北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭北武館が再始動、全国出場目指し剣磨く【室蘭】

活動を再開した北武館の本間館長と選手ら

 剣道道場の室蘭北武館が活動を再開した。40年以上の歴史をもつが、児童・生徒の減少を受けて昨春から1年間の休館を余儀なくされていた。市内の若手指導者の尽力で再び実戦へ。物事を成し遂げる強い意志と態度を表す「剛毅(ごうき)」の信条の下、全国出場を目指している。

 北武館は1974年(昭和49年)ごろ、御前水町で開館。全国大会の出場経験もある道場だが、昨年3月31日を最後に門戸を閉ざしていた。

 再開のきっかけは、市剣道スポーツ少年団で監督を務めた本間一好さん(37)。休館中も稽古場として道場を使わせてもらった経緯がある。自ら道場の立ち上げに動いていた事情もあり、館長を務めることを決意。今年4月1日から道場生3人と、本間さんが教えた少年団員の計15人ほどで週4日の稽古を始めた。

 再開後の初陣となった千歳市での大会は、鶴谷琥珀(八丁平小6年)が3位入賞。5月に室蘭で行われた錬成大会では鶴谷と池田愛(室蘭みなと小4年)が優勝、森谷柊一郎(室蘭西中2年)が準優勝するなど幸先の良い船出となった。3人は少年団時代から本間さんに師事する。主将の森谷は日本武道館で行われる全国大会の出場が夢。試合前はライトアップされ、独特の雰囲気を漂わせる会場だ。「自分もあのライトの中で試合がしたい」と意気込む。

 本間さんは少年時代、北海道剣道連盟の山下廣勝元会長から厳しい教えを受けた。「良い先生に巡り会えた。自分も出会えて良かったと思える先生になりたい。剣道を好きになってほしい」という思いが指導者としての原点。大学時代のつてを頼って道外の道場を尋ねて稽古を研究。指導者としての腕も磨く。

 団旗に掲げられる「剛毅」は孔子が著した論語にある「剛毅木訥(ぼくとつ)、仁に近し」の一節から取った。本間さんは「ただひたむきにやっていけば必ず目標を達成できる」と解釈している。「子どもたちと武道館に行くのが目標。一戦ずつ粘り強く戦っていきたい」。まな弟子と磨く剣で、夢の舞台への道を切り開く。

 北武館は道場生を募集している。問い合わせは本間さん、携帯電話090・8636・1104へ。

関連記事

十勝毎日新聞

サンタ姿で市内行進 子どもたちにプレゼント【帯広】

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

十勝毎日新聞

車いす2台乗れるタクシー 管内初導入【池田】

 ワインタクシー(古後仁裕社長、9台)は13日、車いす2台が同時に乗車できるタクシーの運行を開始した。管内では初の導入となり、車いす2台のほか2人まで同乗できる。同時にジャンボタクシーも更新した。 ...

十勝毎日新聞

「ガンバの冒険」故薮内正幸さん 原画展始まる【帯広】

 「ガンバの冒険」シリーズの挿絵などで知られる動物画家薮内正幸さん(1940~2000年)の絵本原画展が15日、とかちプラザで始まった。薮内さんの原画展は道内初。エゾリスなど十勝の動物も含めて6...

函館新聞

初滑りに歓声響く 市民スケート場がオープン【函館】

 道南で唯一の屋外スケート場として親しまれている函館市民スケート場(金堀町10、函館競輪場内)が15日、今季の営業を開始した。リンクには、この日を待ちわびた子どもらのグループが訪れ、歓声が響い...

函館新聞

巨大アップルパイなど盛り上がる クリファンひろさきナイト【函館】

 青森県弘前市の文化や食を伝えるイベント「ひろさきナイト」が15日、金森赤レンガ倉庫群の2018はこだてクリスマスファンタジー特設会場で開かれた。ツリー点灯式やご当地アイドル「りんご娘」のライブ...