北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

Uターン20年十勝初個展 アトリエ秋桜窯・佐藤さん【幕別】

ギャラリー内に立つ陶芸家の佐藤さん。Uターン20年目で十勝初の個展を開く

 アトリエ秋桜窯(幕別町千住397)を主宰する陶芸家の佐藤二三子さんが東京から故郷にUターンし、20年目を迎えた。16日~7月1日には北海道ホテル(帯広)で十勝では初めての個展となる「佐藤二三子作陶展」を開く。「大自然の色や形に勝るものはない。自然豊かな十勝、幕別は創作活動に最適な場所」と話し、優しさや温かみを感じさせる独自の陶器を生み出し続けている。

 佐藤さんは町札内出身。帯広市内の高校を卒業後に東京の短大へ進学。結婚後に藤田重良右衛門氏に師事し、1980年に東京都町田市に秋桜窯を開いて独立した。伝統工芸武蔵野展や伝統工芸新作展に複数回入選するなど活躍していたが「故郷で創作したい」という思いから、夫正行さんの定年退職を機に1999年10月に地元幕別へ。2000年11月に現在の場所に自宅兼アトリエを構えた。

 作品は「ちょっとしたおもてなしのための器」(佐藤さん)が主となる。四季を感じさせる茶碗や菓子鉢は、東京で茶道の小堀遠州流家元から直接学んだ経験が生かされている。題材は十勝で群生するオオバナノエンレイソウなど身近にある花や野菜が多い。

 地下の工房で陶器作りに励み、アトリエ内のギャラリーで作品を展示。併設のティールームでは、北海道フードマイスターでもある佐藤さんが午前4時に起きて調理した十勝産ブルーベリーのヨーグルトケーキやチーズケーキなども味わえる。

 町の「いきいきエンジョイ教室」では2000年から町民に陶芸を指導。これまで数百人に陶芸の魅力を伝えてきた。今年度で同教室の指導を終えることもあり、管内で初の個展を開くことを決めた。

 東京では松屋銀座などで個展を開いていたが「当時の個展は作家の個性を示す場。色でいえば一色だった。十勝では私のさまざまな色を見てほしい」とバラエティーに富んだ約150点が並ぶ予定。

 ティールームを手伝う正行さんは「おいしいものを食べてゆったり過ごせる。移住してきて良かった」と笑顔を見せる。佐藤さんは「20年はあっという間。陶芸は大変だけど楽しくて幸せ。創作はやってもやっても満足することはない。まだ夢の途中です」と話している。

 ギャラリーやティールームは木曜-日曜営業。時間は午前9時~午後5時。問い合わせは同アトリエ(0155・56・7030)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

路線バス国内客も乗り放題 2社がパス【十勝】

 十勝バス(帯広、野村文吾社長)と北海道拓殖バス(音更、中木雄三郎社長)は、昨年から十勝を訪れる外国人観光客向けに発売している「VISIT TOKACHI PASS」を、11月から日本人観光客向...

十勝毎日新聞

26、27日に「カレー」上映 見て「食べよう」【池田】

 池田町内の映画愛好家でつくる池田映画研究会(宮澤嘉裕会長、会員8人)は26、27の両日、町中心市街地にある交流スペース「Ponte(ポンテ)」(大通4)でドキュメンタリー映画「カレーライスを一...

十勝毎日新聞

水害きっかけ「いももっち」 まりも製薬【帯広】

 健康食品など製造販売の「まりも製薬」(帯広、河端ミカ社長)は、十勝産の「インカのめざめ」を使ったイモ団子「いももっち」2品を商品化し、販売している。袋のまま電子レンジで温めて食べられる。  ...

室蘭民報

刈田神社に輝く神輿、遠田さんが寄贈【登別】

 登別市の総鎮守・刈田神社(登別市中央町、大西昇宮司)の女神輿(みこし)が更新された。戦前から使われていた神輿だが、部品が破損するなど老朽化が顕著になってきたところ、市内の建設会社役員・遠...

室蘭民報

健康支えた音楽レク、総合福祉センター指定管理者の内池さん夫妻【室蘭】

 老朽化などを理由に10月末で廃止となる室蘭市総合福祉センター(天神町)。約12年間にわたり指定管理者を務めてきた各種介護事業を行うタカラサービス(白鳥台)の内池宝代表取締役会長(76)は「自...