北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

リンゴの果汁たっぷり、フルーツビールがお目見え【壮瞥】

サムズで販売しているフルーツビール

 壮瞥町滝之町の道の駅・そうべつ情報館i内にある農産物直売所サムズ(渡部和宏店長)で、壮瞥リンゴの果汁をたっぷり使った「フルーツビール」(発泡酒、アルコール度数5%)がお目見えした。酸味と甘味が絶妙なバランスで仕上がり、若者や女性を中心に人気を集めている。

 昨年、後志管内ニセコ町のクラフトビールの会社がフルーツビール製造を提案。サムズの喫茶コーナーで提供するミックスジュースを原料にして同社が開発した。ミックスジュースはそうべつ農産加工センター(滝之町)が壮瞥リンゴの北斗やレッドゴールドを使用し造っている。

 ビールの名称は「3APPLES ALE」。リンゴの香りが漂い、色は茶褐色。パッケージは、グラスに3個のリンゴが入ったデザイン。「壮瞥町産のリンゴ使用」の金色のシールが貼られている。

 町内のアルコール類では近年、町内の農業・商工業者、観光関係者らで構成するそうべつシードル造り実行委員会が開発したシードル(リンゴ酒)が有名。渡部店長は「シードルのように愛されるお酒になってほしい。お土産や特別な日に楽しんでもらえれば」とPRしている。

 サムズでは、今年の大型連休前に、りんごジュースの製造時に出る果実の繊維質を利用したドレッシングを販売するなど地元の名産品を活用した商品を並べている。

 「フルーツビール」は1本330ミリリットル690円(税込み)。問い合わせはサムズ、電話0142・66局3600番へ。

関連記事

室蘭民報

ホテルセピアスでお待たせビアガーデン【室蘭】

 室蘭市入江町のホテルセピアス(梅本昌利代表取締役社長)で18日から、恒例の屋上ビアガーデンが始まり、室蘭港を見渡す絶好のロケーションで、仕事帰りのサラリーマンらが喉を潤している。  室蘭地...

室蘭民報

北海道命名150年「1周ライド」参加者が室蘭入り【室蘭、札幌】

 北海道命名150年に合わせて、道内約2400キロを22日間かけて自転車で巡る「北海道1周ライド」の参加者が、16日に室蘭入りした。室蘭を含む「第7区」の参加者28人は、市内で昼食を取るなど、...

室蘭民報

成実公生誕450年記念特別純米酒「藤五郎」限定販売【伊達】

 仙台藩亘理伊達家の2代目当主・伊達成実(しげざね)公の生誕450年を記念した、特別純米酒「藤五郎(とうごろう)」が14日、市内の寿浅で取り扱いを始めた。22日に市内で開催する能楽「摺上(すり...

室蘭民報

“隣まち”宮古の味を一堂に、15日にフェア【室蘭】

 宮古商工会議所(花坂康太郎会頭)は14日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で、室蘭地域の企業を対象にした展示商談会を実施する。翌15日には同所で三陸宮古うんめぇもんフェアを開催、宮古市周辺の特産品を...

室蘭民報

地域交流食堂「もとむろランチ」が15日開店【室蘭】

 室蘭・白鳥台、陣屋、石川町の地域住民有志で運営する地域交流食堂「もとむろランチ」(上西武司代表)は15日のスタートに向け、メニューを決めるなど準備を進めている。地域交流食堂は子どもから高齢者...