北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

麻酔科医1人増で2人に 千歳市民病院、医師数過去最多39人

麻酔科医1人を採用して医師を増員する市立千歳市民病院

 市立千歳市民病院(190床)の麻酔科医が7月に1人増員され、3年ぶりに2人となる見通しだ。同病院では昨年以降、内科や外科で3人の医師が入職しており、病院全体の医師数は39人と過去最多になる。同院事務局は引き続き大学医局の協力を得ていくほか、関係団体と連携しながら医師確保に努める構えだ。

 同病院は13診療科を擁し、「救急医療」「高度医療」「小児・周産期医療」などに対応する。千歳市内をはじめ周辺市町からも患者を受け入れるなど、地域の基幹病院として位置付けられている。2017年度までの医師数は35人。足りない人員は非常勤医師の派遣を受けて対応してきた。

 麻酔科医は7月に入職予定。同科にはかつて医師が2人いたが、14年度末で1人が退職。3年間にわたって1人の状況が続いていた。手術には麻酔科医の立ち合いが必要。非常勤の医師で補ってきたが、常勤医が1人では夜間救急搬送に伴う緊急手術などへの対応に限界があった。医師の確保で救急医療体制がより強化される見通しだ。

 内科は16年度まで6人だったが1人が退職し、17年度は5人で診療に臨んだ。同年8月に総合診療医1人を採用し、体制が回復した。16年度まで4人だった外科は、同年度末に1人が退職し3人になった。17年12月に救急担当医1人を採用したほか、今年4月に医局から1人の派遣を受け、5人に増えた。

 同病院事務局によると、1967年の開設以来、39人の医師数は過去最多。今後も15年度から医師が1人だった眼科をはじめ、消化器科や内科でも採用に取り組む考えだ。担当者は「大学医局への派遣要請を継続するほか、全国自治体病院協議会や民間の人材紹介事業者などを通して採用に努めたい」としている。

関連記事

函館新聞

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年【函館】

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。  同社の同路線は1978...

函館新聞

道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。  同道の駅は...

釧路新聞

羅臼こんぶフェスタ楽しむ

 羅臼町の誇り「羅臼昆布」をまるごと楽しむイベント「第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ」が20日、町本町旧国道通りを会場に始まり、大勢の来場者でにぎわいを見せた。異業種若手有志による実行委の主催。 ...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...