。幸い市内ではヒグマによる人身被...

苫小牧民報

若手声優が地元愛発揮 千歳出身・花井美春さんパーソナリティー-STVラジオ

 千歳市出身の声優、花井美春さん(21)が、STVラジオで放送中のラジオ番組「なまらぶ?」(毎週月曜午前3時から30分間)でパーソナリティーを務めている。本道出身の若手声優が、地元愛を発揮しながら...

苫小牧民報

元気の秘訣はウド作り 穂別の86歳の山下さん-むかわ

 むかわ町でウドを栽培し、苫小牧や札幌の市場に卸している女性が穂別地区にいる。「山下のばあちゃん」の愛称で地元のみならず全国各地にその名を知られる山下冨美子さん(86)。高齢になってなお元気な姿...

苫小牧民報

被災で今月限り閉鎖 龍の舞ビッグスギゴルフ倶楽部-むかわ

 むかわ町春日にある「龍の舞ビッグスギゴルフ倶楽部」が、今月限りで閉鎖することになった。昨年9月に発生した胆振東部地震でコースに大きな爪痕が残り、復旧費用の確保が難しいと判断した。  同ゴルフ...