北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

林業やイチゴハウスで【浦河】

 浦河高校(吉瀬献策校長、生徒389人)の2年生130人のインターンシップ(職業体験学習)が20~22の3日間、浦河、様似、新ひだか3町の56事業所で行われた。

 働くことの意義、社会人として必要なマナーを学び、さらに探究的な視点を持ちながら活動を行うことで、自己理解や社会性の向上を目指す。

 このうち浦河町常盤町の日高森づくり協同組合(津田一彦理事長)と様似町鵜苫のひだか南森林組合では、菅藤竜海君(16)、梅津莉空君(同)、吉津日南子さん(同)の3人が、日高振興局森林室と様似町のサポートで森林林業・林産業で林内での植林、刈り払い機、チェンソー実習やGPS測量、ドローン操縦などの体験をした。

 吉津さんは「林業の機械化が進んでいるが、人の手が多くかかることも理解できた。ドローンの操縦操作は難しく、自分で飛ばすことができて楽しかった。3日間色々な体験ができてためになった」。梅津君は「林業は人の手作業も多く、ハーベスタのオペレーターの操縦技術が高く驚いた。苗木を1日600本植えることにもびっくり」。菅藤君は「林業は木を切ることだけかと思っていたが、木を育てることなど奥が深い仕事。チェンソー体験で木をうまく切ることができた。植林で50㌢のトドマツ10本を植えたので生長が楽しみ」とそれぞれ感想を話した。

 植林やGPS測量、ドローン操縦を担当した様似町の大熊弘記産業課主幹は「林業全般を知ってもらい、山の魅力を感じて、これからのいい経験になれば」と話した。

ドローンの操縦体験をする浦高生(左側3人)

  ◇  ◇  ◇

 浦河町野深の小原農園(小原庸行さん経営)では、加藤柚葉さん、伊藤有那さん、築紫あおいさん、伊藤和穂さん、大岡由貴君の5人が農園作業を体験した。

 農園の5棟のビニールハウスでは今、町特産の夏イチゴ「すずあかね」が赤い実を付け始めている。作業は余分な栄養が行かないようにランナー(脇芽)摘みと草刈り、露地でトウモロコシの植え付けなど。

 体力自慢の高校生たちは、気温が高く受粉のミツバチが飛びかうハウスの中で、「仕事は大変」といいながらせっせと働き、小原さんは「良く働く。農業に興味をもってくれたら」と話していた。

 ご褒美は休憩時間のイチゴの試食。浦河が夏イチゴ生産日本一を知って体験先を選んだ生徒たちは、「甘くておいしい」と消費者の評価を実感していた。

イチゴハウスで小原さんから説明を聞く浦高生

関連記事

函館新聞

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年【函館】

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。  同社の同路線は1978...

函館新聞

道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。  同道の駅は...

釧路新聞

羅臼こんぶフェスタ楽しむ

 羅臼町の誇り「羅臼昆布」をまるごと楽しむイベント「第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ」が20日、町本町旧国道通りを会場に始まり、大勢の来場者でにぎわいを見せた。異業種若手有志による実行委の主催。 ...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...