北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

2週間で600㌧超え【浦河】

 浦河町の荻伏漁港沖合の春定置網漁は「過去に記憶がない」(日高中央漁協)というほど大量のサバが獲れ、漁港は活気づいている。この半月ほどの水揚げは昨年1年間の総量の3倍に当たる約600㌧。「このままいくと1千㌧を超えるかも」と漁業関係者も驚いている。

 サケ・マス定置の網元の浦川聰さん(荻伏)や奥田宗一郎さん(浦河)によると「2週間ほど前からサバが揚がるようになった」という。浦川さんは「春定置でこれほど長い間サバが獲れるのは珍しい」と話す。

 また、昨年は年間で200㌔と少ない水揚げだった青マスも今年は1日に10㌧を超す豊漁で、脂がのったトキシラズ(時鮭)も昨年より漁模様は良く、中央漁協の小松伸美専務理事は「全般に今年の春定置は昨年に比べて良好」と話す。

 日高沿岸は一昨年から主要な秋サケ定置網漁が記録的な不漁に見舞われ、浦河沖のイカ漁も昨年は不振を極めた。隔年で好不漁となるコンブ漁は今年は豊漁年に当たり、漁業関係者は今後の主要魚種の水揚げに期待している。

浦河町の荻伏漁港沖の定置漁で記録的な豊漁となっているサバ

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...