北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ビザなし交流 青少年ら帰島 サッカー、チア思い出に【根室】

初のチアダンス教室に挑戦する訪問団員ら(右)=北方四島交流北海道推進委員会提供

 ビザなし交流事業で今年度受け入れ第三陣となったロシア側訪問団が2日、札幌市や根室市内で交流した4泊5日の日程を終え、根室港から四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で島へ戻った。今回はロシア開催のサッカーワールドカップにちなんでサッカー講座も行われ、帰島前には団員らが交流の思い出を描いた絵を交流拠点である北方四島交流センター「ニ・ホ・ロ」へ記念に贈った。

 一行は四島在住の青少年を中心とした国後33人、色丹12人、択捉14人、サハリン州1人の計60人。北方四島交流北海道推進委員会が6月28日から受け入れ、同30日まで札幌市、今月1日に釧路市を経由して、2日根室市内へ戻った。

 滞在中、札幌市内では、男子がコンサドーレ札幌U―15コーチによる初のサッカー講座を、女子はコンサドールズの金子桂子プロデューサーによるチアダンス教室をそれぞれ受講。このほかコンサドーレの選手が練習する白い恋人サッカー場の見学や、札幌大学および北海学園大学の学生らと共に中心街を散策した。

 市内では歯舞中学校を訪問し、軽いスポーツで生徒らと交流。訪問団のケサエヴァ・マリヤさん(16)は「互いの学校生活や趣味、日本とロシアの生活習慣について話すことができた」、ムヒナ・アリーサさん(15)は、「今回出会った同世代との友好関係は、途絶えることはないと確信している」と振り返っていた。

 択捉島瀬石に暮らすエレーナ・グルゾヴィコヴァ団長(51)は帰島前の記者会見で、青少年の知識を深める有意義な滞在になったことを感謝しながら「子ども同士の交流は今後も続けてもらいたい。できるなら夏だけでなく、シーズン後半にもう一度」と希望を述べたほか、ロシアであまり普及していないという野球についても今後の開講に期待を寄せていた。

 まとめの研修会で団員らが描いた絵はニ・ホ・ロに寄贈され、近く同館で展示される予定だ。

関連記事

函館新聞

感謝込めて乗客見送り JAL函館ー羽田線就航40年【函館】

 日本航空(JAL)函館支店は20日、函館-東京(羽田)線の就航40周年を記念した搭乗前セレモニーを行い、函館発第1便の搭乗者に対し記念品の配布などを行った。  同社の同路線は1978...

函館新聞

道の駅なないろ・ななえ、開業4カ月で50万人突破【七飯】

 【七飯】道の駅「なないろ・ななえ」(町峠下)の来場者数が20日、50万人を突破した。3月23日の開業から約4カ月での達成。夏休みを控え、さらに集客に拍車がかかりそうだ。  同道の駅は...

釧路新聞

羅臼こんぶフェスタ楽しむ

 羅臼町の誇り「羅臼昆布」をまるごと楽しむイベント「第5回しれとこ羅臼こんぶフェスタ」が20日、町本町旧国道通りを会場に始まり、大勢の来場者でにぎわいを見せた。異業種若手有志による実行委の主催。 ...

根室新聞

見る、食べる、歩く、体験する―観光に必携「ネムロナビ」発行【根室】

 根室印刷株式会社(山田康志代表取締役)が企画発行している根室の観光ガイドブック「ネムロナビ」の2018年版(VOL13)が出来上がり、根室市や根室管内の観光施設などに配置された。無料配布の観光情報誌と...

根室新聞

北方墓参第1班が帰港 多楽島で慰霊果たす【根室】

 北方領土の元島民らが故郷の墓地を訪れる平成30年度の北方墓参の第1班(芦崎秀樹団長、団員40人)が19日午前10時20分ごろ北方四島交流専用船「えとぴりか」で根室港に帰港した。一行は天候にも恵まれ、予定...