北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

Uターン20年十勝初個展 アトリエ秋桜窯・佐藤さん【幕別】

ギャラリー内に立つ陶芸家の佐藤さん。Uターン20年目で十勝初の個展を開く

 アトリエ秋桜窯(幕別町千住397)を主宰する陶芸家の佐藤二三子さんが東京から故郷にUターンし、20年目を迎えた。16日~7月1日には北海道ホテル(帯広)で十勝では初めての個展となる「佐藤二三子作陶展」を開く。「大自然の色や形に勝るものはない。自然豊かな十勝、幕別は創作活動に最適な場所」と話し、優しさや温かみを感じさせる独自の陶器を生み出し続けている。

 佐藤さんは町札内出身。帯広市内の高校を卒業後に東京の短大へ進学。結婚後に藤田重良右衛門氏に師事し、1980年に東京都町田市に秋桜窯を開いて独立した。伝統工芸武蔵野展や伝統工芸新作展に複数回入選するなど活躍していたが「故郷で創作したい」という思いから、夫正行さんの定年退職を機に1999年10月に地元幕別へ。2000年11月に現在の場所に自宅兼アトリエを構えた。

 作品は「ちょっとしたおもてなしのための器」(佐藤さん)が主となる。四季を感じさせる茶碗や菓子鉢は、東京で茶道の小堀遠州流家元から直接学んだ経験が生かされている。題材は十勝で群生するオオバナノエンレイソウなど身近にある花や野菜が多い。

 地下の工房で陶器作りに励み、アトリエ内のギャラリーで作品を展示。併設のティールームでは、北海道フードマイスターでもある佐藤さんが午前4時に起きて調理した十勝産ブルーベリーのヨーグルトケーキやチーズケーキなども味わえる。

 町の「いきいきエンジョイ教室」では2000年から町民に陶芸を指導。これまで数百人に陶芸の魅力を伝えてきた。今年度で同教室の指導を終えることもあり、管内で初の個展を開くことを決めた。

 東京では松屋銀座などで個展を開いていたが「当時の個展は作家の個性を示す場。色でいえば一色だった。十勝では私のさまざまな色を見てほしい」とバラエティーに富んだ約150点が並ぶ予定。

 ティールームを手伝う正行さんは「おいしいものを食べてゆったり過ごせる。移住してきて良かった」と笑顔を見せる。佐藤さんは「20年はあっという間。陶芸は大変だけど楽しくて幸せ。創作はやってもやっても満足することはない。まだ夢の途中です」と話している。

 ギャラリーやティールームは木曜-日曜営業。時間は午前9時~午後5時。問い合わせは同アトリエ(0155・56・7030)へ。

関連記事

根室新聞

エビかご漁 湾中地区も初出荷【根室】

 根室沿岸での「ホッカイエビかご漁」(シマエビ)で湾中地区での操業が20日に解禁となり、22日に根室市場に約18トンの煮エビが初出荷された。セリではLサイズの高値がキロ当たり5,238円と前年を128パーセ...

根室新聞

7月12日 今年も緑町中央通りで盆踊り大会【根室】

 根室盆踊り大会の日程が、7月19日に決まった。今年も緑町中央通り1、2丁目を会場に子供仮装や大人素踊りを展開し、子供参加者へのお菓子配布や恒例の大抽選会で夏の夜を盛り上げる。子供仮装への申し込みは7月1...

根室新聞

市議会 定例月議会が終了 水道料金値上げ可決【根室】

 6月定例月市議会は22日、本会議を開き、議案10件を可決、意見書案12件を可決採択した。平均148パーセント、38年ぶりの水道料金値上げとなる市水道事業給水条例の一部改正案は、低所得者対策の付帯決議を付けて...

苫小牧民報

卵、乳製品使わない体に優しいケーキ考案 アレルギー持つ人注目-千歳の洋菓..

 千歳市長都駅前4に卵や乳製品を使わない洋菓子店がある。名前は「Porin(ポリン)」。お豆のモンブランや豆腐のチョコレートムースなど、体に優しい創作ケーキなどが並ぶ。アレルギーを持つ人などの間...

日高報知新聞

林業やイチゴハウスで【浦河】

 浦河高校(吉瀬献策校長、生徒389人)の2年生130人のインターンシップ(職業体験学習)が20~22の3日間、浦河、様似、新ひだか3町の56事業所で行われた。  働くことの意義、社会人として必要なマ...