北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

Uターン20年十勝初個展 アトリエ秋桜窯・佐藤さん【幕別】

ギャラリー内に立つ陶芸家の佐藤さん。Uターン20年目で十勝初の個展を開く

 アトリエ秋桜窯(幕別町千住397)を主宰する陶芸家の佐藤二三子さんが東京から故郷にUターンし、20年目を迎えた。16日~7月1日には北海道ホテル(帯広)で十勝では初めての個展となる「佐藤二三子作陶展」を開く。「大自然の色や形に勝るものはない。自然豊かな十勝、幕別は創作活動に最適な場所」と話し、優しさや温かみを感じさせる独自の陶器を生み出し続けている。

 佐藤さんは町札内出身。帯広市内の高校を卒業後に東京の短大へ進学。結婚後に藤田重良右衛門氏に師事し、1980年に東京都町田市に秋桜窯を開いて独立した。伝統工芸武蔵野展や伝統工芸新作展に複数回入選するなど活躍していたが「故郷で創作したい」という思いから、夫正行さんの定年退職を機に1999年10月に地元幕別へ。2000年11月に現在の場所に自宅兼アトリエを構えた。

 作品は「ちょっとしたおもてなしのための器」(佐藤さん)が主となる。四季を感じさせる茶碗や菓子鉢は、東京で茶道の小堀遠州流家元から直接学んだ経験が生かされている。題材は十勝で群生するオオバナノエンレイソウなど身近にある花や野菜が多い。

 地下の工房で陶器作りに励み、アトリエ内のギャラリーで作品を展示。併設のティールームでは、北海道フードマイスターでもある佐藤さんが午前4時に起きて調理した十勝産ブルーベリーのヨーグルトケーキやチーズケーキなども味わえる。

 町の「いきいきエンジョイ教室」では2000年から町民に陶芸を指導。これまで数百人に陶芸の魅力を伝えてきた。今年度で同教室の指導を終えることもあり、管内で初の個展を開くことを決めた。

 東京では松屋銀座などで個展を開いていたが「当時の個展は作家の個性を示す場。色でいえば一色だった。十勝では私のさまざまな色を見てほしい」とバラエティーに富んだ約150点が並ぶ予定。

 ティールームを手伝う正行さんは「おいしいものを食べてゆったり過ごせる。移住してきて良かった」と笑顔を見せる。佐藤さんは「20年はあっという間。陶芸は大変だけど楽しくて幸せ。創作はやってもやっても満足することはない。まだ夢の途中です」と話している。

 ギャラリーやティールームは木曜-日曜営業。時間は午前9時~午後5時。問い合わせは同アトリエ(0155・56・7030)へ。

関連記事

函館新聞

上ノ国で菜の花畑が見ごろ【上ノ国】

 【上ノ国】町内各所で可憐な菜の花が満開を迎えている。道道江差木古内線沿いでも、田んぼの間に鮮やかな黄色いじゅうたんが確認でき、ドライバーらの目を楽しませている。  同町では10年ほど...

函館新聞

自慢のバイク見せ合おう 6月2日にコンロッドミーティング【函館】

 バイク愛好家が集う「第9回コンロッドミーティングin摩周丸」(コンロッド函館主催)が6月2日午前10時から、青函連絡船記念館摩周丸前の広場で開かれる。それぞれが持ち込んだ幅広い年代のバイク...

根室新聞

ビザなし交流、色丹島へ 歴史・文化専門家は国後島で調査【根室】

 今年度日本側から第2陣となるビザなし交流訪問団(中川昭一団長、65人)が24日朝、色丹島へ向けて根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で出発した。一行は3泊4日の日程で、27...

日高報知新聞

草間美恵さんが100歳に【様似】

【様似】17日に100歳の誕生日を迎えた冬島の草間美恵さんに同日、町から敬老金10万円、町社会福祉協議会と町老人クラブ連合会から記念品が贈られ、同居する息子夫婦や遊びに来た玄孫(やしゃご)、関係者...

日高報知新聞

最新の設備で能力向上【様似】

【様似】新日本電工(本社・東京、白須達朗社長)は、平成27年(2015年)から着手していた幌満川発電所の更新工事が完了し、22日、現地の第3発電所で竣工式を行い完成を祝った。  発電設備の更新工事...