北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

リンゴの果汁たっぷり、フルーツビールがお目見え【壮瞥】

サムズで販売しているフルーツビール

 壮瞥町滝之町の道の駅・そうべつ情報館i内にある農産物直売所サムズ(渡部和宏店長)で、壮瞥リンゴの果汁をたっぷり使った「フルーツビール」(発泡酒、アルコール度数5%)がお目見えした。酸味と甘味が絶妙なバランスで仕上がり、若者や女性を中心に人気を集めている。

 昨年、後志管内ニセコ町のクラフトビールの会社がフルーツビール製造を提案。サムズの喫茶コーナーで提供するミックスジュースを原料にして同社が開発した。ミックスジュースはそうべつ農産加工センター(滝之町)が壮瞥リンゴの北斗やレッドゴールドを使用し造っている。

 ビールの名称は「3APPLES ALE」。リンゴの香りが漂い、色は茶褐色。パッケージは、グラスに3個のリンゴが入ったデザイン。「壮瞥町産のリンゴ使用」の金色のシールが貼られている。

 町内のアルコール類では近年、町内の農業・商工業者、観光関係者らで構成するそうべつシードル造り実行委員会が開発したシードル(リンゴ酒)が有名。渡部店長は「シードルのように愛されるお酒になってほしい。お土産や特別な日に楽しんでもらえれば」とPRしている。

 サムズでは、今年の大型連休前に、りんごジュースの製造時に出る果実の繊維質を利用したドレッシングを販売するなど地元の名産品を活用した商品を並べている。

 「フルーツビール」は1本330ミリリットル690円(税込み)。問い合わせはサムズ、電話0142・66局3600番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

今年も出来上々 ボージョレ解禁【帯広】

 フランス・ボージョレ地域の新酒ワイン「ボージョレ・ヌーボー」が15日午前0時に日本で解禁となり、十勝の酒店やスーパーにもさまざまな銘柄が並んだ。  ヌーボーは通常のワインと異なり、ブドウをつ...

十勝毎日新聞

農高発食品に機能性表示 認定なら道内学校初【帯広】

 帯広農業高校(二木浩志校長)の食品科学科地域資源活用班は、開発した豆乳ヨーグルト「豆(まめ)ぐると」を、健康志向の食品ブランドを示す「北海道食品機能性表示制度」(愛称・ヘルシーDo)に認定申請...

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

十勝毎日新聞

パン「満寿屋」題材 単行本27日発売【帯広】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)を題材としたノンフィクション本「世界に一軒だけのパン屋」(野地秩嘉著、小学館)が十勝で27日にも発売される(全国は26日)。同社では発売を記念し、...

苫小牧民報

白老の特産品味わって ギフトセット受け付け開始

 白老町竹浦のはまのマルシェでは、今年も白老の特産品を詰め合わせたギフトセット「しらおいの恵み」の注文受け付けを始めた。前浜産の毛ガニや白老牛のほか、今回新たに原木干しシイタケを取り入れるなどし...