北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

常勤内科医 7月着任【えりも】

【えりも】大西正紀町長は7日に役場で開いた自治会、連合自治会の会長会議で「町立国保診療所の常勤内科医確保にめどがついた」と報告、7月に着任する予定だ。

 内科、小児科、外科3科の同診療所(19床)は、昨年秋に内科医が退職し、常勤医は小児科医1人(外科は以前から代替医師)となった。それ以降の内科診察は主に代替医師で対応してきた。

 診療所によると、不在中の常勤内科医確保は7月に着任で交渉が成立。62歳で漁業地帯の後志管内島牧村診療所勤務経験があり、外科にも精通しているという。

 町内39自治会、6連合自治会で構成の会長会議では、町からの周知事項と各地区の要望事項への町の対応方針を説明。大西町長は「将来の人口減少を少しでも抑制するため、新たな企業誘致で雇用の生まれる場確保に努力する」と説明。

 保健福祉課は「国民健康保険被保険者証など6保険証は7月31日が使用期限になり、各世帯へは7月下旬に郵便局から配達される。したがって町役場や生活館などでの更新手続きは不要になる」。

 1月に開催した地区別町政懇談会での新規、継続の要望事項は85項目あり、海岸護岸の嵩上げ、海浜道路沿いの消波ブロック投入、若い世帯が居住できる公営住宅の各地区建設など多岐に渡ったが、町側からの1件ごとの処理対応に全自治会長が了承した。

内科医の確保などを報告する大西町長

関連記事

日高報知新聞

日高の馬の歴史・文化学ぶ【浦河】

 日高振興局主催の「馬文化出前教室」が18日、浦河町荻伏小(金澤覚校長、児童65人)で開かれ、4年生8人が日高の馬の歴史や産業について学んだ。  馬文化出前教室は、馬産地・日高の未来を担う管内の...

日高報知新聞

えりも中1年が植樹体験【えりも】

【えりも】えりも中(玉手広昭校長)の1年生46人が17日、えりも高(佐藤健校長)との連携型中高一貫の環境教育「百人浜に学ぶ」フィールド学習で、えりも岬百人浜の国有林に6種類の落葉広葉樹の苗木100...

苫小牧民報

ガイラルディア6連覇、悲願の日本一へ弾み 女子軟式野球・春季全道大会

 女子軟式野球チームの苫小牧ガイラルディアがこのほど、札幌市で開催された太陽グループ旗争奪第21回春季北海道女子軟式野球大会で優勝し、全道大会6連覇の偉業を達成した。8月の全国大会へ向け、大きな...

苫小牧民報

被災地厚真町を応援、ハスカップティー販売始まる エア・ドゥ、来月は機内サ..

 苫小牧市元中野町の「はすかっぷサービス」(大西育子代表)が製造しているハスカップティーが、AIRDO(エア・ドゥ)の機内販売商品に採用され、今月から全路線で販売が始まった。7月には機内ドリンク...

室蘭民報

岩手で制作された般若面が白老で発見、登別で展示中【登別】

 のぼりべつ文化交流館カント・レラ(登別市登別温泉町)で23日まで行われている造形のつどい展に、一風変わった作品が並んでいる。金剛力士像をほうふつさせるような、勇猛さがひしひしと伝わる木彫りの面...