北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭署管内でも高齢ドライバー事故、後を絶たず【室蘭】

75歳以上を対象とした高齢ドライバー講習

 室蘭警察署管内でも高齢ドライバーによる交通事故が後を絶たない。物損事故は増加傾向にあり、75歳以上の人の2017年(平成29年)の運転免許証自主返納率は3・42%にとどまっている。免許証自主返納への助成や返納後の移動手段確保など、より踏み込んだ事故抑止策が求められる。

自主返納

 室蘭警察署によると65歳以上による物損事故の件数は13年の492件から、17年は712件と220件増加。物損事故全体に占める割合も、13年比で2ポイント増の25%となっている。

 西胆振のある自動車学校では現在、75歳以上の人の免許更新に必要な認知機能検査の予約が11月まで埋まっている。特に17年3月の道路交通法改正で、75歳以上の人が信号無視や一時不停止など特定の違反をした場合に臨時認知機能検査が義務付けられたことが、検査増加に拍車を掛けているという。

 同署によると、17年の室蘭、登別両市の75歳以上の免許保有者6834人のうち、返納者は234人で返納率は3・42%にとどまる。75歳以上の返納理由は①運転の必要がない(43・2%)②身体機能の低下を自覚(29・5%)③家族や友人の勧め(15・4%)④その他(11・9%)―となっている。

生活の足

 室蘭市がまとめた「高齢者運転免許証返納にかかわるアンケート」(17年2月開始)では、西胆振在住の927人が回答。将来返納した場合に外出の移動手段で主に使うと想定しているのはバスが最多の612人、タクシーが460人と続く。買い物や通院を想定し、自家用車以外の移動手段確保の必要性が浮かぶ。

 全国ではバス会社やタクシー会社などの民間と自治体が協力したり、自治体が独自で自主返納助成に乗り出すケースがあるが、室蘭市独自の返納対策はないのが実情だ。

 道南バスは06年から販売している「おでかけパス」(1カ月5500円、3カ月1万6500円)の対象を、室蘭、登別、伊達3市在住の65歳以上で無職の人という条件から運転免許返納者にも拡大した。

 道内自治体では、根室市や北竜町などは、免許証返納後に公的な本人確認書類として利用できる運転経歴証明証の交付手数料(千円)を助成している。道外に目を向けると、静岡県三島市では、1万円分の「バス・タクシー・伊豆箱根鉄道利用助成券」を交付し、免許自主返納後の交通機関利用の選択肢を充実させている。

 自動車学校関係者は「生活の足がなければ病院にも買い物にも行けず、免許を返納できないという声が多い。行政による助成の検討が必要」と訴える。室蘭市地域生活課では「国の対応を見極め、高齢者事故抑止へあらゆる方法を検討していきたい」と述べていた。

関連記事

函館新聞

いさ鉄まもなく開業3周年 函館駅などで記念イベント【函館】

 道南いさりび鉄道(小上一郎社長)が開業3年を迎える。北海道新幹線とともに2016年3月26日、五稜郭―木古内間(37・8キロ)で開業。「いさ鉄」の愛称で親しまれ、沿線住民の足としてだけでなく...

函館新聞

8歳で英検準1級合格 附属小の小笠原君【函館】

 道教育大附属函館小学校3年の小笠原煌(こう)君が、8歳で実用英語技能検定(英検)の準1級に合格した。大学中級程度の英語力が求められ、8歳での合格は全国的も珍しいという。煌君は「達成感でいっぱい...

苫小牧民報

さよなら地球体験館 100人駆け付け閉館惜しむ-むかわ

 昨年9月の胆振東部地震で被災して今月末で閉館が決まったむかわ町穂別の「地球体験館」の最後のイベントが21日にあった。町内外から約100人が訪れて27年にわたって親しまれた施設に感謝と別れを告げ...

日高報知新聞

237人の特例申請が無効に【浦河】

 浦河町ふるさと納税への寄付者が確定申告が不要となる「ワンストップ特例制度」の町側事務処理ミスで、5946人分の申請データが未処理だった問題で、町は22日、臨時記者会見を開き、1都2県の237人の特...

日高報知新聞

珍しい〝暖〟ボールアート【様似】

【様似】札幌在住の桑折廣幸さん(68)のダンボールをキャンバスに制作した絵画展示「ひろ・くわおり〝暖”ボールアート 北の浮世絵展」が、町中央公民館ギャラリー21で始まり、入館者の目を引いている。31日まで...