北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

麻酔科医1人を採用して医師を増員する市立千歳市民病院

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同院事務局は引き続き大学医局の協力を得ていくほか、関係団体と連携しながら医師確保に努める構えだ。

 同病院は13診療科を擁し、「救急医療」「高度医療」「小児・周産期医療」などに対応する。千歳市内をはじめ周辺市町からも患者を受け入れるなど、地域の基幹病院として位置付けられている。2017年度までの医師数は35人。足りない人員は非常勤医師の派遣を受けて対応してきた。

 麻酔科医は7月に入職予定。同科にはかつて医師が2人いたが、14年度末で1人が退職。3年間にわたって1人の状況が続いていた。手術には麻酔科医の立ち合いが必要。非常勤の医師で補ってきたが、常勤医が1人では夜間救急搬送に伴う緊急手術などへの対応に限界があった。医師の確保で救急医療体制がより強化される見通しだ。

 内科は16年度まで6人だったが1人が退職し、17年度は5人で診療に臨んだ。同年8月に総合診療医1人を採用し、体制が回復した。16年度まで4人だった外科は、同年度末に1人が退職し3人になった。17年12月に救急担当医1人を採用したほか、今年4月に医局から1人の派遣を受け、5人に増えた。

 同病院事務局によると、1967年の開設以来、39人の医師数は過去最多。今後も15年度から医師が1人だった眼科をはじめ、消化器科や内科でも採用に取り組む考えだ。担当者は「大学医局への派遣要請を継続するほか、全国自治体病院協議会や民間の人材紹介事業者などを通して採用に努めたい」としている。

関連記事

根室新聞

日ロ首脳会談 平和条約交渉加速で合意 元島民「しっかりした道筋を」【根室】

 安倍晋三首相は14日、シンガポールでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行い、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本へ引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させるこ...

根室新聞

初田牛駅廃止 住民説明会開く【根室】

 JR北海道は15日、来年3月のダイヤ改正でJR花咲線の初田牛駅廃止について住民説明会を初田牛会館で開いた。JR側は「一日平均利用者が1人未満で利用が極端に少ない」とし、理解を求めた。住民側は「駅...

日高報知新聞

日高のシカはおいしい!【新ひだか】

【新ひだか】日高管内消費者協会連合会、ひだか食育推進協議会主催の「ひだか食育セミナー」が11日、町保健福祉センターで開かれ、参加者が料理教室や講演で地域食材の良さを再認識した。  この日は、静内御...

日高報知新聞

地震の義援金や施設へ【新ひだか】

【新ひだか】静内中生徒会(野村圭悟会長)は、10月21、22日に実施した古新聞回収による収益金のうち、計12万円を胆振東部地震の義援金や町内の社会福祉施設に寄付した。  同校生徒会による古新聞回収活動は...

苫小牧民報

甘いイチゴずらり 十勝・銀龍苺オープン-新千歳空港

 十勝管内音更町の農業法人ブルームは15日、イチゴ専門店「十勝・銀龍苺(ぎんりゅういちご)・新千歳空港店」を新千歳空港国内線ターミナルビル2階にオープンさせた。同町の自社農場で栽培して通年出荷し...