北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室蘭産と宮古産使用の昆布塩飴を母恋めし本舗が販売【室蘭】

室蘭産ヤヤンコンブと岩手県宮古市産の塩を使った室蘭・母恋めし本舗の新商品「昆布塩飴385」

 室蘭市絵鞆町の母恋めし本舗(関根勝治代表)が、室蘭産ヤヤンコンブと岩手県宮古市産の塩を使った新商品「昆布塩飴385(みやこ)」を14日から販売した。宮蘭フェリー就航を記念して「両市の海からの贈り物を融合させ、友好につなげたい」とPRする。

 ヤヤンコンブは地球岬から絵鞆岬までの沿岸にのみ繁殖。美容・健康成分のフコイダンやアルギン酸などの栄養素が多い。宮古の塩はマグネシウムやカリウムを豊富に含み、まろやかなのが特徴。「宮古の塩工房」から取り寄せた。

 あめの製造元は北見市の永田製飴。昆布の風味豊かな優しい味で、購入者からは「おいしい」と好評だ。

 直径7・5センチの円形の缶に65グラムが入って385円(税込み415円)。関根代表は「東日本大震災後、宮古の特産品として一番最初に復活したのが塩だった」と話し、「ヤヤンコンブをふんだんに使い、栄養たっぷりです。夏の塩分補給にもどうぞ」と話している。

 同本舗(エンルムマリーナ内)、JR室蘭駅と母恋駅の売店、道の駅みたらで販売。今後フェリーターミナル売店にも置く予定。問い合わせは同本舗、電話0143・27局2777番。

関連記事

十勝毎日新聞

今年も出来上々 ボージョレ解禁【帯広】

 フランス・ボージョレ地域の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」が15日午前0時に日本で解禁となり、十勝の酒店やスーパーにもさまざまな銘柄が並んだ。  ヌーボーは通常のワインと異なり、ブドウをつ...

十勝毎日新聞

農高発食品に機能性表示 認定なら道内学校初【帯広】

 帯広農業高校(二木浩志校長)の食品科学科地域資源活用班は、開発した豆乳ヨーグルト「豆(まめ)ぐると」を、健康志向の食品ブランドを示す「北海道食品機能性表示制度」(愛称・ヘルシーDo)に認定申請...

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

十勝毎日新聞

パン「満寿屋」題材 単行本27日発売【帯広】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)を題材としたノンフィクション本「世界に一軒だけのパン屋」(野地秩嘉著、小学館)が十勝で27日にも発売される(全国は26日)。同社では発売を記念し、...

苫小牧民報

白老の特産品味わって ギフトセット受け付け開始

 白老町竹浦のはまのマルシェでは、今年も白老の特産品を詰め合わせたギフトセット「しらおいの恵み」の注文受け付けを始めた。前浜産の毛ガニや白老牛のほか、今回新たに原木干しシイタケを取り入れるなどし...