北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

林業やイチゴハウスで【浦河】

 浦河高校(吉瀬献策校長、生徒389人)の2年生130人のインターンシップ(職業体験学習)が20~22の3日間、浦河、様似、新ひだか3町の56事業所で行われた。

 働くことの意義、社会人として必要なマナーを学び、さらに探究的な視点を持ちながら活動を行うことで、自己理解や社会性の向上を目指す。

 このうち浦河町常盤町の日高森づくり協同組合(津田一彦理事長)と様似町鵜苫のひだか南森林組合では、菅藤竜海君(16)、梅津莉空君(同)、吉津日南子さん(同)の3人が、日高振興局森林室と様似町のサポートで森林林業・林産業で林内での植林、刈り払い機、チェンソー実習やGPS測量、ドローン操縦などの体験をした。

 吉津さんは「林業の機械化が進んでいるが、人の手が多くかかることも理解できた。ドローンの操縦操作は難しく、自分で飛ばすことができて楽しかった。3日間色々な体験ができてためになった」。梅津君は「林業は人の手作業も多く、ハーベスタのオペレーターの操縦技術が高く驚いた。苗木を1日600本植えることにもびっくり」。菅藤君は「林業は木を切ることだけかと思っていたが、木を育てることなど奥が深い仕事。チェンソー体験で木をうまく切ることができた。植林で50㌢のトドマツ10本を植えたので生長が楽しみ」とそれぞれ感想を話した。

 植林やGPS測量、ドローン操縦を担当した様似町の大熊弘記産業課主幹は「林業全般を知ってもらい、山の魅力を感じて、これからのいい経験になれば」と話した。

ドローンの操縦体験をする浦高生(左側3人)

  ◇  ◇  ◇

 浦河町野深の小原農園(小原庸行さん経営)では、加藤柚葉さん、伊藤有那さん、築紫あおいさん、伊藤和穂さん、大岡由貴君の5人が農園作業を体験した。

 農園の5棟のビニールハウスでは今、町特産の夏イチゴ「すずあかね」が赤い実を付け始めている。作業は余分な栄養が行かないようにランナー(脇芽)摘みと草刈り、露地でトウモロコシの植え付けなど。

 体力自慢の高校生たちは、気温が高く受粉のミツバチが飛びかうハウスの中で、「仕事は大変」といいながらせっせと働き、小原さんは「良く働く。農業に興味をもってくれたら」と話していた。

 ご褒美は休憩時間のイチゴの試食。浦河が夏イチゴ生産日本一を知って体験先を選んだ生徒たちは、「甘くておいしい」と消費者の評価を実感していた。

イチゴハウスで小原さんから説明を聞く浦高生

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...