北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭北武館が再始動、全国出場目指し剣磨く【室蘭】

活動を再開した北武館の本間館長と選手ら

 剣道道場の室蘭北武館が活動を再開した。40年以上の歴史をもつが、児童・生徒の減少を受けて昨春から1年間の休館を余儀なくされていた。市内の若手指導者の尽力で再び実戦へ。物事を成し遂げる強い意志と態度を表す「剛毅(ごうき)」の信条の下、全国出場を目指している。

 北武館は1974年(昭和49年)ごろ、御前水町で開館。全国大会の出場経験もある道場だが、昨年3月31日を最後に門戸を閉ざしていた。

 再開のきっかけは、市剣道スポーツ少年団で監督を務めた本間一好さん(37)。休館中も稽古場として道場を使わせてもらった経緯がある。自ら道場の立ち上げに動いていた事情もあり、館長を務めることを決意。今年4月1日から道場生3人と、本間さんが教えた少年団員の計15人ほどで週4日の稽古を始めた。

 再開後の初陣となった千歳市での大会は、鶴谷琥珀(八丁平小6年)が3位入賞。5月に室蘭で行われた錬成大会では鶴谷と池田愛(室蘭みなと小4年)が優勝、森谷柊一郎(室蘭西中2年)が準優勝するなど幸先の良い船出となった。3人は少年団時代から本間さんに師事する。主将の森谷は日本武道館で行われる全国大会の出場が夢。試合前はライトアップされ、独特の雰囲気を漂わせる会場だ。「自分もあのライトの中で試合がしたい」と意気込む。

 本間さんは少年時代、北海道剣道連盟の山下廣勝元会長から厳しい教えを受けた。「良い先生に巡り会えた。自分も出会えて良かったと思える先生になりたい。剣道を好きになってほしい」という思いが指導者としての原点。大学時代のつてを頼って道外の道場を尋ねて稽古を研究。指導者としての腕も磨く。

 団旗に掲げられる「剛毅」は孔子が著した論語にある「剛毅木訥(ぼくとつ)、仁に近し」の一節から取った。本間さんは「ただひたむきにやっていけば必ず目標を達成できる」と解釈している。「子どもたちと武道館に行くのが目標。一戦ずつ粘り強く戦っていきたい」。まな弟子と磨く剣で、夢の舞台への道を切り開く。

 北武館は道場生を募集している。問い合わせは本間さん、携帯電話090・8636・1104へ。

関連記事

根室新聞

エビかご漁 湾中地区も初出荷【根室】

 根室沿岸での「ホッカイエビかご漁」(シマエビ)で湾中地区での操業が20日に解禁となり、22日に根室市場に約18トンの煮エビが初出荷された。セリではLサイズの高値がキロ当たり5,238円と前年を128パーセ...

根室新聞

7月12日 今年も緑町中央通りで盆踊り大会【根室】

 根室盆踊り大会の日程が、7月19日に決まった。今年も緑町中央通り1、2丁目を会場に子供仮装や大人素踊りを展開し、子供参加者へのお菓子配布や恒例の大抽選会で夏の夜を盛り上げる。子供仮装への申し込みは7月1...

根室新聞

市議会 定例月議会が終了 水道料金値上げ可決【根室】

 6月定例月市議会は22日、本会議を開き、議案10件を可決、意見書案12件を可決採択した。平均148パーセント、38年ぶりの水道料金値上げとなる市水道事業給水条例の一部改正案は、低所得者対策の付帯決議を付けて...

苫小牧民報

卵、乳製品使わない体に優しいケーキ考案 アレルギー持つ人注目-千歳の洋菓..

 千歳市長都駅前4に卵や乳製品を使わない洋菓子店がある。名前は「Porin(ポリン)」。お豆のモンブランや豆腐のチョコレートムースなど、体に優しい創作ケーキなどが並ぶ。アレルギーを持つ人などの間...

日高報知新聞

林業やイチゴハウスで【浦河】

 浦河高校(吉瀬献策校長、生徒389人)の2年生130人のインターンシップ(職業体験学習)が20~22の3日間、浦河、様似、新ひだか3町の56事業所で行われた。  働くことの意義、社会人として必要なマ...