北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ビザなし交流 青少年ら帰島 サッカー、チア思い出に【根室】

初のチアダンス教室に挑戦する訪問団員ら(右)=北方四島交流北海道推進委員会提供

 ビザなし交流事業で今年度受け入れ第三陣となったロシア側訪問団が2日、札幌市や根室市内で交流した4泊5日の日程を終え、根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で島へ戻った。今回はロシア開催のサッカーワールドカップにちなんでサッカー講座も行われ、帰島前には団員らが交流の思い出を描いた絵を交流拠点である北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」へ記念に贈った。

 一行は四島在住の青少年を中心とした国後33人、色丹12人、択捉14人、サハリン州1人の計60人。北方四島交流北海道推進委員会が6月28日から受け入れ、同30日まで札幌市、今月1日に釧路市を経由して、2日根室市内へ戻った。

 滞在中、札幌市内では、男子がコンサドーレ札幌U―15コーチによる初のサッカー講座を、女子はコンサドールズの金子桂子プロデューサーによるチアダンス教室をそれぞれ受講。このほかコンサドーレの選手が練習する白い恋人サッカー場の見学や、札幌大学および北海学園大学の学生らと共に中心街を散策した。

 市内では歯舞中学校を訪問し、軽いスポーツで生徒らと交流。訪問団のケサエヴァ・マリヤさん(16)は「互いの学校生活や趣味、日本とロシアの生活習慣について話すことができた」、ムヒナ・アリーサさん(15)は、「今回出会った同世代との友好関係は、途絶えることはないと確信している」と振り返っていた。

 択捉島瀬石に暮らすエレーナ・グルゾヴィコヴァ団長(51)は帰島前の記者会見で、青少年の知識を深める有意義な滞在になったことを感謝しながら「子ども同士の交流は今後も続けてもらいたい。できるなら夏だけでなく、シーズン後半にもう一度」と希望を述べたほか、ロシアであまり普及していないという野球についても今後の開講に期待を寄せていた。

 まとめの研修会で団員らが描いた絵はニ・ホ・ロに寄贈され、近く同館で展示される予定だ。

関連記事

根室新聞

1日から電子版「灯台カード」スタート 納沙布岬と落石岬でも【根室】

 海上保安庁は灯台150周年にちなみ、全国150基の灯台を電子カード化した。灯台カードは灯台の門扉等に掲載されている二次元コード(QRコード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、ダウンロードするこ...

根室新聞

クナシリ・メナシの戦い犠牲者を供養【根室】

 1789年(寛政元年)のクナシリ・メナシの戦いで犠牲になったアイヌ民族を供養する「ノツカマップ・イチャルパ」がこのほど、ノツカマップの㈲丸星水産番屋と納沙布岬で行われた。供養祭には道内各地から30...

根室新聞

ヒグマ目撃 過去10年で最多【根室】

 秋に入り、ヒグマの目撃情報が多発している。18日現在、根室市に寄せられたヒグマの目撃情報は31件で、過去10年で最多を更新。特に別当賀や東梅地区で道路を横断するヒグマを目撃する例が多い。キノコや山...

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管...

日高報知新聞

今年の受験者数は増加

【新ひだか】平成31年度日高管内町職員採用資格試験(一般事務職上級・初級)の1次試験が16日、町公民館で行われ、68人が狭き門に挑んだ。  管内7町の町職員を採用する合同採用試験で、大学・卒業見込みの...