北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

市税収納率 全道ランキング5つ上げる【根室】

 過去最高を更新した根室市の平成29年度市税収納率だが、全道順位は前年度より5ランクアップし35市中13位となった。市税収納額は30億6,728万3,000円で、2年連続で30億円台を確保。収納率は96.36パーセント、前年比1.19ポイント増だった。市税務課では「納税義務者である市民の理解と協力に感謝したい」と話している。

 29年度の市税調定額は現年度・滞納繰越分を含め31億8,316万4,000円で、前年度比61万3,000円減。対する収納額は30億6,728万3,000円で、同3,736万円増。収納率は96.36パーセント、同1.19ポイント増となった。これまで過去最高の収納率は昭和52年度の96.1パーセントで、0.3ポイント上回る歴代最高を更新した。

 北海道市町会の29年度市税収入状況調査の結果、根室市の順位は、全道35市中、13位で、前年よりも5ランクアップ。平成8(87.2パーセント)、9年度(86.9パーセント)は全道最下位に転落していたが、12年度に現年度収納率の強化と滞納整理を両輪に収納強化策を打ち出し、同15年度からは4年連続で1位を獲得。その後、他自治体も税収確保に力を入れ、近年は95パーセント台の高い収納率を確保しつつも、全道順位では10位台で推移。昨年度は18位と全道中位に位置している。

 市税務課では、サンマや秋サケ、コンブなどの不漁から漁業所得を下げ、個人市民税全体で前年度比約5,000万円の税収減となる一方、新築家屋の増による固定資産税の増などから「2年連続で30億円台をキープできた」とし、収納率については「個人市民税の普通徴収分の収納率が96.74パーセントと2.72ポイント上昇し、加えて滞納繰越分も13.05パーセントと上昇した」とし、「市民の納税に対する理解が得られた結果」と感謝している。

 なお、税負担の公平性を担保するため、滞納処分にも毅然と対応。差し押さえ件数は給与で16件、国税還付金で296件、預貯金払戻請求権で625件など合計1,039件、3,438万8,000円の滞納処分を実施。件数で420件、金額で1,758万8,000円増だった。

 29日に行われた定例記者懇談会で長谷川俊輔市長は、市民の納税意識の高まりに感謝するとともに「税負担の公平性を確保するとともに、市税は自主財源の根幹。今後も市税の安定的確保に努めたい」と述べた。

関連記事

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...

日高報知新聞

泥まみれでバイク疾走【日高】

【日高】自然の中に設定されコースでオフロードバイクの技術と耐久性を競う「ヒダカツーデイズエンデューロ」(実行委員会主催)が15、16の両日、沙流川温泉日高高原荘(富岡)を出発点に、林道などの特設コース...

苫小牧民報

故郷の平穏、大太鼓に込め 厚真出身の畑嶋春美さんが慰問公演

 胆振東部地震による土砂崩れで亡くなった厚真町朝日の畑島武司さん(86)、富子さん(81)の親戚で、同町出身の畑嶋春美さん(25)=神戸市在住=が18日、全国各地でコンサート活動を行うプロの和太...