北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

100円ショップ継続を【新ひだか】

【新ひだか】町民有志による「生活を守る会」(栗城勝江代表、10人)は12日、役場静内庁舎を訪れ、大野克之町長に「ショッピングプラザピュアのテナント確保に関する陳情書」と1558人分の署名簿を提出した。

 同会はピュアが所在するみゆき通り周辺に住む主婦らで構成。ピュア内にある100円ショップ「Can☆Do(キャンドゥ)静内店」が6月30日に閉店することが分かり、5月21日から同店の存続などを求めて署名活動を行っていた。

 栗城代表は「500人も集まるかと思いながら始めたが、『それは良いことだ』と賛同する人がだんだん増えてきた」という。

 陳情の趣旨は、みゆき通り商店街で閉店する事業所が相次いでおり、唯一生鮮食品が購入できたピュア内の「ピュアマルシェ」が5月2日に撤退。一般食料品や生活用品を扱う100円ショップも6月末に閉店の予定となり、地域住民の生活に多大な支障をもたらすため、町所有の商業施設に新しい店舗の確保を強く願っている。

 さらに、ピュアを利用する人は周辺地域の住民と町のコミュニティバスで来るお年寄りが多いため、今後は買い物できる商業施設へは徒歩で20分ほど掛かり、雨や風の強いときや冬場の雪道などは容易に歩けないという。

 その場合はタクシーを使うことになるが、年金生活を送る人には厳しい出費となる。新ひだか町の中心街とも言われたみゆき通り商店街周辺の住民は「買い物難民」となる―としている。

 この日は、栗城代表ら会員4人が大野町長へ陳情書と署名簿を手渡した。栗城代表は「町民の皆さんの声が届きますように」とお願いし、「年金暮らしの方は、100円ショップが無くなったらやりくりに困ると訴えている。何とか良い方法で継続して営業してくれる方を探していただけたら」と話した。

 大野町長は「重く受け止めさせていただきます。ピュア前に後援会事務所を構えていて、いろいろ買い物をされてバスに乗って帰られる姿を2カ月以上見ているので、あの施設の重要性は認識している。難しい問題はあると思うが、一歩一歩取り組んでいきたい」とし、「民間の事業者で手伝ってくれるところを探していくことを第一に考えたい」と今後の方針を話していた。

 ピュアは平成24年に運営主体の協同組合静内ショッピングセンターが自己破産。町は貸付金の回収のため、破産管財人が管理するピュア1階(一部2―4階)部分約5千平方㍍を代物弁済の形で所有しており、施設維持費に年約5千万円の負担となっている。

大野町長(左)に陳情書と署名簿を手渡す「生活を守る会」の栗城代表(右)ら会員

関連記事

根室新聞

エビかご漁 湾中地区も初出荷【根室】

 根室沿岸での「ホッカイエビかご漁」(シマエビ)で湾中地区での操業が20日に解禁となり、22日に根室市場に約18トンの煮エビが初出荷された。セリではLサイズの高値がキロ当たり5,238円と前年を128パーセ...

根室新聞

7月12日 今年も緑町中央通りで盆踊り大会【根室】

 根室盆踊り大会の日程が、7月19日に決まった。今年も緑町中央通り1、2丁目を会場に子供仮装や大人素踊りを展開し、子供参加者へのお菓子配布や恒例の大抽選会で夏の夜を盛り上げる。子供仮装への申し込みは7月1...

根室新聞

市議会 定例月議会が終了 水道料金値上げ可決【根室】

 6月定例月市議会は22日、本会議を開き、議案10件を可決、意見書案12件を可決採択した。平均148パーセント、38年ぶりの水道料金値上げとなる市水道事業給水条例の一部改正案は、低所得者対策の付帯決議を付けて...

苫小牧民報

卵、乳製品使わない体に優しいケーキ考案 アレルギー持つ人注目-千歳の洋菓..

 千歳市長都駅前4に卵や乳製品を使わない洋菓子店がある。名前は「Porin(ポリン)」。お豆のモンブランや豆腐のチョコレートムースなど、体に優しい創作ケーキなどが並ぶ。アレルギーを持つ人などの間...

日高報知新聞

林業やイチゴハウスで【浦河】

 浦河高校(吉瀬献策校長、生徒389人)の2年生130人のインターンシップ(職業体験学習)が20~22の3日間、浦河、様似、新ひだか3町の56事業所で行われた。  働くことの意義、社会人として必要なマ...