北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

越冬タマネギもっと知って、園児にプレゼント【伊達】

「えったま333」に興味津々の幼稚園児たち

 伊達産の越冬タマネギ「えったま333」の生産者グループ・越冬たまねぎ研究会が、ブランドの浸透に力を入れている。29日には、幼稚園児にタマネギの魅力を伝え、有名シェフとは活用策について意見交換した。

 えったま333は冬季間、雪の下で育ち、栽培に約11カ月(333日)かかることから名前が付いた。平均的なタマネギより甘みが強く栄養価に優れている。25日から今季の販売が始まり、くみあいマーケット本店(末永町)と観光物産館(松ヶ枝町)で専用ロゴを付けて販売している。

 29日は、生産農家らが館山町の京王幼稚園を訪ねて鉢植えにした栽培見本を見せ「えったまはとっても甘いので、苦いのが苦手でも食べられるよ」などと伝えた。

 雨降りのため収穫体験は中止になったが、園児たちは園バスの車窓からタマネギ畑を見学し興味を持ったよう。本州産のタマネギと持ち比べてみると、えったまはずしりと重く驚いた様子。水分を豊富に含んでいるからだという。

 研究会の会長・堀篭司さん(47)ら生産者は「おいしく食べてね」「タマネギを好きになってね」と声を掛けて、袋詰めしたタマネギをプレゼントした。今後、園の協力で保護者にアンケートに答えてもらい、えったまの強み、弱みを把握した上で販売拡大につなげることにしている。

 えったまは室蘭市で7月1日開催のファーマーズマーケットでも販売する。

料理人と意見交換

意見交換する飯島さん(左)と小貫さん(中央)

 えったま333をはじめ伊達野菜の可能性を探ろうと、胆振総合振興局が企画した、プロの料理人と生産者との意見交換は、伊達市役所の第2庁舎であった。

 対談したのは、ザ・ウィンザーホテル洞爺(洞爺湖町)の総料理長で、いぶり食のアンバサダーの飯島豪さんと、えったまの生産農家の一人でマルシメおぬき経営の小貫豊さん(56)。

 上長和町にある小貫さんのタマネギ畑を見学した後、飯島さんは栽培過程で間引いているタマネギに商品価値があると指摘。「ラディッシュのように小ぶりの野菜を必要とする洋食店は多い。伊達野菜という売り込みだけでは限界が見える中で『ミニ野菜』は伊達のブランドになりうるのでは」と話した。さらに「伊達独自の品種を作ったり、独自に品種改良した野菜を商標登録するのも一つ」と提案した。

 間引くには手作業になり、間引いた後はすぐに水に浸す必要があるなど手間がかかるほか、流通に乗せるためには梱包(こんぽう)に工夫が必要になるという。小貫さんは「小ぶりの野菜にニーズがあることは大きな発見だった。求められるものを作るのが私たちの仕事。ニッチなニーズにこそチャンスがあると感じた」と話していた。

関連記事

函館新聞

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年【函館】

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。  同社の同路線は1978...

函館新聞

道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。  同道の駅は...

釧路新聞

羅臼こんぶフェスタ楽しむ

 羅臼町の誇り「羅臼昆布」をまるごと楽しむイベント「第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ」が20日、町本町旧国道通りを会場に始まり、大勢の来場者でにぎわいを見せた。異業種若手有志による実行委の主催。 ...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...