北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

消火の時間や動作競い合う 胆振管内12消防団の訓練大会

日頃の訓練成果を披露した消防団員

 胆振管内の全12消防団による消防訓練大会(審査委員長・佐竹広幸登別市消防署長)が4日、苫小牧市消防本部(新開町)の駐車場で開かれた。各消防団が自前のポンプ車などを投入。約380人の消防関係者が見守る中、消火までの時間や動作の正確さなどを競い合った。

 大会は消防技術向上などを目的に、3年に1度実施。5人1組で行うポンプ車操法と、4人1組での小型ポンプ操法の2部門で繰り広げた。

 苫小牧市や室蘭市、伊達市など11市町から、消防団員約120人が参加。ポンプ車と小型ポンプからホースをつなぎ合わせ、約60メートル先の標的に放水、消火するなどして、タイムやチームワークといった五つの評価項目で競い合った。

 小型ポンプの部で優勝した洞爺湖町の洞爺湖消防団の寺島勉団長は「9年ぶりの1位。優勝旗を持ち帰ることができてうれしい」と話した。

 ポンプ車の部優勝のむかわ町の鵡川消防団の前田嗣夫団長は「3カ月ほど練習してきた。良い結果を残せて満足」と笑顔だった。

 次回大会は2021年、登別市で開催される。

関連記事

十勝毎日新聞

冬遊び 親子歓声 エコパで冬まつり【音更】

 道立十勝エコロジーパーク(町十勝川温泉南18)で20日、「エコパ冬まつり」(ウインターフェスinエコパ実行委員会主催)が開かれた。町内外から大勢の家族連れらが訪れ、冬ならではのアトラクション...

十勝毎日新聞

モール温泉号 利用3倍 地震の影響ばん回【音更】

 音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が運行する無料送迎バス「モール温泉号」の今年度の利用者総数が、昨年度実績(340人、683泊)の3倍以上となる1030人、2055泊に上った。町と同協会が実...

十勝毎日新聞

沖縄から「春の便り」 空港に「琉球寒緋桜」【帯広】

 とかち帯広空港に一足早い春が訪れた-。日本航空(JAL)1階チェックインカウンター前に、日本で最も開花が早い沖縄県本部町(もとぶちょう)の桜の花が飾られ、利用客の目を引いている。  JAL...

函館新聞

函館空港に沖縄からのサクラがお目見え 2、3日中が見頃【函館】

 沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」が、今年も函館空港内の日本航空(JAL)搭乗手続きカウンターにお目見えした。雪に染まる函館に春を匂わせる便りが...

函館新聞

オスカ商会の梶原弘美さん ギフトラッピング講師の資格取得【函館】

 ギフト専門店「オスカ商会」(函館市万代町)の専務取締役、梶原弘美さん(47)が、全日本ギフト用品協会(本部・東京)が認定する「ギフト・ラッピング認定講師」の資格を取得した。ギフト・ラッピ...