北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

リンゴの果汁たっぷり、フルーツビールがお目見え【壮瞥】

サムズで販売しているフルーツビール

 壮瞥町滝之町の道の駅・そうべつ情報館i内にある農産物直売所サムズ(渡部和宏店長)で、壮瞥リンゴの果汁をたっぷり使った「フルーツビール」(発泡酒、アルコール度数5%)がお目見えした。酸味と甘味が絶妙なバランスで仕上がり、若者や女性を中心に人気を集めている。

 昨年、後志管内ニセコ町のクラフトビールの会社がフルーツビール製造を提案。サムズの喫茶コーナーで提供するミックスジュースを原料にして同社が開発した。ミックスジュースはそうべつ農産加工センター(滝之町)が壮瞥リンゴの北斗やレッドゴールドを使用し造っている。

 ビールの名称は「3APPLES ALE」。リンゴの香りが漂い、色は茶褐色。パッケージは、グラスに3個のリンゴが入ったデザイン。「壮瞥町産のリンゴ使用」の金色のシールが貼られている。

 町内のアルコール類では近年、町内の農業・商工業者、観光関係者らで構成するそうべつシードル造り実行委員会が開発したシードル(リンゴ酒)が有名。渡部店長は「シードルのように愛されるお酒になってほしい。お土産や特別な日に楽しんでもらえれば」とPRしている。

 サムズでは、今年の大型連休前に、りんごジュースの製造時に出る果実の繊維質を利用したドレッシングを販売するなど地元の名産品を活用した商品を並べている。

 「フルーツビール」は1本330ミリリットル690円(税込み)。問い合わせはサムズ、電話0142・66局3600番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス